2017年05月15日 15時00分

Source: Toyota

トヨタ、「多機能トイレ」の情報提供サービスを開始

スマートフォン向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」に新たに追加

豊田, 2017年05月15日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、スマートフォン向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ※1」に、全国各地の高速道路・一般道路の休憩スポットや公共・文化施設などに設置されている「多機能トイレ※2」情報の検索やルート案内を提供するサービスを2017年5月15日より開始する。

本サービスは、車いす利用者など身体の不自由な方にも、クルマでもっと快適かつ円滑に移動していただくために、高速道路のサービスエリア、パーキングエリア、ハイウェイオアシスをはじめ、道の駅、市役所、博物館、美術館、ウェルキャブステーション※3などを対象に、「多機能トイレ」の位置情報(約19,000件)を提供している。また、利用者の自車位置付近にある対象施設の位置情報をスマートフォン画面に表示し、対象施設までの最適なルートを案内する。さらに、対象施設におけるバリアフリー対応駐車場の有無や、「多機能トイレ」の入口段差の有無、手すり位置・形状などの詳細情報が提供される対象施設もある。

トヨタは、2015年5月~2017年3月までの約2年間、東海3県(愛知・岐阜・三重)において、T-ConnectおよびLexus G-Linkナビゲーション向け専用アプリ「APPs(アップス)」のラインアップとして、アプリ「多機能トイレナビ」を設定し、サービスを提供してきた。今回のサービスは、より幅広いお客様に、もっと安心・便利な移動支援サービスをお届けしたいと考え、「多機能トイレ」情報を網羅する地域を全国に拡げるとともに、誰もがスマートフォンで無料でサービスをご利用いただけるよう、利便性を向上させている。

トヨタは、今後も、お客様のモビリティライフを支援するツールとして、「TCスマホナビ」のサービスを一層充実させていく。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/16758513

※1 対応端末: iPhone、Android、サービス地域: 日本、対応言語: 日本語
※2 車いす利用者が利用できる広さや手すりなどに加えて、おむつ替えシート、オストメイト対応などを備えて、車いす利用者だけではなく、高齢者、障がい者、子ども連れなど多様な人が利用可能なトイレ。
※3 福祉車両(ウェルキャブ)を体感できるトヨタの販売店店舗。
バリアフリー設計で専門の知識と経験を備えたウェルキャブコンサルタントが常駐。

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


トヨタとスズキ、インド市場向けEV投入に関する覚書を締結
2017年11月17日 17時00分
 
トヨタ、中国で車両電動化に向けた取り組みを加速
2017年11月17日 11時00分
 
トヨタ自動車、スペシャルオリンピックスグローバルパートナーに就任
2017年11月16日 20時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、障がい者(下肢麻痺者)向けの革新的な補装具の開発を支援する「モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ」を開始
2017年11月16日 14時00分
 
トヨタ、米国の先進安全技術研究センターにてコネクティッド並びに自動運転技術の社会的受容性に関する研究を新たに開始
2017年11月16日 09時00分
 
「トヨタ環境活動助成プログラム」2017年度の助成対象を決定
2017年11月15日 13時30分
 
TOYOTA、アクアに特別仕様車を設定
2017年11月14日 13時30分
 
TOYOTA、「ピクシス バン」をマイナーチェンジ、「ピクシス トラック」を一部改良
2017年11月14日 13時30分
 
CO2排出量削減目標への水素の貢献、2050年までに20%分に達する可能性
2017年11月14日 09時00分
 
トヨタのコネクティッドカー向けに国内初の運転挙動反映型テレマティクス自動車保険を開発
2017年11月08日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>