2017年06月27日 13時00分

Source: Gemalto NV

ジェムアルト、生体認証と機械学習を高度に融合しオンラインバンキングの信頼性を画期的に向上

- ビッグデータ分析によりオンラインバンキングユーザーのネット上での行動を把握し、状況に応じて最も適切な認証方式を選択するリスク評価ソリューション
- 最高の顧客体験を提供可能にする、ユーザーのプロファイルとデジタルバンキングの取引操作内容に応じた認証方法のカスタマイズ

アムステルダム, 2017年06月27日 - (JCN Newswire) - デジタルセキュリティの世界的リーダーであるGemalto(Euronext NL0000400653 GTO)は、オンラインバンキングにおける不正を防止するための画期的なプラットフォームであるGemalto Assurance Hubを発表しました。Gemalto Assurance Hubは機械学習を用いて、ユーザーのプロファイルやネット上での行動をリアルタイムに分析します。認証を求めるのは必要な時のみで、スムーズな顧客体験に貢献します。

銀行は、提供するデジタルサービスの急増に伴い、より巧妙なサイバー攻撃にさらされています。正当なユーザーと陰に隠れている悪意のあるユーザーを区別し、正当なユーザーには余分な煩わしさのないサービスを提供し、一方で不正ユーザーをブロックする必要があります。また金融機関は、PSD2やFFIEC*などの最新の銀行規制も遵守しなければなりません。

Gemalto Assurance Hubはビッグデータを基に、数千の属性(使用している機器の情報、位置情報、ユーザーのネット上での行動、生体データ、キーパッドの種類など)から構成される数百万のトランザクションの処理とリアルタイムのユーザー行動分析を行うことで、必要な時には適切な認証を要求します。例えば、あるユーザーが通常とは異なる場所から高額の資金移動を行った場合、取引を有効にするか判断するため、指紋・顔認証などによる追加認証を求めます。一方セキュリティの確保された環境内であれば、ユーザーは余分な認証を求められることはありません。

Gemalto でバンキング・決済担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントを務めるBertrand Knopfは述べています。「Gemaltoの最近の調査によると、セキュリティ侵害が発生した場合、消費者の44%は自分の利用する銀行との取引をやめるとし、38%はより良いサービスを提供する他行に乗り換えると回答しました。同時に消費者は、オンラインまたはモバイルバンキングを利用する際、自分にとっては意に反した認証拒否および過剰な認証要求の両方に嫌気がさしています。デジタルバンキングにとっての課題は、信頼性を揺るがすことなく、セキュリティ確保のための操作を最小化・簡素化することです。Gemalto Assurance Hubは、まさにこの課題を解決できます。」

Gemalto Assurance Hubと既存のオンラインバンキング不正防止システムとの違い

Gemalto Assurance Hubは、他の追随を許さない高度な不正検知技術を単独プラットフォームに統合した、銀行向けとしては唯一のソリューションです。ポリシー設定と不正監視・検知を一元化した コンソールで管理できるこのプラットフォームは、柔軟性の高いハブ型の設計思想を採用しており、既存のソリューションばかりでなく最新の不正防止技術と統合し、進化させていくことが可能です。

*PSD2 - 欧州銀行監督機構が定めた新決済サービス指令
FFIEC - 米国連邦金融機関検査協議会がリテール決済領域におけるリスクを分析し、リスク軽減を提言

イベント情報:
Money 20/20 Europe
6月26-28日 | コペンハーゲン
Gemaltoの最新イノベーションの詳細をご紹介するスタンド#D14にお立ち寄りください。わかりやすく肩のこらないカスタマージャーニーを通じて、既存そして新しい技術によるブランド構築をお手伝いします。

CEO、Philippe Valleeがオープン・バンキングにおけるアイデンティティ管理戦略を説明
6月27日 午後1時40分

ジェムアルトについて

ジェムアルト(ユーロネクスト NL0000400653 GTO)はデジタルセキュリティの世界的なリーダー企業であり、2016年の年間売上高は31億ユーロを記録し、世界の180ヶ国以上に顧客を有しています。ジェムアルトは、急速に発展し、密接につながったデジタル社会に信頼をもたらします。

当社技術とサービスにより、企業や行政機関は本人認証とデータ保護が可能となり、個人用デバイス、コネクテッド・オブジェクト、クラウド、およびこうしたデバイス・環境間で安全性を保ち、サービスを提供することができます。

ジェムアルトのソリューションは、決済から企業セキュリティ、さらにモノのインターネットまで、現代生活の中心に据えられています。当社は人々、取引、オブジェクトの認証を行い、データを暗号化し、ソフトウェアに価値を生み出します。これにより、当社のお客様は何十億もの人々やモノにセキュアなデジタルサービスを提供することができます。

当社は世界48ヶ国に112の事業所、43の発行センターおよびデータセンター、30の研究所およびソフトウェア開発拠点を構え、1万5千人以上の従業員を擁しています。

さらに詳しい情報は www.gemalto.com を参照いただくか、Twitterで @gemalto をフォローしてください。

本プレスリリースの文言は翻訳されたもので、いかなる場合も公式版とはみなされないこととします。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンである英語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ジェムアルト 報道関係者からのお問い合わせ先:

Philippe Benitez
南北アメリカ
+1 512 257 3869
[email protected]

Kristel Teyras
欧州、中東、アフリカ
+33 1 55 01 57 89
[email protected]

鈴木信太郎
アジア
+65 6317 8266
[email protected]

Source: Gemalto NV
セクター: メディア, エレクトロニクス, ITエンタープライズ, セキュリティ, 無線

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

マルチメディア


 

関連プレスリリース


クラウド上の機密データ保護対策で各国に大きな違い、第三者との共有に十分なセキュリティを考慮している日本企業は31%―ジェムアルト国際調査
2018年01月16日 15時00分
 
ジェムアルト、世界初の非接触決済向け生体認証対応カードを発表
2018年01月04日 14時00分
 
ハードウェアメーカー、ソフトウェア収益化モデルへの移行で収益11%増―ジェムアルト調査
2017年12月14日 19時00分
 
ジェムアルトのeSIMがマイクロソフトの新製品Surface Pro with LTE Advancedで常時接続を実現
2017年12月07日 15時00分
 
ジェムアルト、Google Cloud Platformのユーザーに柔軟な暗号化・暗号鍵管理機能を提供
2017年12月04日 21時00分
 
消費者は情報漏えいを起こした企業とは取引しないことが明らかに―ジェムアルト調査
2017年11月28日 15時00分
 
Huawei and Gemalto team up to accelerate NarrowBand IoT deployments
2017年11月14日 15時00分
 
NB-IoT普及に向けジェムアルトとファーウェイが提携
2017年11月14日 14時00分
 
ジェムアルト、世界初の「オールインワンIoTモジュール」を発表、あらゆる地域でLTE接続が可能に
2017年11月09日 14時00分
 
ジェムアルト、暗号化によるデータ保護をクラウドサービスとして提供する業界初のオンデマンドセキュリティプラットフォームを発表
2017年11月08日 08時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>