2017年04月19日 14時30分

Source: Sony

ソニー、EXTRA BASSシリーズのBluetooth接続対応ワイヤレスポータブルスピーカー4機種を発売

様々な場所に持ち出してスマートフォンの音楽を迫力の重低音で楽しめるEXTRA BASS(TM)シリーズ

TOKYO, Apr, 19 2017 - (JCN Newswire) - ソニーは、様々な場所に持ち出し、スマートフォンとワイヤレス接続して迫力の重低音で音楽を楽しめる、EXTRA BASS(エクストラベース)シリーズのBluetooth(R)接続対応ワイヤレスポータブルスピーカー4機種を発売します。若年層に人気のグリーンを含む豊富なカラーバリエーションを取り揃えました。全ての機種がお風呂やキッチンでも使える防水仕様に加え、長時間バッテリーのため、ご自宅だけでなく、アウトドアなど様々な使用シーンに合わせて音楽を楽しめます。

商品名: ワイヤレスポータブルスピーカー
型名: 『SRS-XB40』/『SRS-XB30』/『SRS-XB20』/『SRS-XB10』
カラー: ブラック/ブラック、ブルー、グリーン、オレンジレッド/ブラック、ブルー、グリーン、グレイッシュホワイト、オレンジレッド/ブラック、ブルー、グリーン、オレンジレッド、グレイッシュホワイト、イエロー
発売日: 5月13日
価格: オープン価格

『SRS-XB40』、『SRS-XB30』、『SRS-XB20』は、それぞれ直径約61~42mmのフルレンジスピーカーユニットと2基のパッシブラジエーターを搭載し、パワーあふれる重低音を実現しました。JIS防水保護等級IPX5相当※1の防水仕様で、お風呂など水まわりのほか、キャンプやバーベキューなどでも水しぶきを気にせずに使えます。また、音楽に合わせてラインライトなどが光るライティング機能や、複数のスピーカー※2をワイヤレスで10台まで同時接続する「ワイヤレスパーティーチェーン」に新たに対応、パーティーシーンなどでの空間演出も可能です。3機種とも音楽エンタテインメントアプリケーション「Sony | Music Center」(旧「SongPal」)※3に対応し、スマートフォンからライティング機能のコントロールなどができます。さらに『SRS-XB40』では、専用アプリケーション「Fiestable(フィエスタブル)」で、ドラムやスクラッチなどの効果音を音楽に加えられるほか、ラインライトの調整が可能です。
手のひらサイズの『SRS-XB10』も、小型ながらIPX5相当※1の防水性能で、様々な場所に手軽に持ち運んで重低音を楽しめます。付属のストラップで横置きも可能です。

『SRS-XB40』、『SRS-XB30』、『SRS-XB20』の主な特長

1. 迫力の重低音再生を実現
『SRS-XB40』は直径約61mm、『SRS-XB30』は直径約48mm、『SRS-XB20』は直径約42mmのフルレンジスピーカーユニットを採用。さらに、低域を強調するパッシブラジエーター2基をスピーカー本体の前後に配置しました。スピーカーの正面以外の位置から聞いても、中高音域の広がりはそのままに、圧倒的な迫力の重低音を楽しめます。
加えて、中・小音量時にも音楽を心地よく聞けるよう、DSP(デジタルシグナルプロセッサー)に新開発の低域増強機能を追加しました。音量ごとに低域、高域のブースト帯域や量を変えるため、屋内や夜間などに音量を下げた状態で音楽を再生しても、明瞭で心地よいボーカルと重低音を再現します。また、パンチンググリルの穴の直径を従来機(『SRS-XB3』、『SRS-XB2』)に比べて大きくしたことで、抜けの良い、広がりのある音を実現しました。

2. お風呂やキッチン、アウトドアなど、水まわりでも再生可能な防水仕様
水洗いもできるJIS防水保護等級IPX5相当※1の防水仕様のため、お風呂やキッチンなどでも水しぶきを気にせず音楽を楽しめます。急な雨が気になるキャンプやバーベキューなどのアウトドアシーン、プールのお供にも最適です。

3. シーンや空間に合わせて演出した光で雰囲気を盛り上げるライティング機能
パンチンググリルの周りが光るラインライト(『SRS-XB40』、『SRS-XB30』は曲によって自動的に変化するマルチカラー。『SRS-XB20』は固定色)、スピーカー脇の左右に配置され、まばゆく光るストロボフラッシュ(『SRS-XB40』と『SRS-XB30』のみ)、スピーカー部分を白く彩るスピーカーライト(『SRS-XB40』のみ)を新たに搭載しました。音楽エンタテインメントアプリケーション「Sony | Music Center」※3から、レイブ、チル、ホットなど全12種類(『SRS-XB20』のみ3種類)のライティングパターンを選択できます。パーティーシーンなどに合わせて光を演出することで、場の雰囲気を盛り上げるとともに、音楽をさらに楽しむことができます。

4. 複数のスピーカー※2をつなげる「ワイヤレスパーティーチェーン」
最大10台までのスピーカー同士※2をBluetooth技術で同時接続して、同じ音源を流せる「ワイヤレスパーティーチェーン」に新たに対応しました。友達と持ち寄ったスピーカー同士をつなげて、音と連動する光と大音量をお楽しみいただけます。

5. スマートフォンから操作可能なアプリ対応
音楽エンタテインメントアプリケーション「Sony | Music Center」※3に対応、スピーカーの接続やライティングのコントロールを、スマートフォンから可能です。こちらのアプリでイコライザーの設定もできます。
さらに『SRS-XB40』では、専用アプリケーション「Fiestable」で、スクラッチやドラムの音、歓声などの効果音を再生中の音楽に入れたり、ライティングの色やパターンを調整したりすることが可能です。

『SRS-XB10』の主な特長

1. 小型ながら迫力の重低音を実現
新開発の直径約46mmのフルレンジスピーカーを採用しました。加えて、従来機(『SRS-X1』)に比べてスピーカー内の容積を拡大しており、音圧と低域の量感が向上しました。手のひらサイズの小型ながら、迫力の重低音を楽しめます。

2. 水まわりでも再生可能な防水仕様
『SRS-XB40』、『SRS-XB30』、『SRS-XB20』と同様に、JIS防水保護等級IPX5相当※1の防水仕様です。お風呂やキッチンなどの水まわり、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーン、プールにも持ち運んで、水しぶきなどを気にせずに音楽を楽しめます。

3. リスニングスタイルに合わせて選べる置き方
本体を縦置きにすると、広がりのある音を楽しめます。また、付属のストラップを使った横置きも可能で、音を特定の方向にダイレクトに聞かせたり、Speaker Add機能を使ってもう1台の『SRS-XB10』とステレオスピーカーとして使う際には、スピーカー間の距離を広げて楽しんだりできます。ストラップでさまざまな場所に吊るすことも可能です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201704/17-0419/

※1:IPX5相当とは、あらゆる方向からの墳流水に対して本体機能を保護するものです。
※2:対応機種は2017年5月現在、『SRS-XB40』、『SRS-XB30』、『SRS-XB20』です。異なる機種間でも接続可能です。対応コーデックはSBCのみ。
※3:iOS端末向けは5月以降展開予定です。アプリの使用や「SongPal」からのアップデートは無料です。

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony


Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、4K有機ELテレビ ブラビア「A1シリーズ」2機種と4K液晶テレビ ブラビア「X9500Eシリーズ」2機種をはじめとする5シリーズ12機種を発売
2017年07月11日 13時50分
 
ソニー、電子マネー機能を搭載の腕時計用レザーバンド「wena wrist leather」を発売
2017年07月03日 13時30分
 
ソニー、ディープラーニングのプログラムを生成できる「コアライブラリ」をオープンソース化
2017年06月27日 10時30分
 
ソニーマーケティング、顧客満足度の向上に繋げる カスタマーサービスのノウハウ提供を開始
2017年06月21日 15時30分
 
ソニー、人事のお知らせ
2017年06月21日 15時30分
 
ソニー、ハイブリッドスマートウォッチ「wena wrist Three Hands Square」を発売
2017年06月21日 13時10分
 
ソニー、役員人事のお知らせ
2017年06月15日 15時30分
 
ソニーマーケティング、プロフェッショナル向けフォトビジネスフェア「PHOTONEXT2017」に出展
2017年06月14日 13時30分
 
ソニー:スマートフォンとの連携で好みのデザインを自由に表現、ひとつの時計でデザインを着せ替えられる「FES Watch U」の正式販売を開始
2017年06月12日 09時40分
 
ソニー・グローバルエデュケーション、教育機関向け「STEM教育パッケージサービス」の提供を開始
2017年06月09日 14時50分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>