2016年10月18日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通研究所、機械学習による画像認識を活用した交通映像解析技術を開発

既設カメラを使ったシステムに低コストで高精度な認識機能を付加

TOKYO, Oct, 18 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)と富士通研究開発中心有限公司(注2)(以下、FRDC)は、画像処理と機械学習の技術を活用して、道路交通の監視映像を解析し、渋滞や事故、交通違反などの状況を高精度かつリアルタイムで認識する技術を開発しました。

今回、一般道路や高速道路などに設置されている監視カメラの映像を解析することで、誤認識の原因となる照明変化や夜間・霧など様々な環境状態による特徴や、カメラの設置状態が類似する映像を自動的にグループ化して効率的に機械学習することにより認識精度を向上させる技術と、車両や人などの移動体の動きを解析し事故など複雑な事象を、演算量を抑えながら効率的に推定する技術の組み合わせにより、高精度な交通映像解析を実現しました。

本技術の実証実験を、中国国内の都市において、清華大学蘇州自動車研究院(注3)(以下、TSARI)と共同で実施した結果、交通事故や違反など把握したい11事象について90%から95%の認識精度を達成しました。

本技術により、高い映像補正機能を持たない既設カメラを利用した際にも、自動的な交通状況把握ができ、渋滞低減へ向けた交通流制御や分析、事故や違反への迅速な対処など低コストで高精度な映像監視システムの提供が可能となります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/10/18-2.html

注釈
注1 株式会社富士通研究所: 本社 神奈川県川崎市、代表取締役社長 佐々木繁
注2 富士通研究開発中心有限公司: 本社 北京市、董事長 佐々木繁
注3 清華大学蘇州自動車研究院: 所在地 中華人民共和国江蘇省蘇州市、 院長 成波

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: 半導体, エレクトロニクス, ITエンタープライズ, IT・インターネット

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通など、高度なプログラムを自動生成できる新言語「Formura」を開発
2016年12月02日 15時30分
 
富士通、東大と筑波大が共同運営する最先端共同HPC基盤施設のスーパーコンピュータの構築を完了
2016年12月01日 09時50分
 
富士通、画面の割れにくさと快適な使い心地を追求した「arrows NX F-01J」を発売
2016年11月29日 15時10分
 
富士通、AI「Zinrai」関連のサービス5種を開発
2016年11月29日 12時10分
 
富士通、患者の通院を支援するヘルスケアソリューションを販売開始
2016年11月28日 10時40分
 
富士通とSAPジャパン、製造現場向けソリューション事業で協業
2016年11月24日 10時50分
 
PFU、Happy Hacking Keyboard生誕20周年
2016年11月22日 15時10分
 
凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーとギフティの3社、デジタルギフト事業で連携
2016年11月22日 14時50分
 
阪大と富士通など、コールドデータストレージを活用の大陸間データセンター連携の共同実証実験を開始
2016年11月21日 10時40分
 
富士通コネクテッドテクノロジーズ、「広域鳥獣クラウド・プロジェクト推進事業」が「MCPC award 2016」で「ユーザー部門、AI&ロボット委員会特別賞」受賞
2016年11月17日 14時59分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>