2017年06月15日 16時50分

Source: Toyota

LINEとトヨタ、協業基本合意書締結のお知らせ

LINEが提供する「Clova」とトヨタが推進する「SDL」を活用したコネクティッドカーサービスの協業を検討

豊田, 2017年06月15日 - (JCN Newswire) - LINE株式会社(本社 : 東京都新宿区、代表取締役社長 : 出澤 剛、以下LINE)とトヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、代表取締役社長 : 豊田 章男、以下トヨタ)は、LINEが開発を進めるクラウドAIプラットフォーム「Clova」と、トヨタをはじめとする各社が推進する車載機器とスマートフォンアプリ、およびタブレットアプリとの連携規格Smart Device Link(以下「SDL」)を活用した協業の可能性を検討すべく、協業基本合意書を締結いたしましたので、お知らせいたします。

「Clova」は、LINE株式会社が開発したクラウドAIプラットフォームであり、日本をはじめ、アジアでトップシェアを持つメッセンジャーアプリであるLINEと、韓国の検索ポータルNo.1のNAVERが持つ開発技術や豊富なコンテンツやサービスを活用することにより、よりスマートなクラウドAIプラットフォームを実現しました。

“ポストスマートフォン、ポストディスプレイ、ポストタッチ”な世界を目指すべく、「Clova」を用いた様々なサービス、プロダクトの開発を推進していきます。

「Clova」についての詳細はプレスリリース( https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1667 )をご参照ください。

「SDL」は、トヨタが推進するスマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソースであり、お客様は、車載の音声認識機能や操作パネルを通じ、車内でアプリを操作することができます。

また、「SDL」を用いることで、自動車会社はスマートフォンのアプリケーションを、自社の車載システムの特性やインターフェースに合わせて、より安全・快適に利用いただける形で提供することができます。

今回の協業を通じ両社は、LINEの音声エージェントテクノロジーを持つ「Clova」と、トヨタが推進、対応を進める「SDL」を連携させ、音声エージェント等を活用した新しいカーサービスの実現を、2018年の商品化を目指し検討してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/17119496

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


トヨタ自動車、グローバル企業チャレンジ「Start Your Impossible」を開始
2017年10月16日 22時00分
 
TOYOTA、「未来の愛車」を具現化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」シリーズを東京モーターショーで公開
2017年10月16日 13時30分
 
TOYOTA、カローラフィールダーならびにカローラアクシオをマイナーチェンジ
2017年10月11日 13時30分
 
TOYOTA、第45回東京モーターショー2017で「GR HV SPORTS concept」を初公開
2017年10月06日 13時30分
 
TOYOTA、第45回東京モーターショー2017で「Tj CRUISER」を初公開
2017年10月06日 13時30分
 
TOYOTA、第45回東京モーターショー2017で新型センチュリーを初公開
2017年10月05日 13時30分
 
TOYOTA、ピクシス ジョイを一部改良
2017年10月05日 13時30分
 
TOYOTA、「CROWN Concept」を初公開
2017年10月04日 13時30分
 
トヨタと日立がIoTプラットフォームを活用した高効率生産モデル構築に向けて協創開始
2017年10月04日 13時30分
 
旭硝子とトヨタ自動車、ショールーム用ガラス構造の省エネ技術「上吊型ダブルスキンシステム」を共同開発
2017年10月03日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>