2017年11月06日 11時00分

Source: Eisai

エーザイ、第10回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)にてaducanumabの臨床第Ib相試験の長期継続投与に関する最新データを発表


東京, 2017年11月06日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、2017年11月1日から4日まで米国マサチューセッツ州ボストンで開催された第10回アルツハイマー病臨床試験会議(Clinical Trials on Alzheimer's Disease: CTAD)において、当社とバイオジェン・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、CEO:ミシェル・ヴォナッソス、以下 バイオジェン)がアルツハイマー病の治療薬として共同開発している aducanumab(抗アミロイドβ抗体)について、バイオジェンが実施中の臨床第Ib 相試験の長期継続投与に関する最新データの発表をしたことをお知らせします。2017 年 10 月 23 日に当社とバイオジェンは aducanumab の共同開発・共同販促に関するグローバルな提携契約に調印しています。

本学会において、実施中の臨床第Ib 相試験おける、漸増投与で最長 24 カ月および 3、6、10 ㎎/㎏の固定用量で最長 36 カ月の aducanumab 投与のデータを含む発表がされました。発表の概要は以下の通りです。

- 漸増用量群の 24 カ月長期継続投与において、アミロイドプラークの減少と臨床的な疾患進行率に対する持続的な有用性が示唆されました。
- 漸増用量群の 24 カ月長期継続投与では、固定用量群(3、6、10 ㎎/㎏)の同期間で観察された結果(用量依存的および時間依存的なアミロイドプラークの減少)との一貫性が見られました。
- 固定用量群(3、6、10 ㎎/㎏)の 36 カ月の長期継続投与の結果はこれまでに発表済みの臨床第Ib 相試験の解析と一貫性があり、進行中の早期アルツハイマー病を対象とした臨床第III相試験のデザインを支持するものです。

今回の長期継続投与に関する新たなデータを含む aducanumab の臨床第Ib 相試験でこれまでに得られたデータは、Aβ仮説に基づく創薬への確信をより強めるものであり、当社はバイオジェンとの共同開発をさらに進め、一日も早く Aβ仮説に基づく世界初の次世代 AD 治療剤の創出をめざします。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201764pdf.pdf

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、中国の新蘇州工場において固体剤生産棟が竣工
2018年01月11日 11時00分
 
バイオジェンとエーザイが多発性硬化症治療剤の共同販促を開始
2018年01月09日 13時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ」と「キイトルーダ」併用療法について米国FDAよりブレイクスルーセラピーの指定を受領
2018年01月09日 11時00分
 
エーザイ、抗がん剤レンバチニブが中国 国家食品薬品監督管理総局より肝細胞がんに係る適応について優先審査に指定
2017年12月27日 10時00分
 
エーザイ、BAN2401の早期アルツハイマー病を対象としたアダプティブ臨床第II相試験を18カ月のエンドポイントに向け継続
2017年12月22日 14時00分
 
エーザイ、小中高校生を対象とした、認知症を知り自分にできることを考えるための教材を販売開始
2017年12月18日 11時00分
 
エーザイ、「アリセプト(R)」が中国において高度アルツハイマー型認知症に関する適応追加の承認を取得
2017年12月13日 13時00分
 
エーザイ、エリブリンとペムブロリズマブ併用による転移性トリプルネガティブ乳がんを対象とした臨床第Ib/II相試験のアップデート解析について発表
2017年12月08日 11時00分
 
エーザイ、抗がん剤「レンビマ(R)」が台湾において肝細胞がんに係る適応拡大を申請
2017年12月06日 11時00分
 
エーザイ、中国における抗がん剤「ハラヴェン(R)」の新薬承認の再申請が受理
2017年11月29日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>