2017年09月15日 17時00分

Source: Sony

ソニー、新開発8Kイメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステム発売

8K映像の活用により4K映像表現の可能性も広げ、4K/8K制作環境の普及を推進

東京, 2017年09月15日 - (JCN Newswire) - ソニーは、新開発1.25型8K イメージセンサーを搭載した8K 3板式カメラシステムを発売します。イメージセンサーとプリズムの組み合わせにより、高解像度8K(7680×4320)で最大120pの高速撮影や、広色域でハイダイナミックレンジ(HDR)に対応した映像撮影が可能です。スポーツシーンからエンタテインメント、学術映像に至るまで、幅広い用途で豊かな映像表現を実現します。

『UHC-8300』は4K映像やHD映像の制作用途にも幅広く使えるよう、8K/4K/HD信号の同時出力に対応しています。お持ちの4K/HD制作機器と連携したシステム構築も可能です。また、8K映像から任意の4K映像を切り出して運用できる4Kカットアウト機能を搭載し、4K映像表現の可能性や制作の用途がより広がります。また、B4レンズアダプター(※1)と組み合わせれば、将来的にはB4マウントレンズが装着できるため、スポーツシーンなど高倍率のレンズが必要な制作現場においても、撮影に適した4Kレンズを幅広い選択肢から選べます(※2)。

※1:B4レンズアダプターは現時点で販売されていません(2017年9月15日 広報発表時において)。
※2:レンズとの組み合わせによっては、8K解像度の撮影ができない場合があります。

1.25型8K 3板式カメラシステム
(型名)『UHC-8300』
(受注開始月)2017年10月
(メーカー希望小売価格)
参考予定システム価格 48,000,000円+税(構成※により変化します)

※本価格は、『UHC-8300』 本体と、カメラコントロールユニット『UHCU-8300』で構成した場合のシステム価格の一例です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201709/17-086/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony


Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニーマーケティング、Disneyキャラクターのさまざまなデザインの中から選べるソニーストアオリジナルのウォークマンSシリーズを販売開始
2017年11月16日 13時30分
 
ソニー、4Kライブ映像制作に対応したスイッチャーの最上位機種発売
2017年11月15日 12時20分
 
ソニー、声優ユニット「スフィア」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマンとワイヤレスヘッドホンを販売開始
2017年11月10日 10時45分
 
ソニー、「AI×ロボティクス」の取り組みについて
2017年11月01日 11時40分
 
ソニー、エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売
2017年11月01日 11時40分
 
ソニー、2017年度第2四半期連結業績を発表
2017年10月31日 15時30分
 
JCT-VC STANDARDS COMMITTEEが2017年エミー賞(R)を受賞
2017年10月26日 15時30分
 
ソニーがエミー賞(R)の技術部門賞『フィロ・ファーンズワース賞』を受賞
2017年10月26日 15時30分
 
ソニー、声で音楽再生などの操作可能、ソニー初Googleアシスタント搭載スマートスピーカー発売
2017年10月26日 13時30分
 
ソニー、本格的な静止画・動画撮影に対応、中望遠までカバーの小型軽量Gレンズ(TM)『FE 24-105mm F4 G OSS』発売
2017年10月25日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>