2017年11月15日 13時30分

Source: Toyota

「トヨタ環境活動助成プログラム」2017年度の助成対象を決定


豊田, 2017年11月15日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、「トヨタ環境活動助成プログラム」の2017年度助成対象として28件のプロジェクトを決定した。2000年のプログラム開始以来、18年間で累計360件、世界53の国と地域での助成となる。

このプログラムは、トヨタが1999年に「グローバル500賞*1」を受賞したことを記念し開始したもので、2015年発表した「トヨタ環境チャレンジ2050*2」の「チャレンジ6」“人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ”の一環でもある。

助成対象テーマは「生物多様性」と「気候変動」として公募し、海外プロジェクト支援枠、国内プロジェクト支援枠、国内小規模プロジェクト支援枠の3つの助成枠において、合計104件の申請があった。

選考にあたっては、継続・発展性、地域特性との調和性等を勘案し、1次選考、本選考を経て決定した。「海外プロジェクト支援枠」は“マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギースクールプロジェクト”等10件、「国内プロジェクト支援枠」は“沖縄ケラマ諸島チービシエリアのサンゴ礁再生環境づくりプロジェクト”等10件、「国内小規模プロジェクト支援枠」は“能登半島における絶滅危惧植物I類「ウミミドリ」の生息域外・保全プロジェクト”等8件が助成対象となった。なお、12月には、本年度の採択プロジェクト代表者出席のもと、東京で助成決定証授与式を開催する。また、来春には成果報告会も開催する予定である。

トヨタでは今後ともNPO等への各種支援を通じて、人と自然が共生する未来づくりに貢献していく方針である。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/19741453

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


通信・情報処理領域の先端・応用研究を担うトヨタIT開発センターをトヨタ自動車に融合
2018年07月20日 15時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、ベンガルール市内の6つの地下鉄駅にて渋滞緩和と駅へのアクセス性向上を目指すプロジェクトを実施
2018年07月20日 14時00分
 
トヨタ創業者 豊田喜一郎が米国自動車殿堂入り
2018年07月20日 13時00分
 
トヨタ自動車、車両データを活用した道路保守点検に関する実証実験を豊田市と開始
2018年07月18日 10時30分
 
トヨタ、垣根のない社会の実現に向けてスペシャルオリンピックス初の国際的なサッカー大会をサポート
2018年07月13日 08時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、「みんなで作る地域に合った移動の仕組み」を発行
2018年07月12日 15時00分
 
Toyota AI Ventures、ベンチャー企業向けファンドプログラム「Call for Innovation」を立ち上げ
2018年07月11日 21時00分
 
トヨタ、米Servco社とともにハワイ州でカーシェア「Hui」を開始、販売店主体でのカーシェアサービスを展開
2018年07月11日 08時00分
 
TOYOTA、「スープラ」で2019年のNASCARエクスフィニティ・シリーズに参戦
2018年07月06日 09時00分
 
トヨタ自動車、カーリースを利用する法人のお客様向けに、法人メンテナンス制度「あんしんプラス」を新設
2018年07月02日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>