2017年04月18日 16時20分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自、「RVR」の生産を岡崎製作所から水島製作所に移管


東京, 2017年04月18日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、小型SUV『RVR』の生産について、2017年12月末より、岡崎製作所から水島製作所へ移管することを決定しました。

岡崎製作所で新型の小型SUV『エクリプス クロス』が生産開始となるための対応で、国内生産体制の最適化を図ります。

水島製作所では、2017年12月に輸出向け『ランサー』*の生産が終了予定であり、本対応により、『RVR』次期車投入までの間、操業の確保が可能となります。

*…日本名:『ギャランフォルティス』

◎各製作所の概要(2017年4月現在)
【水島製作所】
生産車種: 輸出向けランサー、アイ・ミーブ、eKワゴン、eKスペースなど
生産能力: 約35万5千台(2直)
所在地: 岡山県倉敷市水島海岸通1丁目1番地
従業員数: 3,334人

【岡崎製作所】
生産車種: アウトランダー、アウトランダーPHEV、RVR
生産能力: 約23万4千台(2直)
所在地: 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
従業員数: 3,041人

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5068.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自動車、第45回東京モーターショー2017にてコンセプトカー『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』を世界初披露
2017年09月20日 13時30分
 
三菱自、『パジェロスポーツ』のロシア現地生産を再開し、新たに440人の雇用を創出
2017年09月19日 14時00分
 
ルノー・日産・三菱自、新6か年計画「アライアンス2022」を発表
2017年09月15日 15時20分
 
三菱自、2017年7月度 生産・販売・輸出実績を発表
2017年08月30日 15時00分
 
三菱自、人事異動を発表
2017年08月29日 14時00分
 
三菱自、ジョージア政府に「アウトランダーPHEV」と「i-MiEV」96台を供給
2017年08月22日 15時10分
 
三菱自、インドネシア国際オートショーでのMPV「エクスパンダー」披露概要を発表
2017年08月10日 13時10分
 
三菱自、組織改正・人事異動を発表
2017年07月31日 14時10分
 
三菱自、2017年6月度、2017年1~6月 生産・販売・輸出実績を発表
2017年07月28日 13時40分
 
三菱自、本社移転の計画について
2017年07月27日 15時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>