2017年11月15日 14時00分

Source: Fujitsu Ltd

理研と富士通、「京」が性能指標(HPCG)において3期連続で世界第1位を獲得

産業利用など実際のアプリケーションにおける高い性能を証明

東京, 2017年11月15日 - (JCN Newswire) - 理化学研究所(理研)と富士通株式会社は、スーパーコンピュータ「京(けい)」(注1)による測定結果で、産業利用など実際のアプリケーションで用いられる共役勾配法(注2)の処理速度の国際的なランキング「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」において、3期連続で世界第1位を獲得しました。ランキングは、HPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング:高性能計算技術)に関する世界最高峰の国際会議であるSC17(注3)で発表されました。

HPCGは、連立一次方程式の処理速度を競うLINPACK(注4)や、グラフ解析の性能を競うGraph500(注5)とは異なる視点で性能を評価する指標で、スーパーコンピュータの性能をより多くの視点から評価するための新しい国際的なベンチマークとして、2014年からランキングが発表されています。

測定には、「京」が持つ全計算ノード82,944台を用い、602.7TFLOPS(テラフロップス)(注6)という高いベンチマークのスコアを達成しました。このスコアはLINPACKで「京」より上位のスーパーコンピュータよりも高いことから、CPUの演算性能のみならずメモリやネットワークも含めたシステム全体としての性能バランスを重視して設計開発された「京」が、産業利用など実際のアプリケーションを非常に効率よく処理し、高い性能を発揮することを証明しています。

今回のHPCGでの第1位の獲得と、同じくSC17において発表されたTOP500(注7)第10位という結果と合わせて、幅広い分野のアプリケーションで成果を創出する「京」の総合性能の高さが、改めて実証されました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/11/15-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


九大・東工大・理研・富士通など、6期連続でスーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を獲得
2017年11月16日 14時00分
 
富士通、AIを活用した17種のオファリングを提供し、デジタル革新を支援
2017年11月16日 11時00分
 
富士通、最先端共同HPC基盤施設のスーパーコンピュータOakforest-PACSのストレージがIO-500で世界一位に認定
2017年11月16日 11時00分
 
富士通研究所、ブロックチェーン同士を安全につなげるセキュリティ技術を開発
2017年11月15日 11時00分
 
富士通、東北大学流体科学研究所様のスーパーコンピュータシステムを受注
2017年11月10日 11時00分
 
富士通、長野県において生徒の学習データを活用した新たな学びを創造する実証研究を開始
2017年11月09日 11時00分
 
富士通、ベトナムのデータセンター設計・構築・運用に関わるコンサルティング業務を受注
2017年11月09日 10時00分
 
Siemens Gamesa Renewable Energy様、富士通のAIソリューションを活用し、風力タービンの羽根の品質検査時間を大幅に短縮
2017年11月08日 10時40分
 
富士通、処理性能を最大約50%向上させた、基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」新シリーズを販売開始
2017年11月08日 10時30分
 
富士通、企業と顧客の接点にAIを活用して新たな価値を創出する顧客接点高度化ソリューション「CHORDSHIP」を販売開始
2017年11月08日 10時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>