エレクトロニクス プレスリリース



世界に通用する文化観光都市の実現を目指し、「一般社団法人 日本地域国際化推進機構」を発足
Jan 15, 2021 15:00 JST
ORIGINAL Inc.(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伏谷 博之)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆 以下、NEC)は、2021年1月15日(金)、「一般社団法人 日本地域国際化推進機構」を設立します。
More info..


NEC、パラオの光海底ケーブル「Palau Cable 2 (PC2)」の供給契約を締結
Jan 14, 2021 13:00 JST
NECは、パラオ共和国(以下、パラオ)の国営海底ケーブル事業者Belau Submarine Cable Corp(以下、BSCC)と光海底ケーブル敷設プロジェクト「Palau Cable 2(PC2)」のシステム供給契約を締結しました。
More info..


ソニー、焦点距離35mmフルサイズ対応の大口径広角単焦点レンズ Gマスター(TM) 『FE 35mm F1.4 GM』 発売
Jan 14, 2021 13:00 JST
ソニーは、35mmフルサイズ対応α(TM)(Alpha(TM)) Eマウントレンズとして、焦点距離35mmの大口径広角単焦点レンズ Gマスター(TM) 『FE 35mm F1.4 GM』を発売します。
More info..


ソニー、焦点距離35mmフルサイズ対応の大口径広角単焦点レンズ Gマスター(TM) 『FE 35mm F1.4 GM』 発売
Jan 14, 2021 13:00 JST
ソニーは、35mmフルサイズ対応α(TM)(Alpha(TM)) Eマウントレンズとして、焦点距離35mmの大口径広角単焦点レンズ Gマスター(TM) 『FE 35mm F1.4 GM』を発売します。
More info..


NEC、生体認証とID連携の機能を実現する「Digital ID プラットフォーム」をサービス提供開始
Jan 14, 2021 11:00 JST
NECは、New Normal時代の新しい働き方の実現に向けた製品開発や体制を強化し、今回新たに生体認証と複数のソリューションをつなぐID連携機能を一体化した「Digital IDプラットフォーム」のサービス提供を本日から開始します。また、今回提供するプラットフォームと連携できる入退管理や決済など様々なソリューションを開発し、2021年4月から順次販売を開始します。
More info..


光洋と富士通、生体認証を使った日本初の一般向けレジなし店舗の実証実験を開始
Jan 14, 2021 10:00 JST
株式会社光洋ショップ‐プラスと富士通株式会社は、光洋が運営するコンビニエンスストア「グリーンリーブスプラス横浜テクノタワーホテル店」にて、一般のお客様に向けては日本初となる、生体認証技術による本人確認を行うレジなし店舗の実証実験を2021年1月15日から行います。なお、光洋は、2021年4月1日から同店舗での本運用を開始する予定です。
More info..


光洋と富士通、生体認証を使った日本初の一般向けレジなし店舗の実証実験を開始
Jan 14, 2021 10:00 JST
株式会社光洋ショップ‐プラスと富士通株式会社は、光洋が運営するコンビニエンスストア「グリーンリーブスプラス横浜テクノタワーホテル店」にて、一般のお客様に向けては日本初となる、生体認証技術による本人確認を行うレジなし店舗の実証実験を2021年1月15日から行います。なお、光洋は、2021年4月1日から同店舗での本運用を開始する予定です。
More info..


ラックスリサーチ、2021年に化学品・材料業界が注目すべき技術トップ5を発表
Jan 14, 2021 09:00 JST
先端技術調査を専門とする米調査会社ラックスリサーチは、年次技術予測レポート、「Foresight 2021:Top Emerging Technologies to Watch(Foresight 2021: 2021年に注目すべき先端技術)」にて、2021年に注目すべき技術の総合ランキングトップ12に加え、化学品・材料産業における主要技術トップ5を発表しました。
More info..


ラックスリサーチ、2021年に化学品・材料業界が注目すべき技術トップ5を発表
Jan 14, 2021 09:00 JST


NEC通信システム、3Dセンサを活用しコンテナ内の積載容積率を可視化する技術を開発
Jan 13, 2021 11:00 JST
NEC通信システムは、3Dセンサを活用しトラック等の荷物の積載容積率を可視化する技術を開発しました。1台の3Dセンサで効率的にコンテナ内の積載容積率を可視化することができ、コンテナ内部のような暗部でも高精度な可視化を実現します。2021年度中に本製品の製品化を目指します。
More info..