2017年02月17日 14時10分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自、フィリピンで「ミラージュG4」の生産を開始

政府自動車産業育成政策「CARS Program」の支援案件で初

東京, 2017年02月17日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は本日、フィリピン共和国における生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(以下、MMPC)の車両生産工場で、コンパクトセダン『ミラージュG4(他地域名:アトラージュ)』の生産を開始したと発表しました。同国政府の自動車産業育成政策「CARS Program」の支援を受けた案件としては初となります。

同工場は年間5万台の生産能力を有し、5月からはコンパクトカー『ミラージュ』も生産を開始する予定です。

MMPCは1964年に生産を開始。2009年には同国内の自動車会社として初めて累計生産50万台を、昨年5月には60万台をそれぞれ達成しました。また、2016年暦年の販売台数は、前年比12.9%増の59,480台(シェア15.3%)となり、10年連続で過去最高を更新しています。

【MMPCの概要】
設立: 1963年2月
本社・工場所在地: フィリピン共和国 ラグーナ州 サンタローザ市(マニラから南東に約45km)
資本金: 1,640百万ペソ
主な事業内容: 三菱自動車製車両の生産および販売
代表者: 加藤芳明(社長兼CEO)
株主: 三菱自動車工業株式会社 51%、双日株式会社 49%
工場生産能力: 5万台/年
工場敷地面積: 21.4ヘクタール
従業員数: 約1,400名(2016年12月現在)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自、オートキャンプイベント「スターキャンプ2018」を全国3会場で開催
2018年05月25日 19時00分
 
三菱自動車、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展
2018年05月21日 12時30分
 
三菱自動車、人事異動を発表
2018年05月14日 13時30分
 
三菱自動車、2017年度決算および2018年度業績予想を発表
2018年05月09日 16時00分
 
三菱自、組織改正・人事異動を発表
2018年04月27日 13時30分
 
三菱自動車、2018年3月単月、17年度 生産・販売・輸出実績を発表
2018年04月26日 13時30分
 
三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』の輸出を開始
2018年04月25日 13時00分
 
三菱自動車、ミニバン『デリカD:5』を一部改良
2018年04月25日 13時00分
 
日産自動車と三菱自動車、関東地方における補修部品の倉庫・配送業務で協力
2018年04月24日 14時00分
 
ルノー・日産自・三菱自、滴滴出行の「DIDI AUTO ALLIANCE」に参加
2018年04月24日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>