2017年09月11日 13時30分

Source: Sony

ソニー、家庭で高精細な映像を楽しめる4K HDR対応 ホームシアタープロジェクター2機種発売

レーザー光源を採用し小型化も実現した高画質モデルと普及価格モデル

東京, 2017年09月11日 - (JCN Newswire) - ソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR※対応ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネル(※1)を搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品2機種を発売します。

『VPL-VW745』は、レーザー光源システムZ-Phosphor(TM)を搭載しながら、従来のレーザー搭載モデルより約40%(※3)小型化(※2)を実現したモデルです。『VPL-VW245』は、お求めやすい価格ながら4K HDRの映像美を存分に楽しめるモデルです。

※HDRとは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で、通常の放送などで使用されているSDR(スタンダードダイナミックレンジ)信号に比べ、広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるようになります。これにより、白とびしてしまいがちな明るい部分の色味や潰れてしまいがちな暗部の階調も再現し、肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のある映像を再現できます。

※1: ネイティブ4K SXRDパネル:「有効885万画素(水平4,096×垂直2,160画素)」を持つパネルのこと。
※2: 外形寸法(幅×高さ×奥行mm): 560×223×496(突起部含まず)
※3: 従来機種『VPL-VW5000』の奥行約880mmとの比較。

4K HDR ホームシアタープロジェクター

(型名)『VPL-VW745』
(カラー)ブラック
(発売日)12月9日
(メーカー希望小売価格)1,700,000円+税

(型名)『VPL-VW245』
(カラー)ブラック、プレミアムホワイト
(発売日)10月21日
(メーカー希望小売価格)550,000円+税

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201709/17-0911/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony


Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニーマーケティング、Disneyキャラクターのさまざまなデザインの中から選べるソニーストアオリジナルのウォークマンSシリーズを販売開始
2017年11月16日 13時30分
 
ソニー、4Kライブ映像制作に対応したスイッチャーの最上位機種発売
2017年11月15日 12時20分
 
ソニー、声優ユニット「スフィア」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマンとワイヤレスヘッドホンを販売開始
2017年11月10日 10時45分
 
ソニー、「AI×ロボティクス」の取り組みについて
2017年11月01日 11時40分
 
ソニー、エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売
2017年11月01日 11時40分
 
ソニー、2017年度第2四半期連結業績を発表
2017年10月31日 15時30分
 
JCT-VC STANDARDS COMMITTEEが2017年エミー賞(R)を受賞
2017年10月26日 15時30分
 
ソニーがエミー賞(R)の技術部門賞『フィロ・ファーンズワース賞』を受賞
2017年10月26日 15時30分
 
ソニー、声で音楽再生などの操作可能、ソニー初Googleアシスタント搭載スマートスピーカー発売
2017年10月26日 13時30分
 
ソニー、本格的な静止画・動画撮影に対応、中望遠までカバーの小型軽量Gレンズ(TM)『FE 24-105mm F4 G OSS』発売
2017年10月25日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>