2017年07月07日 11時00分

Source: ISID

ISID、地域金融機関向けビジネスモデル変革支援サービスの提供を開始

第一弾として、東京TYフィナンシャルグループの人材育成プロジェクトを支援

東京, 2017年07月07日 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下 ISID)は、地域金融機関を対象に、新たな人材育成や組織文化の変革を支援する「地域金融機関向けビジネスモデル変革支援サービス」の提供を開始します。

第一弾として、株式会社東京TYフィナンシャルグループ(代表取締役社長:味岡 桂三)並びに同社傘下の株式会社東京都民銀行、株式会社八千代銀行、株式会社新銀行東京と業務提携し、「変革を担う新たな人材育成プログラムの策定及び実行」に向けたプロジェクトを始動しました。

■背景■

国内経済の縮小や地域の人口減少が進む中、金融庁は「金融行政方針」における金融規制の質的向上施策として、従来のように金融機関が最低限満たすべき基準の遵守状況をチェックすることを目的とするのではなく、金融機関による自主改善を促す検査・監督手法へと、大きな転換を図っています。これに伴い金融機関には、顧客本位の良質な金融サービスの創造・提供と、それらが結果として自らの顧客基盤と収益の確保につながるような新たなビジネスモデルの確立が強く求められています。

これまで金融機関における改革施策は、制度・組織設計、業務プロセス、システムなどからのアプローチが中心でしたが、このような環境下では、変革を促す新たな共通価値観や組織文化を醸成し、その浸透とともに各施策を展開していくことが不可欠であるため、組織・立場を超えた対話の場づくりやリーダー人材の育成が急務の課題となっています。

ISIDは、約80行への導入実績を有する地域金融機関向けソリューション「BANK・R」をはじめ、企業経営者とのコミュニケーション形成をサポートする「VCF 財務経営力診断サービス」や、融資・営業プロセス改革をトータルで支援する「BANK・R 4s」の提供を通じ、金融機関と顧客の共通価値創造を一貫して支援してまいりました。また金融機関の未来について対話するイベント「RoundTable※1」の定期開催や、日本初の FinTech 産業拠点である「FINOLAB」の運営など、イノベーティブな場づくりにも積極的に取り組んでいます。本サービスは、これらの取り組みを通じて培った知見やネットワーク、さらには数多くの地域金融機関とのプロジェクトにおける実践的な経験値をもとに、ISID独自のサービスとして体系化したものです。

■サービスの概要■

本サービスは、システム思考※2・デザイン思考※3 によるメソッドを用いたアイデア創発の場を提供し、変革に向けた新たなビジョン・行動指針の構築や、それを実行するリーダー人材の育成等を支援するサービスです。以下のサービスメニューを中心として、個々の金融機関の課題に応じた支援プログラムを設計し提供します。

<主なサービスメニュー>

1. 顧客中心志向での抜本的な業務改革のコンサルティング
2. 事業性評価のための顧客との対話設計
3. 組織・立場を超えた対話の設計、ファシリテーション
4. 中期経営計画策定に向けたビジョンの策定支援
5. 顧客満足度・従業員満足度の実態調査

サービス詳細: https://www.isid.co.jp/solution/businessmodel.html

■東京TYフィナンシャルグループにおける人材育成プロジェクトについて■

東京TYフィナンシャルグループおよび傘下3行は、関係当局の許認可の取得等を前提とした2018年5月の3行合併(商号:株式会社きらぼし銀行)を契機に、中長期的成長に向けたビジネスモデルへの変革に取り組んでいます。このような変革を担う人材の育成には、従来とは異なる新たな人材育成プログラムの策定が必須との認識から、ISIDをパートナーとした人材育成プロジェクトをスタートさせました。本プロジェクトにおいてISIDは、参加メンバーが新たなビジョン・ミッションやビジネスモデルを模索・創造するプロセスを、ダイアログ(対話)を中心とする多様なセッション構成で進行し、次の2点を目的とした人材育成支援サービスを提供します。

1. お客さまや地域の真の課題やニーズを理解するための「対話力」やリーダーシップ・フォロワーシップの育成強化
2. 社内外での「場創り」を担うファシリテータ人材の育成

ISIDは本サービスの提供を通じて、地域金融機関におけるビジネスモデル変革を支援し、顧客との共通価値創造に貢献することにより、地域経済の発展に寄与してまいります。

※1 RoundTable:ISIDが2010年から毎年開催している、地域金融機関を対象としたイベント。金融・テクノロジー・ソーシャル・地方創生など各分野で活躍する先駆者と、出席者との双方向の対話によって、その日、その場所でしか得られない、未来を展望するリーダーに向けた気付きを提供している。
※2 システム思考:独立した事象のみに目を奪われるのではなく、各要素間の相互依存性や相互関連性に着目して全体像とその動きを捉え、本質的な原因を見通して、最も効果的な解決策や真の変化を生み出そうとする思考法。
※3 デザイン思考:「人間中心」の考え方のもと、ユーザーを徹底的に観察して本質的・潜在的な問題を見える化し、プロトタイプの製作と改善を繰り返す思考法。イノベーションを生み出すアプローチとして注目されている。

<ご参考資料>

<東京 TY フィナンシャルグループ 会社概要>
社名: 株式会社東京TYフィナンシャルグループ
代表者: 代表取締役社長 味岡 桂三
本社: 東京都新宿区新宿五丁目9番2号
URL: www.tokyo-tyfg.co.jp
設立: 平成26年10月1日
資本金: 275億円
連結従業員: 3,378名(2017年3月末現在)
連結経常収益: 83,092百万円(2017年3月期)
事業内容: 銀行、その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称: ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南 2-17-1
URL: www.isid.co.jp
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,635名(2016年12月末現在)
連結売上高: 79,783百万円(2016年12月期)
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HCM(人財・人事給与就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

*本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部 BANK・R 営業部 鈴木
TEL: 03-6713-7014
E-Mail: g-kinbankrei@group.isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 李
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

Source: ISID
セクター: ITエンタープライズ, ビジネス

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ISID: セブン銀行の新サービス"スマホアプリによる海外送金"や"リアルタイム振込機能"の基盤をMicrosoft Azureで構築
2017年09月11日 11時00分
 
ISID、Studio Ousia、農林中央金庫が人工知能(AI)による社内問い合わせ対応の実証実験を開始
2017年09月08日 15時00分
 
ISID、農業IoT事業のベジタリアに出資
2017年09月08日 11時00分
 
ISIDとFRONTEO、人工知能KIBITを活用し、北陸銀行の文書データを分析する実証実験を開始
2017年08月31日 15時00分
 
ISID、肥後銀行の統合人事システムを「POSITIVE」で刷新
2017年08月09日 11時00分
 
ISIDと双日グループがスマート漁業の共同実証実験を開始
2017年08月08日 15時00分
 
ISID、中外製薬に治験関連文書管理サービス「Wingspan eTMF」を提供
2017年07月27日 12時00分
 
ISID、金融機関向けLINEカスタマーコネクト導入支援サービスを提供開始
2017年06月30日 11時00分
 
ISID、「ワークスタイルイノベーション室」を新設
2017年06月29日 13時00分
 
ISID、ロボット・自動運転技術のZMPに出資
2017年06月26日 11時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>