2017年04月18日 12時30分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、世界15カ国のビジネス・リーダー対象のデジタル革新の動向・実態調査結果を公開

デジタル革新の取り組みのうち34%において、売上向上などの成果を確認

TOKYO, Apr, 18 2017 - (JCN Newswire) - 当社は、世界的なデジタル革新の動向・実態の調査を目的に、世界15カ国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象として実施した「グローバル・デジタル革新調査」の結果を4月18日に公開しました。

本調査によって、世界のビジネス・リーダーの89%は、属する企業や組織において、AIやIoTなどのデジタル技術が引き起こすデジタル革新に取り組んでおり、取り組みのうち34%が、具体的な成果を上げているという結果を得ました。また、デジタル革新の成功要因や課題と必要な能力、AIに対する認識を明確化しました。

当社は、本調査を踏まえて、デジタル社会の進展をにらみ、お客様とともにデジタル革新を一層推進していきます。

背景

現在、AIやIoTなどのデジタル技術がビジネスや社会に組み込まれることで、人々の働き方や日々の生活などに革新的な変化を引き起こすデジタル革新が世界中で実現しつつあります。このようなデジタル革新における企業の取り組み状況や、デジタル革新を推進するために必要なパートナーシップや成功要因、課題などを明らかにするため、当社は2017年2月に「グローバル・デジタル革新調査」を実施し、4月18日にその調査結果を公開しました。

調査サマリー

- ビジネス・リーダーの89%は、属する企業や組織において、デジタル革新に取り組んでいると回答。取り組みのうち、34%で既に成果を挙げており、ビジネスの成長に貢献。
- デジタル革新で成果を挙げるには、スキルを持った人材の確保やリーダーシップの発揮、デジタル革新の変化のスピードに対応できる組織づくりが重要な要因。加えて、デジタル技術力を持つテクノロジー・パートナーとの共創も必要。
- デジタル時代には、デジタル技術の専門知識とともに、発想力や創造性が求められる。デジタル革新による成果を実現するには、そのような能力を持つ人材の育成や、確保が必要。

調査結果

1.デジタル革新に向けた取り組み状況
ビジネス・リーダーの89%が、属する企業や組織において、デジタル革新へ向けた取り組みを開始していると回答しています。その進捗状況は検討やトライアルの段階のみではなく、具体的な成果を目指した実行のステージに入っており、34%のプロジェクトにおいて売上増加や顧客との関係強化などの成果を挙げています。

2.業務・業種別のデジタル革新に向けた取り組み
デジタル革新へ向けた取り組み状況を分野別に見ると、業務においてはマーケティング(38%)がトップであり、次いでワークスタイル(35%)、運用保守(30%)の分野で多く取り組まれています。また、業種専門領域では、金融・保険(51%)や医療・福祉(51%)に次いで、製造分野において、デジタル革新に関するより多くの取り組みが行われています。

3.デジタル革新による成果
デジタル革新による具体的な成果のトップ3は、売上の増加(46%)や顧客との関係強化(44%)、商品競争力強化(36%)であり、デジタル革新がビジネス成長に貢献し始めていることが確認できました。

4.デジタル革新の成功要因
デジタル革新で成果を上げるためには、スキルを持った人材の確保(19%)や、リーダーシップの発揮(18%)、革新に対応できる組織やプロセスの整備(17%)が重要な要因だという結果が得られました。これらに加えて、デジタル革新の実現にあたっては、技術力だけでなく、ビジネスを理解し、ビジョンや戦略の親和性があるテクノロジー・パートナーとの共創が必要であるという結果が得られました。

5.AIに対する認識
ビジネス・リーダーの77%がAIを大きな機会であると捉えており、具体的には、将来的に人の能力を拡張できると考えているなど、AIに大きな期待を寄せています。

6.デジタル革新において必要な能力
ビジネス・リーダーは、デジタル時代に人が最も強化しなければならない能力は、デジタル技術に関する専門知識(18%)に加えて、発想力や創造性(17%)などが必要であると捉えています。デジタル革新を実現するためには、それらの能力を持ったデジタル人材の育成や、確保が重要だという結果が得られました。

デジタル革新調査の詳細レポートは、こちらからダウンロードできます。

世界中でデジタル革新が進んでいるこの社会ではデジタル技術を活用した共創(Digital Co-creation)がビジネスの新しいスタンダードになると当社は考えています。当社では、本調査と合わせて「Fujitsu Technology and Service Vision 2017」を4月18日に発行し、「Digital Co-creation」における独自のアプローチを提言しています。

調査概要

1.実施時期: 2017年2月
2.調査対象:
(1)企業規模: 中規模以上
(2)対象者: 経営層(CEO/CMO/CFO/CIO/CDO/CSO)、および経営層に相当する意思決定者
(3)対象国、人数:15カ国、1614名
日本(309名)、アメリカ(258名)、カナダ(56名)、イギリス(103名)、ドイツ(103名)、スペイン(103名)、フランス (103名)、スウェーデン(52名)、フィンランド(56名)、中国(103名)、韓国(55名)、タイ(52名)、シンガポール(103名)、インドネシア(52名)、オーストラリア(106名)
3.調査方法:
オンラインによる無記名のアンケート記入
4.調査項目:
(1)デジタル革新の現状認識:分野、進捗、成果、成功要因、課題
(2)デジタル革新に必要なパートナー
(3)AIの認識、デジタル時代に強化すべき能力

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/04/18-2.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通フロンテックなど、ロッテカードの決済サービス「Hand Pay サービス」に手のひら静脈認証を提供
2017年05月29日 15時30分
 
富士通研究所、高い電圧を持つリン酸鉄系リチウム二次電池用正極材料を開発
2017年05月29日 10時00分
 
富士通グループ製スマートフォン「arrows Be F-05J」を発売
2017年05月24日 11時40分
 
富士通:テックショップジャパン、メイカームーブメント加速に向けプログラムを拡充
2017年05月24日 11時30分
 
富士通、SASのアナリティクス・ソリューションを国内で初めてクラウドサービスとして提供開始
2017年05月23日 16時40分
 
富士通研究所、複雑化した業務アプリケーションを機能ごとに分割・可視化する技術を開発
2017年05月18日 13時30分
 
富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤システムを販売開始
2017年05月16日 11時30分
 
富士通と1QBit、量子コンピュータ技術を応用したAIクラウドで協業を開始
2017年05月16日 11時10分
 
富士通、コールセンターの問い合わせにAIがチャットで自動応答するサービスを販売開始
2017年05月16日 11時00分
 
富士通、野村證券がデータ品質向上に向けた革新的な分析用のAIを導入
2017年05月16日 10時20分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>