2017年04月07日 13時00分

Source: Hitachi

日立グループ、世界最大規模の産業関連展示会であるハノーバーメッセに出展

産業・エネルギー分野のIoTを活用したイノベーションや人工知能、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」などを展示

東京, 2017年04月07日 - (JCN Newswire) - 日立グループは、4月24日から28日までの5日間、ドイツ・ハノーバーで開催される、産業関連展示会としては世界最大級の国際産業技術見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」に出展します。

今年のハノーバーメッセのテーマは「Integrated Industry - Creating Value(産業システムの統合化-価値の創造)」で、日立は本テーマに沿い、ヒューマノイドロボット「EMIEW(エミュー)3」や、電力市場取引と発電設備の運転計画を同時に最適化するシステムやスマートマニュファクチャリングを実現する取り組み、IoTプラットフォーム「Lumada」など、日立のイノベーションを紹介します。出展場所は、ホール12のスタンドC80、展示スペースは400平方メートルです。

また、株式会社日立製作所(以下、日立) 執行役専務/サービス&プラットフォームビジネスユニットCEOであり、日立グループのIoTビジネスをグローバルに展開するHitachi Insight Groupを率いる小島啓二が、4月26日に開催される第11回ドイツ・日本経済フォーラムに登壇し、日本のSociety 5.0やドイツのIndustrie 4.0に貢献する日立の社会イノベーション事業の取り組みや日本とドイツの協力を通じた価値創出のあり方などについて講演します。さらに、日立のEMEA・CIS地域の社会イノベーション事業共同推進責任者であるパトリック・シューステットが、4月24日の「Global Business & Markets Forum」に登壇し、製造業のトレンドやデジタル化が進む中でのドイツを中心とした日立の取り組みなどについて紹介します。

日立グループは、今後も、社会イノベーション事業をグローバルに展開すると同時に、今回のハノーバーメッセ出展を通じて世界中のお客さまやパートナーとの協創を加速することで、社会やお客さまの課題解決、QoL(Quality of Life)の向上に貢献していきます。

* IoT: Internet of Things

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2017/04/0407.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: 水, ITエンタープライズ, 自動車全般, エネルギー, 航空宇宙・防衛

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立が健康経営を掲げる日本生命の健康管理システムを構築
2018年02月21日 12時00分
 
日立と日立アジア(タイランド)社がタイ郵便と、タイ国内の郵便サービスの電子化支援に関する基本合意書を締結
2018年02月20日 14時00分
 
日立と東北大、燃えにくい新規電解質を用いた高安全なリチウムイオン二次電池の試作に成功
2018年02月16日 13時00分
 
日立コンシューマ・マーケティング、LED光源で明るさ4,200ルーメンを実現したプロジェクターを発売
2018年02月15日 10時00分
 
日立、「Digital India」に貢献するソリューション提供の加速に向け、インド・デリーでHitachi Social Innovation Forumを開催
2018年02月09日 16時00分
 
日立のヒューマノイドロボット「EMIEW(エミュー)3」を活用した受付案内の実証実験を、三菱地所の新本社にて2月14日から開始
2018年02月09日 15時00分
 
日立、ヘルスケア事業の再編に係る吸収分割契約の締結について
2018年02月07日 15時00分
 
慶應大学と日立、複数セキュリティ対応チーム間で連携して迅速なインシデントレスポンスを実現する「分散型セキュリティオペレーション」を実証
2018年02月05日 11時00分
 
日立、英国向け改良型沸騰水型原子炉用安全保護系コントローラが国際規格の認証を取得
2018年02月05日 11時00分
 
日立オートモティブシステムズ、茨城県内の一般道において自動運転の実現に向けた走行実証試験を実施
2018年02月02日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>