2016年10月18日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通研究所、機械学習による画像認識を活用した交通映像解析技術を開発

既設カメラを使ったシステムに低コストで高精度な認識機能を付加

TOKYO, Oct, 18 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)と富士通研究開発中心有限公司(注2)(以下、FRDC)は、画像処理と機械学習の技術を活用して、道路交通の監視映像を解析し、渋滞や事故、交通違反などの状況を高精度かつリアルタイムで認識する技術を開発しました。

今回、一般道路や高速道路などに設置されている監視カメラの映像を解析することで、誤認識の原因となる照明変化や夜間・霧など様々な環境状態による特徴や、カメラの設置状態が類似する映像を自動的にグループ化して効率的に機械学習することにより認識精度を向上させる技術と、車両や人などの移動体の動きを解析し事故など複雑な事象を、演算量を抑えながら効率的に推定する技術の組み合わせにより、高精度な交通映像解析を実現しました。

本技術の実証実験を、中国国内の都市において、清華大学蘇州自動車研究院(注3)(以下、TSARI)と共同で実施した結果、交通事故や違反など把握したい11事象について90%から95%の認識精度を達成しました。

本技術により、高い映像補正機能を持たない既設カメラを利用した際にも、自動的な交通状況把握ができ、渋滞低減へ向けた交通流制御や分析、事故や違反への迅速な対処など低コストで高精度な映像監視システムの提供が可能となります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/10/18-2.html

注釈
注1 株式会社富士通研究所: 本社 神奈川県川崎市、代表取締役社長 佐々木繁
注2 富士通研究開発中心有限公司: 本社 北京市、董事長 佐々木繁
注3 清華大学蘇州自動車研究院: 所在地 中華人民共和国江蘇省蘇州市、 院長 成波

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: 半導体, エレクトロニクス, ITエンタープライズ, IT・インターネット

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通など、スーパーコンピュータ「京」がGraph500において5期連続で世界1位を獲得
2017年06月23日 10時10分
 
理研と富士通、「京」が性能指標(HPCG)において2期連続で世界第1位を獲得
2017年06月20日 16時30分
 
富士通、台湾富士通と台湾ナショナルスーパーコンピュータセンターにスーパーコンピュータシステムを構築
2017年06月20日 11時20分
 
富士通、「居住者の見守りソリューション」が「MM総研大賞2017」のスマートソリューション部門 ヘルスケアICT分野で最優秀賞を受賞
2017年06月19日 15時40分
 
富士通研究所、名誉フェロー 三村髙志が第33回「京都賞」を受賞
2017年06月16日 16時20分
 
富士通、国内トップクラスの性能となる九州大学様の新スーパーコンピュータシステムを受注
2017年06月15日 14時00分
 
富士通など、企業の営業活動を支援する企業情報分析Webアプリの無償公開を開始
2017年06月15日 13時40分
 
富士通など、東海地区の生活協同組合の宅配業務において1,200台のスマートフォンを活用し組合員サービスの質向上を実現
2017年06月12日 11時10分
 
富士通など、ビームスにスマートデバイス用のフォトフレーム撮影サービスを提供
2017年06月09日 14時30分
 
富士通、Interop Tokyo 2017「Best of Show Award」の準グランプリと審査員特別賞を受賞
2017年06月08日 15時10分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>