2017年04月18日 16時00分

Source: Artesyn Embedded Technologies

アーティセン、NXP QorIQ(R) T Seriesプロセッサをベースにした新型COM Expressモジュールを発表

COMX-T Seriesにより、ネットワーキング、軍事、航空宇宙およびIoTのアプリケーションを実現

東京, 2017年04月18日 - (JCN Newswire) - アーティセン・エンべデッド・テクノロジーズは本日、NXP QorIQ(R) T SeriesプロセッサをベースにしたCOM Express(R)組込みコンピューティングモジュールの新シリーズを発表しました。アーティセンのCOMX-T Seriesによって、COTSフォームファクタで、4つ(NXP T1042)または8つの仮想コア(NXP T2081) Power Architecture(TM)プロセッサと、さまざまな高速インターフェースを利用できるようになります。これにより、コスト効果の高いプロセッサ実装が可能になり、高密度処理、技術マイグレーションの簡素化、ライフサイクルの延長などが実現します。用途には通信、ネットワーキング、航空宇宙、軍事・国防、工業の他、消費電力と物理サイズの節約が必要なIoT (internet of things)アプリケーションなども含まれます。

アーティセンのCOMX-T2081およびCOMX-T1042モジュールでは、温度や振動の許容範囲をさらに拡張し、過酷な環境でも作動するように設計されています。AltiVecエンジンおよび革新的なデュアルスレッドe6500コアを搭載することにより高いパフォーマンス/ワットを持つNXPのT2081プロセッサの主な目的は、成功したクアッドコアデバイスのQorIQ P-seriesミッドレンジシリーズの後継です。T2081は前世代と同等のパワーバジェットで、コア機能、キャッシュサイズおよびSerDes帯域幅でより高い性能を発揮するように設計されており、ミッドレンジ・アプリケーションに最大のメリットを提供します。T2081とピン互換のクアッドコアT1042は、消費電力の低いエンベロープ内で、パフォーマンスの高いCPUコアやSATAおよびグラフィクスを必要とするアプリケーション用のコスト効果の高い代替製品です。

アーティセン・エンべデッド・テクノロジーズ社製品マーケティングマネージャーのQianqian Shaoは次のように述べました。「これらの新型モジュールによって、システム開発者はさまざまなアプリケーションで複数のパフォーマンスレベルを利用できるようになります。弊社ではすでに赤外線レーダーシステム、ヘリコプター用データ通信ルータ、機内エンターテインメントサーバーなど多くの事例で、Power Architecture COMの活用に成功しています。小型で頑丈でパフォーマンスが高いため、このような事例以外にも幅広い用途に最適です。さらに、NXP Power Architectureプロセッサではニーズにお応えして長期製品供給を保証していますので、お客様は長期間のライフサイクルプログラムを実施して、投資回収率を最大化できます。」

新発表されたQorIQ T-seriesベースのCOMX-T2081およびCOMX-T1042モジュールは、NXPエクステンション/モディフィケーションによってBasic COM Expressサイズのフォームファクタ(95 mm × 125 mm)およびType 5/6ピンアウトに対応して設計されていますので、アーティセンのPower Architecture COM Expressポートフォリオはさらに拡張し、お客様は製品マイグレーションを円滑にし、未開発分野で新規プロジェクトを効果的にスタートするために、技術を導入できます。

画像: https://www.acnnewswire.com/topimg/Low_MW20I70418.jpg

アーティセン・エンベデッドテクノロジーズについて

アーティセン・エンべデッドテクノロジーズは、通信、コンピューティング、医療、航空宇宙、工業などの各種業界向け高信頼性電源と組込みコンピューティングソリューシ ョンの設計と製造で世界をリードしている企業です。アーティセンは 40 年以上にわたって、コストパフォーマンスの高い先進なネットワークコンピューティングおよび電力変換ソリューションを提供し続け、お客様の開発期間短縮やリスク軽減をサポートし、信頼され続けてきました。アーティセンの本社は米国・アリゾナ州テンピにあり、10か所の中核研究拠点、4か所のワールドクラスの製造工場、世界各国でのグローバルなセールス&サポート拠点などを有し、世界各国で 20,000 人以上の従業員が働いています。 http://jp.artesyn.com/

メディアお問い合わせ先:
Alice Hui
+852 2176 3548
[email protected]


セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

マルチメディア


アーティセンのCOMX-T Series
 

関連プレスリリース


アーティセンが新しいMaxCore(TM) Industrial PCプラットフォームを発表
2017年12月19日 11時00分
 
車載用セーフティコンピューティングアプリケーション用Artesyn ControlSafe(TM) CarborneプラットフォームがSIL4認定を取得
2017年10月19日 12時30分
 
アーティセン、列車制御および鉄道信号用のControlSafe(TM) Compact Carborne Platformを発表
2017年09月22日 10時30分
 
新型Artesyn MaxCore(TM) Micro、コスト効果と拡張性の高い汎用コンピューティングおよびアクセラレーション プラットフォームを提供
2017年08月08日 11時10分
 
新型Artesyn Server Bladeにより、軍事、航空宇宙および政府自治体のネットワークシステムに最新のプロセッサを提供
2017年07月27日 10時40分
 
アーティセン、ControlSafe SIL4 COTS鉄道コンピューティングプラットフォームを車内アプリケーションにも拡張
2017年04月26日 15時40分
 
アーティセン、CG-OpenRack-19用NVIDIA Tesla P4スレッドによりキャリアグレードのオープンコンピューティングアプリケーションの開発期間を短縮
2017年03月14日 10時30分
 
Artesyn SIL4鉄道信号ソリューションをHyukshinが採用
2017年01月19日 13時30分
 
アーティセン、ControlSafe(TM) Expansion Box PlatformがSIL4認定を獲得
2016年11月03日 09時30分
 
中国聯合通信とBaicellsが、Artesyn MaxCoreプラットフォームを使用して、5G向けの新しいモバイルエッジコンピューティング(MEC)仮想現実(VR)ソリューションを開発
2016年10月27日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>