2017年10月13日 09時30分

Source: Eisai

エーザイ・富山化学・大正製薬、抗リウマチ剤「コルベット(R)錠 25mg」の日本における製造販売承認の承継と販売移管に合意


東京, 2017年10月13日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)と富士フイルムグループの富山化学工業株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:岡田淳二、以下 富山化学)、大正製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:上原茂、以下 大正製薬)は、このたび、抗リウマチ剤「コルベット(R)錠 25mg」(一般名:イグラチモド)に関して、日本におけるエーザイによる製造販売承認の承継ならびにエーザイへの販売移管について合意したことをお知らせします。本剤は、富山化学が製造販売承認を取得しその製造を行い、販売権を有する大正製薬が大正富山医薬品株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:藤田憲一、以下 大正富山医薬品)にて販売を行っています。

本剤に関する富山化学の製造販売承認のエーザイによる承継、ならびに大正製薬および大正富山医薬品からエーザイへの販売の移管は、いずれも 2018 年 1 月 1 日に実施する予定です。なお、本剤の製造は引き続き富山化学が行います。

イグラチモドは、富山化学が創製した有効成分であり、主として免疫グロブリンや炎症性サイトカインの産生を抑制することにより抗リウマチ作用を示す疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)です。関節リウマチ患者を対象とした国内臨床試験においてイグラチモド単剤での有効性が確認されているほか、経口の抗リウマチ薬としては国内で初めて、関節リウマチの標準治療薬であるメトトレキサート(以下 MTX)との併用試験において、MTX 単剤治療で効果不十分な患者に対する有効性が確認された薬剤です。

イグラチモドについては、エーザイより「ケアラム(R)錠 25mg」、大正富山医薬品より「コルベット(R)錠 25mg」の製品名で、これまで販売および情報提供活動を行ってきました。このたびの製造販売承認の承継および販売移管により、日本国内におけるイグラチモドの販売は、エーザイが単独で行うこととなります。

エーザイ、富山化学、大正製薬および大正富山医薬品は、円滑なコルベット錠の製造販売承認の承継と販売移管に向けて協働してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201759pdf.pdf

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、エリブリンとペムブロリズマブ併用による転移性トリプルネガティブ乳がんを対象とした臨床第Ib/II相試験のアップデート解析について発表
2017年12月08日 11時00分
 
エーザイ、抗がん剤「レンビマ(R)」が台湾において肝細胞がんに係る適応拡大を申請
2017年12月06日 11時00分
 
エーザイ、中国における抗がん剤「ハラヴェン(R)」の新薬承認の再申請が受理
2017年11月29日 16時00分
 
エーザイ、第71回米国てんかん学会議にてペランパネルおよびルフィナミドに関する最新データを発表
2017年11月24日 10時00分
 
エーザイ、ドイツにおいて公的医療保険中央連合会との合意に基づき、抗てんかん剤「Fycompa(R)」の販売を12月に再開
2017年11月17日 15時00分
 
エーザイ、第10回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)にてaducanumabの臨床第Ib相試験の長期継続投与に関する最新データを発表
2017年11月06日 11時00分
 
エーザイ: 中国で抗がん剤「レンバチニブ」の肝細胞がんに係る適応による新薬承認申請が受理
2017年10月31日 11時00分
 
エーザイ、第10回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)において、最新の知見を発表
2017年10月31日 11時00分
 
エーザイ、中年期以降のもの忘れ改善薬「遠志(オンジ)の恵み(R)」新発売
2017年10月10日 10時00分
 
エーザイ、Biotoscana社と中南米における独占的ライセンス契約を締結
2017年10月04日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>