2017年04月18日 16時20分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自、「RVR」の生産を岡崎製作所から水島製作所に移管


東京, 2017年04月18日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、小型SUV『RVR』の生産について、2017年12月末より、岡崎製作所から水島製作所へ移管することを決定しました。

岡崎製作所で新型の小型SUV『エクリプス クロス』が生産開始となるための対応で、国内生産体制の最適化を図ります。

水島製作所では、2017年12月に輸出向け『ランサー』*の生産が終了予定であり、本対応により、『RVR』次期車投入までの間、操業の確保が可能となります。

*…日本名:『ギャランフォルティス』

◎各製作所の概要(2017年4月現在)
【水島製作所】
生産車種: 輸出向けランサー、アイ・ミーブ、eKワゴン、eKスペースなど
生産能力: 約35万5千台(2直)
所在地: 岡山県倉敷市水島海岸通1丁目1番地
従業員数: 3,334人

【岡崎製作所】
生産車種: アウトランダー、アウトランダーPHEV、RVR
生産能力: 約23万4千台(2直)
所在地: 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
従業員数: 3,041人

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5068.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自、オートキャンプイベント「スターキャンプ2018 in 吹上高原」の参加者を本日より募集開始
2018年06月18日 13時00分
 
三菱自動車、人事異動を発表
2018年06月14日 13時00分
 
三菱自、軽商用車『ミニキャブトラック』を一部改良
2018年06月07日 13時30分
 
三菱自など7社、電気自動車をバーチャルパワープラントのリソースとして活用するV2G実証事業を開始
2018年06月06日 14時00分
 
三菱自、タイで販売・サービスのトレーニングセンターを開設
2018年06月05日 14時00分
 
ミツビシ・モーターズ・タイランド、累計生産台数500万台を達成
2018年06月04日 16時30分
 
三菱自など5社、電気自動車を電力の需給バランス調整に活用するための実証試験を開始
2018年05月31日 11時00分
 
三菱自、人事異動を発表
2018年05月30日 14時00分
 
三菱自、2018年4月単月生産・販売・輸出実績を発表
2018年05月30日 13時00分
 
三菱自、軽自動車eKシリーズを一部改良 「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」に該当、同時に『eKスペース』に特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定して発売
2018年05月28日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>