2017年09月15日 17時00分

Source: Sony

ソニー、新開発8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステム発売

8K映像の活用により4K映像表現の可能性も広げ、4K/8K制作環境の普及を推進

東京, 2017年09月15日 - (JCN Newswire) - ソニーは、新開発1.25型8K イメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステムを発売します。イメージセンサーとプリズムの組み合わせにより、高解像度8K(7680×4320)で最大120pの高速撮影や、広色域でハイダイナミックレンジ(HDR)に対応した映像撮影が可能です。スポーツシーンからエンタテインメント、学術映像に至るまで、幅広い用途で豊かな映像表現を実現します。

『UHC-8300』は4K映像やHD映像の制作用途にも幅広く使えるよう、8K/4K/HD信号の同時出力に対応しています。お持ちの4K/HD制作機器と連携したシステム構築も可能です。また、8K映像から任意の4K映像を切り出して運用できる4Kカットアウト機能を搭載し、4K映像表現の可能性や制作の用途がより広がります。また、B4レンズアダプター(※1)と組み合わせれば、将来的にはB4マウントレンズが装着できるため、スポーツシーンなど高倍率のレンズが必要な制作現場においても、撮影に適した4Kレンズを幅広い選択肢から選べます(※2)。

※1:B4レンズアダプターは現時点で販売されていません(2017年9月15日 広報発表時において)。
※2:レンズとの組み合わせによっては、8K解像度の撮影ができない場合があります。

1.25型8K 3板式カメラシステム
(型名)『UHC-8300』
(受注開始月)2017年10月
(メーカー希望小売価格)
参考予定システム価格 48,000,000円+税(構成※により変化します)

※本価格は、『UHC-8300』 本体と、カメラコントロールユニット『UHCU-8300』で構成した場合のシステム価格の一例です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201709/17-086/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony


Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、高性能動画AFを実現、プロからハイアマチュアまでの需要に応える4Kカムコーダー3機種発売
2017年09月20日 10時30分
 
ソニー: 4K 3Dビデオ技術搭載の手術用顕微鏡システムの開発について
2017年09月19日 13時30分
 
ソニー、IBC 2017 出展について
2017年09月15日 17時00分
 
ソニー、映画やライブ、ゲームを臨場感あるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー発売
2017年09月14日 13時30分
 
ソニー、世界最速0.03秒の高速AFとAF/AE追従最高約24コマ/秒を実現した『RX10 IV』発売
2017年09月13日 13時30分
 
ソニー、機会を逃さず録音できる小型・軽量ICレコーダー、正方形デザインで遠隔操作も可能な『ICD-TX800』発売
2017年09月12日 13時30分
 
ソニー、マイク端子も搭載、スマートフォンの音楽を大音量で楽しめる大型ワイヤレススピーカー「SRS-XB60」発売
2017年09月12日 13時00分
 
ソニー、家庭で高精細な映像を楽しめる4K HDR対応 ホームシアタープロジェクター2機種発売
2017年09月11日 13時30分
 
ソニー、新開発36×24mmフルフレームセンサー搭載のCineAltaカメラ最上位機種『VENICE』発売
2017年09月07日 10時30分
 
ソニー、フラッグシップWM1シリーズの技術要素を取り入れたウォークマン(R)新ZXシリーズ発売
2017年09月05日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>