2017年10月08日 08時30分

Source: Fujitsu Ltd

国際体操連盟と富士通、体操競技の採点支援システムの実用化に向けて提携


東京, 2017年10月08日 - (JCN Newswire) - 体操競技や新体操などの競技を統括する国際団体である国際体操連盟(本部:スイス ローザンヌ、会長:渡辺守成)と、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)は、体操競技における採点支援システムの実用化に共同で取り組むことで合意しました。国際体操連盟と富士通は、体操競技において、より公平かつ正確でリアルタイムな採点支援を実現することを目指し、2020年の実用化に向け、共同でデータ取得や実証実験などを進めていきます。

富士通は2016年より、株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)および日本体操協会と、体操競技における採点支援技術の共同研究を行っています。今般、本技術をベースとして体操競技における採点支援システムの実用化を進め、より公平かつ正確でリアルタイムな採点支援を実現するため、世界各国や地域の体操関連団体を統括し、競技規則の制定や国際大会を主催する国際体操連盟と富士通が提携しました。

この提携に基づき、富士通は10月2日から10月8日にカナダ(モントリオール)で開催されている「第47回世界体操競技選手権大会」において、同システムの開発に必要な競技データの取得を国際大会で初めて行いました。

今後の予定

2020年に本システムを実用化することを目指し、国際大会に出場する競技者などの競技データの取得やシステム開発を進め、2018年にカタール(ドーハ)で開催予定の「第48回世界体操競技選手権大会」においてテスト使用を行います。

体操競技における採点支援システムの概要

本システムは、目視による判定に加え、3Dレーザーセンサーを活用して競技者の動作をセンシングし、数値データとして分析することで、より正確な判定を支援します。

注釈
注1 株式会社富士通研究所:
本社 神奈川県川崎市、代表取締役社長 佐々木 繁

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/10/8.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ
国際体操連盟
電話 +41 21 321 55 10
メール [email protected]

富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話 0120-933-200
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通:朝日生命がアフターサービス手続きの電子化を開始
2018年09月25日 15時00分
 
富士通、RPAの実証事業に関する連携協定を神奈川県と締結
2018年09月21日 10時00分
 
富士通研究所、業種業界を超えたデータ流通の信頼性を向上する技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、分散ストレージ上で大量データを高速処理する基盤技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、正解が少ないデータでも高精度に学習するAIの新技術「Wide Learning」を開発
2018年09月19日 12時00分
 
富士通と富士通研究所、ものづくり分野で設計データからシミュレーション結果をリアルタイムに予測する技術を開発
2018年09月19日 12時00分
 
富士通研究所と富士通、物理メモリを追加せずインメモリ処理性能を向上させるメモリ拡張技術の実証実験に成功
2018年09月19日 12時00分
 
富士通研究所と早稲田大学、「デジタルアニーラ」に関する包括的連携活動協定を締結
2018年09月19日 11時00分
 
理研・富士通・昭和大、AIを用いた胎児心臓超音波スクリーニングを実現
2018年09月18日 14時00分
 
富士通研究所、中分子創薬へ適用可能な組合せ最適化問題を解く技術を開発
2018年09月18日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>