2017年09月11日 13時30分

Source: Sony

ソニー、家庭で高精細な映像を楽しめる4K HDR対応 ホームシアタープロジェクター2機種発売

レーザー光源を採用し小型化も実現した高画質モデルと普及価格モデル

東京, 2017年09月11日 - (JCN Newswire) - ソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR※対応ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネル(※1)を搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品2機種を発売します。

『VPL-VW745』は、レーザー光源システムZ-Phosphor(TM)を搭載しながら、従来のレーザー搭載モデルより約40%(※3)小型化(※2)を実現したモデルです。『VPL-VW245』は、お求めやすい価格ながら4K HDRの映像美を存分に楽しめるモデルです。

※HDRとは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で、通常の放送などで使用されているSDR(スタンダードダイナミックレンジ)信号に比べ、広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるようになります。これにより、白とびしてしまいがちな明るい部分の色味や潰れてしまいがちな暗部の階調も再現し、肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のある映像を再現できます。

※1: ネイティブ4K SXRDパネル:「有効885万画素(水平4,096×垂直2,160画素)」を持つパネルのこと。
※2: 外形寸法(幅×高さ×奥行mm): 560×223×496(突起部含まず)
※3: 従来機種『VPL-VW5000』の奥行約880mmとの比較。

4K HDR ホームシアタープロジェクター

(型名)『VPL-VW745』
(カラー)ブラック
(発売日)12月9日
(メーカー希望小売価格)1,700,000円+税

(型名)『VPL-VW245』
(カラー)ブラック、プレミアムホワイト
(発売日)10月21日
(メーカー希望小売価格)550,000円+税

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201709/17-0911/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony


Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、高性能動画AFを実現、プロからハイアマチュアまでの需要に応える4Kカムコーダー3機種発売
2017年09月20日 10時30分
 
ソニー: 4K 3Dビデオ技術搭載の手術用顕微鏡システムの開発について
2017年09月19日 13時30分
 
ソニー、新開発8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステム発売
2017年09月15日 17時00分
 
ソニー、IBC 2017 出展について
2017年09月15日 17時00分
 
ソニー、映画やライブ、ゲームを臨場感あるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー発売
2017年09月14日 13時30分
 
ソニー、世界最速0.03秒の高速AFとAF/AE追従最高約24コマ/秒を実現した『RX10 IV』発売
2017年09月13日 13時30分
 
ソニー、機会を逃さず録音できる小型・軽量ICレコーダー、正方形デザインで遠隔操作も可能な『ICD-TX800』発売
2017年09月12日 13時30分
 
ソニー、マイク端子も搭載、スマートフォンの音楽を大音量で楽しめる大型ワイヤレススピーカー「SRS-XB60」発売
2017年09月12日 13時00分
 
ソニー、新開発36×24mmフルフレームセンサー搭載のCineAltaカメラ最上位機種『VENICE』発売
2017年09月07日 10時30分
 
ソニー、フラッグシップWM1シリーズの技術要素を取り入れたウォークマン(R)新ZXシリーズ発売
2017年09月05日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>