2017年09月01日 11時00分

Source: NEC Corporation

NEC、ERPソリューション「EXPLANNERシリーズ」を強化

業種適合性の強化とクラウド活用を推進

東京, 2017年09月01日 - (JCN Newswire) - NECは、ERPソリューション「EXPLANNERシリーズ」において、基幹業務パッケージ「EXPLANNER/Ai」の後継製品として製造業向けの機能を強化し、業種を問わず共通的に利用できる生産・原価・販売・債権・債務・会計領域の統合ERPシステム「EXPLANNER/Z」を本日から販売開始します。

今回の強化のポイントは(1)業種ごとの適合性を強化、クラウド環境への移行に柔軟に対応、(2)AI・IoT活用ソリューションとの連携、(3)SI・販売体制強化、(4)日本マイクロソフト株式会社(以下 日本マイクロソフト社、注1)とのパートナー連携強化です。これらの強化によりEXPLANNERシリーズは、幅広い業種における基幹業務の全領域をカバーし、企業の持続的な成長・業務拡張に貢献します。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、これらの新製品・サービスを提供することで、企業や団体における情報基盤の安心で安全な利用を支援します。

【EXPLANNERシリーズの強化ポイント】

1.業種ごとの適合性を強化し、クラウド環境への移行に柔軟に対応可能

多様な業種に最適なERPシステムを、各業種の業務領域ごとに整備したコンポーネント(業種テンプレートや業務アプリケーション)を組み合わせて構築可能です。システムを構成する業務アプリケーションは、コンポーネント構造で提供可能なため、必要なコンポーネントを適宜組み合わせて、クラウド、オンプレミスなどの環境を問わず、各企業の要件に適したERPシステムの利用を迅速、かつ最小限のSIコストで実現します。まずは、卸売業や製造業を対象とし、今後、パートナー企業と連携した「コンポーネント流通制度」(注2)により順次拡大していきます。なお、「EXPLANNER/Z」は生産・原価・販売・債権・債務・会計の機能を有しており、130万円~(税別、利用人数に応じてユーザーライセンスが別途必要)提供します。

また、クラウド環境への移行をサポートする以下のメニューを新規に提供します。

■サービス名称
:概要
:価格(税別)

■プライベート型SaaS
:カスタマイズなど要件に対応する柔軟性と、ネットワーク等業務量応じた占有環境の確保など、各企業に適したSaaSモデルを提供。
:5ユーザ20万円/月~

■IaaS利用ユーザ向けメニュー
:IaaS上でEXPLANNER/Zを利用するユーザ向けに、月額利用型ライセンスを提供します。
:5ユーザ5万円/月~

2.AI・IoT活用ソリューションとの組み合わせにより、業務効率化や、より精度の高い経営・業務判断を支援

EXPLANNERシリーズと連携する以下の各種AI・IoT活用ソリューションを提供します。経営・業務判断に必要なデジタルデータを活用し、EXPLANNERシリーズと連携することで、ビジネスの変化に対応したスピーディな意思決定を支援します。

<EXPLANNER AI・IoT活用ソリューション>
- 商品需要予測ソリューション
- 在庫可視化ソリューション(モノづくりIoTソリューション)
- 自動応答を活用した受注効率化ソリューション
- 顔認証PCセキュリティ「NeoFace Monitor」
- 勤怠管理システム「勤革時」

3.SI・販売体制の強化

今回、ソリューション強化とともに開発・販売体制についても強化し、お客様へのサポートサービスの強化を図ります。販売体制については、NECソリューションイノベータ、NECネクサソリューションズ、などグループ各社との連携を強化し、NECグループでEXPLANNERの営業要員を従来の2倍となる約1000名規模に拡充します。またSI体制についてはSEを従来の2倍となる300名に強化します。さらに、販売店に対するEXPLANNERパートナー制度(注3)などのサポート体制も強化しお客様への適切なサポートを行っていきます。

4. 日本マイクロソフト社とのパートナー連携強化

「EXPLANNER/Z」のIaaS利用環境として日本マイクロソフト社のMicrosoft AzureをNEC cloud IaaSに加えてサポートします。日本マイクロソフト社との戦略協業(注4)に基づき、Microsoft AzureとNECの豊富な業種、業務系ノウハウとの組み合わせにより、お客様のビジネスにおけるクラウド活用を強力に支援します。また、データ プラットフォーム「SQL Server」のレポート機能「SQL Server Reporting Services (SSRS)」、データの可視化・分析などの経営ダッシュボード「Power BI」を新規に採用するなど、最新のインフラ環境で長期間ご利用いただけるよう、製品においても連携を強化します。

この他、専門性の高いニーズを有する特定の業種については、従来通り、個別受注製造業向け「EXPLANNER/J」、自動車部品製造業向け「EXPLANNER/Ja」、建設業向け「EXPLANNER/C」などの業種に特化した製品と組み合わせ、業種ごとに最適なERPソリューションを提供します。

今回の発表にあたり、日本マイクロソフト社 執行役員常務 パートナー事業本部長 高橋様より、以下のエンドースメントを頂戴しております。

「新EXPLANNERシリーズ」の販売開始を心からお祝い申し上げます。
日本マイクロソフトは、NEC様とのクラウド分野における協業を強化してまいりました。「新EXPLANNERシリーズ」における Microsoft Azure・SQL Server・Power BIの採用は、その活動成果の一環といえます。NEC様の業種業務ノウハウとマイクロソフトのインテリジェントクラウドのテクノロジが、お客様のERPソリューションの活用を促進し、更なる業務改革に貢献すると期待しております。今後も、日本マイクロソフトは、NEC様との協業により、中堅企業に新たな価値をお届けしてまいります。
日本マイクロソフト株式会社
執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋 美波

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://jpn.nec.com/press/201709/20170901_01.html

(注1)本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也
(注2)コンポーネント流通制度:個別SIで個社ごとに作成したアプリケーションをNECが一元管理し、パートナーが自由に選択し再利用できるようにする制度。
(注3)EXPLANNERパートナー制度:EXPLANNER拡販を目的としたNECとパートナー間の支援契約。販促支援、技術支援、プロモーション連携などによりパートナーとの協業を図る。
(注4) NECと日本マイクロソフト、クラウド領域における戦略協業を強化、国内最大級のMicrosoft Azure販売体制へ
http://jpn.nec.com/press/201706/20170615_01.html 

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC 産業ソリューション事業部 EXPLANNER部
電話:(03)3798-6844

Source: NEC Corporation
セクター: メディア, ITエンタープライズ

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発、Boxと共同で拡販活動を開始
2017年11月17日 11時00分
 
NECとシーイーシー、印刷出力環境を問わないセキュアな印刷基盤の実現に向け協業
2017年11月16日 11時00分
 
NEC、LoRaWANに準拠したネットワークサーバを提供開始
2017年11月15日 11時00分
 
NEC、三井住友銀行と音声サービス「Amazon Alexa」に対応したシステムを構築
2017年11月15日 11時00分
 
NEC、ワシントンD.C.に渉外拠点を新設
2017年11月14日 11時00分
 
NEC、関西テレビ放送の局内ネットワーク基盤をSDNで構築
2017年11月13日 11時00分
 
ニチイ学館とNEC、医療・介護分野で業務提携
2017年11月10日 10時00分
 
NEC、AI(人工知能)技術を活用したBTO製品の高精度な需要予測を開始
2017年11月08日 10時50分
 
NEC、「デジタルトランスフォーメーション」への取り組みを強化
2017年11月08日 10時30分
 
NEC、検証から導入、活用までをトータルに支援するAI活用プラットフォームを販売開始
2017年11月08日 10時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>