2017年08月30日 14時10分

Source: Toyota

トヨタ、Grab社と配車サービス領域での協業を開始


豊田, 2017年08月30日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、トヨタファイナンシャルサービス(株)(以下、TFS)、あいおいニッセイ同和損害保険(株)(以下、AD)とともに、東南アジアにおける配車サービス大手Grab, Inc.(以下、Grab社)と、東南アジア地域において、配車サービス領域で協業を開始した。

Grab社は東南アジアの幅広い地域で、個人間のライドシェアおよびタクシー配車サービス、ドライバー向けレンタカーサービスといったオンデマンド輸送サービスを展開しており、7か国87都市で、アプリのダウンロード数は5500万回超、登録ドライバー数は120万人超と急成長している。

トヨタは、当該レンタカー車両におけるテレマティクス保険や、Grabドライバー向け金融サービス、データ連動したトヨタディーラーの保守メンテナンスなど、各種コネクティッドサービスの提供を視野に、Grab社が保有するレンタカー車両100台に、通信型ドライブレコーダー「TransLog」を搭載し、車両データを収集・分析する。トヨタは、「TransLog」を車両に搭載し、収集した車両情報を活用したサービスをフリートユーザーに提供する取り組みを進めており、本協業が東南アジアでは初となる。

今回の合意にあたり、トヨタの専務役員で「コネクティッドカンパニー」プレジデントの友山茂樹は「Grab社との協業を実現することで、東南アジア地域においても安心、便利で、魅力的なモビリティサービスをお客様にお届けすべく、検討を進めていきたい」と述べた。

Grab社CEOのAnthony Tan(アンソニー・タン)氏は「トヨタは自動車業界のグローバルリーダーであり、トヨタのクルマは、東南アジア各国のGrabドライバーからも大きな支持を得ている。今回の協業を通じ、トヨタとともに、Grabドライバーにより良いコネクティッドサービスを広めていけることをうれしく思う。今後も、トヨタと様々な形で協業していきたい」と語った。

トヨタは、モビリティの管理・利用・分析など様々な機能を包括的に備えたプラットフォームとして構築中の「モビリティ・サービス・プラットフォーム(以下、MSPF*1)」を通じて、未来のモビリティ社会を創造すべく、様々な事業者とオープンに連携し、安心、便利で、魅力的なモビリティサービスをお客様にお届けしていく。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/18339531

*1 MSPFの詳細はこちら http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14096246/

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


TOYOTA、新型車LS 受注状況について
2017年11月20日 13時30分
 
TOYOTA、新ナビゲーションオプションを発売
2017年11月20日 13時30分
 
トヨタとスズキ、インド市場向けEV投入に関する覚書を締結
2017年11月17日 17時00分
 
トヨタ、中国で車両電動化に向けた取り組みを加速
2017年11月17日 11時00分
 
トヨタ自動車、スペシャルオリンピックスグローバルパートナーに就任
2017年11月16日 20時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、障がい者(下肢麻痺者)向けの革新的な補装具の開発を支援する「モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ」を開始
2017年11月16日 14時00分
 
トヨタ、米国の先進安全技術研究センターにてコネクティッド並びに自動運転技術の社会的受容性に関する研究を新たに開始
2017年11月16日 09時00分
 
「トヨタ環境活動助成プログラム」2017年度の助成対象を決定
2017年11月15日 13時30分
 
TOYOTA、アクアに特別仕様車を設定
2017年11月14日 13時30分
 
TOYOTA、「ピクシス バン」をマイナーチェンジ、「ピクシス トラック」を一部改良
2017年11月14日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>