2016年10月19日 07時00分

Source: ABBYY USA

ABBYYとFRONTEO社、法律の知識を強化するチーム

FineReader Engine 11は、E-DISCOVERYに統合されています

MILPITAS, CA, Oct, 19 2016 - (JCN Newswire) - アクション情報のソリューションとテクノロジーの主要なプロバイダであるABBYY(R)は、日本のFRONTEO社との提携を発表しました。ABBYYのFineReader Engine 11を使用して、Lit i View E-DISCOVERYの抽出機能を強化します。

Lit i View E-DISCOVERYソリューションは、一流の信頼とスピードで国境をまたぐ訴訟の負担をシンプルにします。FineReader Engine 11は、プロセスに高度に洗練された複数言語の認識、抽出、変換テクノロジーをもたらします。これにより、法人の電子データから重要な情報を高度な精度ですばやく識別することができるようになります。このデータは、民事、製造物責任、特許侵害、反トラスト等の様々のタイプの訴訟に関連する予測監査や、証拠の開示手続き中に使用されます。

「ABBYYの実績のあるテクノロジーは、クラウドおよび通常のアプリケーションの両方に適用できる優れた柔軟性を提供します。また、世界中の法律事務所から求められるものをカバーしています。」と、FRONTEO社のCTO、行動情報科学研究所所長の武田秀樹氏は言います。「これは、ABBYYのFineReaderとの提携を決定する上での重要な要素でした。」

ABBYYの認識プラットフォームは、受賞歴のあるOCR、インテリジェント文字認識(ICR)、バーコード、チェックマーク(OMR)およびフィールドレベル/ゾーン認識を提供します。スキャンした文書と画像を、検索および編集できるテキストファイルに変換することにかけては、決して負けません。

「FRONTEO社は、今日の国際的な訴訟を扱う法律の専門家が直面する課題を解決する高品質なテクノロジーで定評があります。」と、ABBYYジャパン代表の小原洋は言います。これらのチャレンジには、不正確な、または遅れた情報―すべての法的な手続きの中心にある情報、に関連するリスクのコントロールが含まれます。

ABBYYについて

ABBYYは、情報をより有効に活用するための技術やソリューションを提供する世界的リーダー企業です。業界をリードするコンテンツ抽出技術や革新的な言語ベース分析技術により、様々な情報ライフサイクルの中で貢献しております。ABBYYのソリューションは、ビジネスプロセスの最適化、リスク緩和、意思決定の加速化、収益向上に役立っています。ABBYYの技術は、一部の大手国際企業や政府機関、およびSMBや個人で利用、ライセンスされています。ABBYYは、オーストラリア、カナダ、キプロス、フランス、ドイツ、日本、ロシア、台湾、アラブ首長国連邦、英国、ウクライナ、米国に拠点を持ちます。詳細については、Key Facts( www.abbyy.com/en-us/company/key-facts/ )をご覧ください。

ABBYYおよびABBYYロゴは、ABBYY Software Ltd. の登録商標または商標です。本書に記載されているその他の製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

報道関係者お問い合わせ先:
Karbo Communications for ABBYY
abbyy@karbocom.com

Margaret Pereira
+1-925-989-8109




Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>