2017年09月14日 11時10分

Source: Fujitsu Ltd

富士通: わたぼうしの家様、介護業界初となる音響センシングによる「居住者の見守りソリューション」を導入

IoTを活用し、介護サービスの品質向上と施設職員の業務負荷軽減を実現

東京, 2017年09月14日 - (JCN Newswire) - 当社は、介護施設を運営するNPO法人わたぼうしの家(所在地:北海道釧路市、代表理事:工藤 洋文、以下、わたぼうしの家)様に、音響センシングを活用して居住者を24時間365日見守る「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE(ユビキタスウェア)居住者の見守りソリューション(以下、居住者の見守りソリューション)」を導入し、2017年10月からサービスを開始します。音響センシングによるプライバシーに配慮した見守りサービスの本格導入は介護業界で初めてです。

わたぼうしの家様は、施設職員による24時間365日の見守りサービスの提供に取り組んできましたが、対応できる施設職員の確保や、夜間の緊急呼び出しなどによる業務負荷の増大が課題となっていました。

「居住者の見守りソリューション」は、音響センサーなどを搭載した専用装置「リモートケアベース」を居室内に設置し、居室内で発生する生活音を独自のアルゴリズムで解析することによって、居住者の状況を把握します。会話の録音やカメラ撮影などを伴わないため、プライバシーに配慮しながら居住者の見守りを実現できます。また、看護師の資格を持った専門スタッフが常駐する、当社グループのコールセンター(注1)が24時間365日対応するため、安否確認や夜間の見守りも、本ソリューションで対応でき、コスト削減やスタッフの負担軽減につながります。

本ソリューションを導入することで、わたぼうしの家様は提供サービスの品質向上だけでなく、施設職員による夜間の施設常駐を不要にすることで、施設職員の業務負担の軽減と、夜間の施設運営コストを約80%削減できます。

当社は、今回の「居住者の見守りソリューション」の導入実績から得られた知見やノウハウを生かし、介護業界などのお客様に向けサービスの拡充などを図っていきます。

背景

介護業界では、昨今の超高齢化社会の進展を受け、今後見込まれる要介護者の増加に対して介護人材が大幅に不足する恐れがあることから、介護人材のさらなる育成と確保が急務になっています。

北海道釧路市でデイサービス、グループホーム、グル―プリビングの3つの介護施設を運営しているわたぼうしの家様は、グループリビング施設「ほがら館」において、施設職員による24時間365日の見守りサービスの提供に取り組んできましたが、対応できる施設職員の確保や、夜間の緊急呼び出しなどによる業務負荷の増大が課題となっていました。

導入したソリューションの特長

音響や温湿度センサー、人感センサーを搭載した専用装置「リモートケアベース」を各居室に設置し、センシングした生活音や温湿度などを独自のアルゴリズムで解析することによって居住者の状況を常に把握し、異常発生時の早期発見を実現します。異常を検知した際は、看護師が24時間365日常駐する当社グループのコールセンターが「リモートケアベース」経由の通話によって居住者の状況を確認し、必要に応じて施設職員への連絡も行います。

これにより、わたぼうしの家様は施設職員を夜間常駐させなくても居住者の見守りが実現可能になるとともに、夜間の施設運営コストを約80%削減できるようになります。

1. センシングした生活音などを解析し、プライバシーに配慮した見守りを実現
センシングした生活音や人の気配を富士通独自のアルゴリズムで解析します。これにより、プライバシーに関する情報を活用することなく居住者の状況を把握することが可能です。また、温湿度センサーによって居室内の暑さ指数を推定できます。異常を検知した際は、看護師が24時間365日対応するコールセンターから通話による安否確認を行うとともに、必要に応じて施設職員への連絡を行います。

2. 居住者からの緊急通報・健康相談受付に対応
「リモートケアベース」を介して、居住者からの緊急通報をコールセンターで受け付けます。また、センシングした居住者の咳やいびきなどの音響データを解析することで把握できる居住者の睡眠状況や健康状態に基づいて、コールセンターの看護師が居住者の健康相談に応じます。

3. コールセンターからの定期的な状況確認連絡
月に1回、コールセンターから居住者に電話をかけ、健康状態を確認します。コールセンターの看護師は、居住者の咳やいびきの回数などの音響を解析したデータに基づいて対話を行います。

今後の展望

わたぼうしの家様は、「居住者の見守りソリューション」の導入によって、居住者へのサービス品質の向上と、介護職員の業務負担軽減による職場満足度の向上を図っていくとともに、運営するほかの施設への横展開を検討していきます。

当社は、今回の「居住者見守りソリューション」の導入実績から得られた知見やノウハウを生かし、介護業界などにおけるさらなる事業展開を推進していきます。

NPO法人わたぼうしの家 事務長 下山 泰史氏のコメント

超高齢化社会への貢献、および安心・安全で快適な生活を提供することによる居住者サービス向上の実現に向け、看護師が対応するコールセンターによる24時間365日の見守りサービスを受けられる「居住者の見守りソリューション」を導入しました。介護人材の不足から、負担が重くなる夜間の業務にも対応できる施設職員を確保するのが困難な状況の中、本ソリューションにより居住者様に大きな安心を提供できることに加え、当NPO法人の施設運営にとっても大きな役割を果たすものと考えています。

また本ソリューションは、居住者のプライバシーに配慮した音響センシングによる見守りという今までにない先進的なものです。ほかの施設でも導入いただき、お年寄りが安心して生活できる施設が増えることを期待します。

注釈
注1 当社グループのコールセンター:
富士通ソーシャルライフシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 政法)が運営。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/09/14.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、一般データ保護規則(GDPR)対応により個人データ保護強化を推進
2018年01月19日 17時00分
 
能楽協会主催「能楽フェスティバル2017-2020『第3回シンポジウム』」において、富士通のダイバーシティ・コミュニケーションツール「LiveTalk」を活用
2018年01月19日 11時00分
 
富士通、働き方改革を加速する手のひら静脈認証の大規模な社内活用を開始
2018年01月18日 11時00分
 
伊達市と富士通、遊休車両を有効活用した乗合送迎サービスの実証実験を開始
2018年01月17日 11時00分
 
富士通、法人向けタブレット・パソコンなど8シリーズ20機種を新発売
2018年01月16日 10時00分
 
信濃毎日新聞社と富士通、多様なメディア配信に活用可能なAIによる自動記事要約システムを実現
2018年01月15日 13時00分
 
NEDOと富士通、ネットワークの通信データを欠損なく収集・蓄積する技術を開発
2018年01月10日 11時00分
 
富士通、遠隔見守りで迅速な対応と介護スタッフの業務効率化を実現する「リモートモニタリングサービス」を提供開始
2018年01月09日 11時00分
 
KDDI・ゼンリン・富士通、自動運転向け「ダイナミックマップ」の生成・配信技術の実証実験を開始
2017年12月26日 11時00分
 
富士通、AIアシスタント機能を搭載した個人向けデスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」2機種を新発売
2017年12月26日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>