2017年04月19日 15時10分

Source: Fujitsu Ltd

JR西日本と富士通、乗務員の睡眠改善をサポートするシステムを開発・実証

さらなる安全・安定輸送の実現のために

東京, 2017年04月19日 - (JCN Newswire) - 西日本旅客鉄道株式会社(大阪府大阪市北区、代表取締役社長:来島達夫 以下、「JR西日本」といいます)と富士通株式会社(東京都港区、代表取締役社長:田中達也 以下、「富士通」といいます)は、睡眠状態の記録・可視化や個人に合った睡眠改善のアドバイスを行うシステムを開発・実証しました。

背景

鉄道の安全確保には、乗務員の乗務の質の向上が重要であり、そのファクターの1つとして、睡眠改善の取り組みがあります。JR西日本では、睡眠に関する教育の充実、環境整備などを中心とした乗務員の睡眠に対する意識の向上や改善の取り組みを実施しています。更なる取り組みとして、2014年度よりJR西日本と富士通にて、より簡便で効果の高い睡眠改善を実現させるツールの導入に向けた検討を進めています。

課題

睡眠改善を実施するためには、睡眠時間や睡眠状態の効率的な記録や、一人ひとりに合った効果的なサポートが求められています。しかし、それらを実施するためには、以下の課題がありました。

- 睡眠時間や睡眠状態の記録は手間や継続して記録する必要がある上に、乗務員個人が記録する場合、乗務員の主観に依存している
- 睡眠改善に対する指導に関して、乗務員一人ひとりに合った効果的なアドバイスが十分ではない

システム概要

本システムは、センサーにて自動計測したデータから睡眠状態を可視化・分析し、睡眠改善のアドバイスを行います。

- 睡眠状態の可視化:就寝時に装着したセンサーにて計測した睡眠に関するデータを、専用の端末(NFCリーダ)を接続したパソコンで読み取ります。計測したデータを体動量データに変換し、その体動量データを分析して、就床、入眠、睡眠、覚醒、起床といった睡眠状態を表すことができます。
- 睡眠改善のアドバイス:専門家監修による分析アルゴリズムを用いて、計測したデータを分析し、一人ひとりに合った睡眠の質を改善するためのアドバイスを行うことができます。

今後の展開

1.JR西日本では、2017年度中に乗務員が所属する全ての職場63箇所への導入展開を行うと共に、今後も引き続き、睡眠改善の取り組みを着実に進めることで、乗務の質の向上を図り、更なる安全安定輸送の実現に取り組んでいきます。
2.富士通では、JR西日本での実証実験の結果を活用して、2017年中に本システムの製品化を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/04/19.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、理化学研究所様に導入したAI研究用計算機システム「RAIDEN」を国内最大規模に大幅に増強
2018年04月20日 11時00分
 
旭酒造と富士通、予測AIを活用した日本酒醸造の実証実験を開始
2018年04月19日 11時00分
 
富士通、千葉大学と共同で、薬用植物・機能性植物の栽培技術を確立するための実証研究を開始
2018年04月18日 12時00分
 
富士通、「Fujitsu Technology and Service Vision 2018」を策定
2018年04月18日 11時00分
 
富士通、次世代の基幹業務システムを支える「GS21」の新モデルを販売開始
2018年04月17日 11時00分
 
富士通、採用計画を発表
2018年04月17日 11時00分
 
富士通・SMU・A*STAR、シンガポール海事港湾庁と海上交通マネジメント技術を活用した実証実験を開始
2018年04月16日 11時00分
 
富士通研究所、少ないデータでも学習可能なディープラーニングによる物体検出技術を開発
2018年04月16日 11時00分
 
富士通、PCサーバ 「PRIMERGY」 のデータセンター事業者向けモデルを販売開始
2018年04月12日 11時00分
 
九州大学と富士通、AIを活用した農業生産の共同研究を開始
2018年04月12日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>