2017年02月17日 14時10分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自、フィリピンで「ミラージュG4」の生産を開始

政府自動車産業育成政策「CARS Program」の支援案件で初

TOKYO, Feb, 17 2017 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は本日、フィリピン共和国における生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(以下、MMPC)の車両生産工場で、コンパクトセダン『ミラージュG4(他地域名:アトラージュ)』の生産を開始したと発表しました。同国政府の自動車産業育成政策「CARS Program」の支援を受けた案件としては初となります。

同工場は年間5万台の生産能力を有し、5月からはコンパクトカー『ミラージュ』も生産を開始する予定です。

MMPCは1964年に生産を開始。2009年には同国内の自動車会社として初めて累計生産50万台を、昨年5月には60万台をそれぞれ達成しました。また、2016年暦年の販売台数は、前年比12.9%増の59,480台(シェア15.3%)となり、10年連続で過去最高を更新しています。

【MMPCの概要】
設立: 1963年2月
本社・工場所在地: フィリピン共和国 ラグーナ州 サンタローザ市(マニラから南東に約45km)
資本金: 1,640百万ペソ
主な事業内容: 三菱自動車製車両の生産および販売
代表者: 加藤芳明(社長兼CEO)
株主: 三菱自動車工業株式会社 51%、双日株式会社 49%
工場生産能力: 5万台/年
工場敷地面積: 21.4ヘクタール
従業員数: 約1,400名(2016年12月現在)

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/index.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自、ミッドサイズSUV「アウトランダー」を一部改良して発売
2017年02月16日 13時40分
 
三菱自、人事異動を発表
2017年02月10日 14時00分
 
三菱自、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」を一部改良し発売
2017年02月09日 14時10分
 
三菱自、コンパクトSUV「RVR」のフロントデザインを一新して発売
2017年02月09日 13時50分
 
三菱自、商用車「ランサーカーゴ」を一部改良して発売
2017年02月09日 13時40分
 
三菱自、生産・販売・輸出実績を発表
2017年01月30日 13時20分
 
三菱自、「アウトランダーPHEV」をウクライナ警察向け635台供給へ
2017年01月27日 15時20分
 
三菱自、人事異動を発表
2017年01月26日 14時10分
 
三菱自、軽商用電気自動車「ミニキャブ・ミーブ バン」を一部改良して発売
2017年01月26日 13時40分
 
三菱自、コンパクトミニバン「デリカD:2」ハイブリッドを発売
2017年01月26日 13時40分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>