2017年11月15日 13時30分

Source: Toyota

「トヨタ環境活動助成プログラム」2017年度の助成対象を決定


豊田, 2017年11月15日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、「トヨタ環境活動助成プログラム」の2017年度助成対象として28件のプロジェクトを決定した。2000年のプログラム開始以来、18年間で累計360件、世界53の国と地域での助成となる。

このプログラムは、トヨタが1999年に「グローバル500賞*1」を受賞したことを記念し開始したもので、2015年発表した「トヨタ環境チャレンジ2050*2」の「チャレンジ6」“人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ”の一環でもある。

助成対象テーマは「生物多様性」と「気候変動」として公募し、海外プロジェクト支援枠、国内プロジェクト支援枠、国内小規模プロジェクト支援枠の3つの助成枠において、合計104件の申請があった。

選考にあたっては、継続・発展性、地域特性との調和性等を勘案し、1次選考、本選考を経て決定した。「海外プロジェクト支援枠」は“マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギースクールプロジェクト”等10件、「国内プロジェクト支援枠」は“沖縄ケラマ諸島チービシエリアのサンゴ礁再生環境づくりプロジェクト”等10件、「国内小規模プロジェクト支援枠」は“能登半島における絶滅危惧植物I類「ウミミドリ」の生息域外・保全プロジェクト”等8件が助成対象となった。なお、12月には、本年度の採択プロジェクト代表者出席のもと、東京で助成決定証授与式を開催する。また、来春には成果報告会も開催する予定である。

トヨタでは今後ともNPO等への各種支援を通じて、人と自然が共生する未来づくりに貢献していく方針である。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/mail/19741453

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


WRC 第12戦 ラリー・スペイン プレビュー: ターマックとグラベルの両路面を走行する“ミックスサーフェス・ラリー”で今季5勝目を目指す
2018年10月19日 16時30分
 
トヨタ自動車、「2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を開催
2018年10月18日 13時00分
 
TOYOTA GAZOO Racing、2019年シーズンのWRC参戦ドライバーを決定
2018年10月17日 16時00分
 
WEC 2018-19スーパーシーズン第4戦 富士6時間レース 決勝: TOYOTA GAZOO Racing“母国”富士でTS050 HYBRIDがワン・ツー・フィニッシュ!
2018年10月14日 22時00分
 
TOYOTA、パッソをマイナーチェンジ
2018年10月10日 12時30分
 
トヨタ、ブエノスアイレス2018ユースオリンピックにモビリティパートナーとして参加
2018年10月05日 12時30分
 
ソフトバンクとトヨタ自動車、新しいモビリティサービスの構築に向けて戦略的提携に合意し、共同出資会社を設立
2018年10月04日 12時30分
 
トヨタ、組織改正および役員の担当変更・人事異動について
2018年09月28日 12時30分
 
トヨタとJR東日本、水素活用による鉄道と自動車のモビリティ連携の検討を開始
2018年09月27日 13時00分
 
トヨタ自動車、8月 生産・国内販売・輸出実績
2018年09月27日 12時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>