2017年04月19日 12時40分

Source: Honda

ホンダ、ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売


TOKYO, Apr, 19 2017 - (JCN Newswire) - Hondaは、スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」をベースとした、ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を4月20日(木)に発売します。

CBR1000RR SP2 レースベース車は、CBR1000RR SP2をベースに、ラジエーター、オイルクーラーなどをレース専用品に変更、レース参戦へのモディファイを前提としたパーツ構成とすると共に、レースに不要な灯火器などを取り外すなど、よりローコストでレースに参戦しやすいものとしています。

ベース車のCBR1000RR SP2は、フルモデルチェンジした「CBR1000RR SP」をベースに、サーキット走行やレースでの使用を想定し、吸・排気バルブ、燃焼室を新設計したシリンダーヘッドやピストンを搭載するなど、さらなるスポーツ性能を向上させたモデルで、2016年10月にドイツのケルン市で開催された「インターモト※1」に出品されました。

車体色はブラック1色の設定。

※1 インターモトは、「国際オートバイ・スクーター専門見本市2016(International Motorcycle, Scooter and Bicycle Fair)」の略

●販売計画台数 (国内・年間) 40台(受注生産)

●メーカー希望小売価格 (消費税8%込み) 1,782,000円(消費税抜き本体価格 1,650,000円)

* 価格にはリサイクル費用が含まれています
* このCBR1000RR SP2 レースベース車はサーキット走行専用車であり、一般公道での走行はできません
* 登録してナンバープレートを取得することはできません
* レースに参加される際には、各レースのレギュレーションに合わせた仕様に変更のうえ、ご使用ください

■ベース車CBR1000RR SP2との主な変更点

項目: 変更内容
(1)灯火器類: 廃止(ヘッドライトはケースのみ装着)
(2)ラジエーター: レースベース専用(高密度化)
(3)オイルクーラー: レースベース専用
(4)ウォーターホース: レースベース専用
(5)排気系: 排気バルブ、キャタライザーを廃止
(6)カウル類: 塗装およびストライプ、一部のカウル類を廃止
(7)フューエルタンク: スチール製フューエルタンクへ変更
(8)フロントブレーキキャリパー: TOKICO製へ変更
(9)前・後サスペンション: SHOWA製へ変更
(10)前・後ホイール: ENKEI製へ変更
(11)メーター: 北米向け仕様を装着
(12)その他: ABSシステムを廃止

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

お客様からのお問い合わせ
お客様相談センター
0120-086819(オーハローバイク)

Source: Honda
セクター: 自動車全般, ビジネス, 自動車

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


さいたま市・ホンダ・ヤマハ、原付一種クラス電動二輪車(EVバイク)の実証実験開始
2017年07月21日 15時40分
 
ホンダ、ブレード除雪機「ユキオス SB800」を一部改良し発売
2017年07月20日 12時40分
 
東風ホンダ、新型「CR-V」を発表
2017年07月10日 14時10分
 
ホンダ、「VEZEL」より特別仕様車を発売
2017年07月07日 11時40分
 
ホンダ、コンパクトセダン「GRACE」の改良モデルを発売
2017年07月06日 11時40分
 
ホンダ、国内パワープロダクツ完成機事業の再編 販売子会社へ営業・サービス機能を移管し営業体制を強化
2017年07月03日 16時10分
 
日立オートモティブシステムズとホンダ、電動車両用モーター事業の合弁会社を設立
2017年07月03日 15時20分
 
ホンダ、50ccスクーター「Dunk」のカラーバリエーションを変更し発売
2017年06月30日 11時50分
 
ホンダ、125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売
2017年06月30日 11時50分
 
ホンダ、Honda原付二輪2017年度のイメージキャラクターに「ゴールデンボンバー」を起用
2017年06月30日 11時40分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>