2017年08月10日 13時40分

Source: Toyota

トヨタとデンソーとNTTなど、自動車ビッグデータ向けネットワーク基盤とコンピューティング基盤のためのコンソーシアムを創設


豊田, 2017年08月10日 - (JCN Newswire) - インテル コーポレーション、エリクソン、株式会社デンソー、トヨタ自動車株式会社、株式会社トヨタIT開発センター、日本電信電話株式会社、株式会社NTTドコモは、このたび、Automotive Edge Computing Consortium(オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム)の創設に向けた活動を開始します。このコンソーシアムでは、インテリジェントな車両制御、リアルタイムデータを用いた地図生成、クラウド・コンピューティングによる運転支援など、今後、コネクティッドカーの実現に向け必要となる様々なサービスを支える基盤づくりを推進します。

コネクティッドカーとクラウド・コンピューティングの間で送受信される1ヶ月あたりのデータ量は、2025年には現在の約1万倍にあたる10エクサバイトに達すると予想されています。この予想は、将来、分散型のネットワークや、膨大なデータ処理が可能な大容量の計算リソースやストレージを持つ新しいシステムアーキテクチャが必要となることを意味します。またこれらのアーキテクチャは、地域とグローバルでの連携が必要となるため、国際的な基準への対応が求められます。

この状況を踏まえ、本コンソーシアムでは、エッジ・コンピューティングや、より効率的なネットワーク構成技術などを活用することで、自動車とクラウド間のビッグデータの大容量通信と計算処理に重点的に取り組みます。また、主に自動車への搭載を想定した、モバイル機器の新しいユースケースの開発とその要件の定義を行い、関連する標準化団体、業界コンソーシアム、ソリューションプロバイダとの連携に活用していきます。さらに、最も効率的な分散・階層型コンピューティングの研究を推進していきます。

上記の創設メンバーは、今後数ヶ月間にわたって、グローバルに参加企業、研究機関を募りながら、本コンソーシアムを拡大して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/18135037

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


通信・情報処理領域の先端・応用研究を担うトヨタIT開発センターをトヨタ自動車に融合
2018年07月20日 15時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、ベンガルール市内の6つの地下鉄駅にて渋滞緩和と駅へのアクセス性向上を目指すプロジェクトを実施
2018年07月20日 14時00分
 
トヨタ創業者 豊田喜一郎が米国自動車殿堂入り
2018年07月20日 13時00分
 
トヨタ自動車、車両データを活用した道路保守点検に関する実証実験を豊田市と開始
2018年07月18日 10時30分
 
トヨタ、垣根のない社会の実現に向けてスペシャルオリンピックス初の国際的なサッカー大会をサポート
2018年07月13日 08時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、「みんなで作る地域に合った移動の仕組み」を発行
2018年07月12日 15時00分
 
Toyota AI Ventures、ベンチャー企業向けファンドプログラム「Call for Innovation」を立ち上げ
2018年07月11日 21時00分
 
トヨタ、米Servco社とともにハワイ州でカーシェア「Hui」を開始、販売店主体でのカーシェアサービスを展開
2018年07月11日 08時00分
 
TOYOTA、「スープラ」で2019年のNASCARエクスフィニティ・シリーズに参戦
2018年07月06日 09時00分
 
トヨタ自動車、カーリースを利用する法人のお客様向けに、法人メンテナンス制度「あんしんプラス」を新設
2018年07月02日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>