2017年09月15日 13時00分

Source: Hitachi

日立、情報セキュリティ体制の強化について


東京, 2017年09月15日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、2017年10月1日付で情報セキュリティ体制を強化します。社会イノベーション事業を展開する日立グループは、IoTの進展やサイバーセキュリティ脅威の増加等から、情報セキュリティガバナンスを最も重要な経営課題の一つと位置づけています。日立グループ全体の情報セキュリティガバナンスを一括して推進するため、執行役社長兼CEO直轄のCISO(Chief Information Security Officer)と、CISOが管掌する情報セキュリティリスク統括本部を設置・独立させ、情報セキュリティ体制を拡張・強化します。

日立は、これまでも機密情報や個人情報等について、高いレベルでのセキュリティ対策、管理を行ってきました。このたび設置するCISOおよび情報セキュリティリスク統括本部は、社内のIT施策を担うCIO*およびIT統括本部から独立し、日立グループのネットワークにつながる全ての製品や社内設備を対象に、情報セキュリティガバナンスを行います。なお、CISOには執行役副社長の西野 壽一が就任する予定です。CISOおよび情報セキュリティリスク統括本部を中心に、サイバーリスク対策の技術を統括しつつ、最新の動向を踏まえたセキュリティ対策のPDCAを実行していきます。そして、得られた知見を製品・企業システム・サービスに反映させて、お客さまに提供していきます。

また、日立は大みか事業所(茨城県日立市)内に開設したサイバー攻撃の総合訓練・検証施設において、重要インフラの制御システムを手がけてきた経験やノウハウ、最新のIT技術を活用し、社内外の情報セキュリティ人財の育成にも取り組みます。日立は情報セキュリティ体制の強化を通じて、社会全体の情報セキュリティに貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2017/09/0915.html

* CIO: Chief Information Officer

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: 水, ITエンタープライズ, 自動車全般, エネルギー, 航空宇宙・防衛

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、最適な生産計画の自動立案と3D作業手順書を自動生成するシステムをIoTプラットフォーム「Lumada」のソリューションコアとして提供開始
2017年10月17日 11時00分
 
日立、自社オフィス外で初のサテライトオフィス「@Terrace」を開設
2017年10月13日 12時00分
 
日立とダイセル、経営情報から製造現場の状況までのKPIを一元的に見える化する経営・製造ダッシュボードを開発
2017年10月12日 13時00分
 
日立と日立オートモティブシステムズ、車載用に大容量直流電力線の通信技術を開発
2017年10月11日 11時00分
 
日立、新材料開発の期間・コストの削減を支援する「材料開発ソリューション」を提供開始
2017年10月11日 11時00分
 
日立、社会インフラの制御システムにおけるサイバー攻撃発生時に事業継続可否の判断を可能とするソリューションを提供開始
2017年10月10日 15時00分
 
日立、不審なドローンを迅速に発見するドローン検知システムを提供開始
2017年10月06日 11時00分
 
日立、ブロックチェーンにおけるセキュアな取引を実現する生体認証技術を開発
2017年10月05日 11時00分
 
トヨタと日立がIoTプラットフォームを活用した高効率生産モデル構築に向けて協創開始
2017年10月04日 13時30分
 
日立とサムスンが超音波診断装置の日本における販売で合意
2017年10月04日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>