2017年11月20日 11時30分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工など、H-100形ガスタービン低NOx実証試験に成功

全負荷運転で業界をリードする性能を実現

東京, 2017年11月20日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業、三菱重工コンプレッサ(MCO)、および三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の3社は、MHPSの出力12万kW・2軸のH-100形ガスタービンと最新の燃焼器技術を組み合わせた全負荷運転において、業界をリードする低NOx性能(一桁ppm)を発揮することを実証しました。これにより、三菱重工グループは、発電プラントに加え、MCOが製造する高効率な大型コンプレッサと組み合わせ、LNG(液化天然ガス)プラントにも革新的なソリューションの提供を可能としました。

三菱重工社長兼CEOの宮永俊一は、数ヵ月にわたり想定される運転モードをすべて考慮した検証試験を完了したことを受け、次のように述べています。「私たちは、生産性向上、設備構造の簡素化、安価なライフサイクルコストを通じて、LNGプラントにおける生産コストを低減するとともに、生産設備由来の大気汚染物質の抑制に貢献することができます。また、同ガスタービンは発電プラントにも適応でき、産業界へ革新的な技術をもたらすことができると確信しています。」

H-100形ガスタービンは、高効率で信頼性が高く、耐久性にも優れた、保守が容易な中規模出力タイプのガスタービンです。また、LNGプラントのコンプレッサを駆動させるうえで、2軸の特長を活かし、省スペースで可変速により幅広い範囲での運転が可能となり、従来よりも起動に必要な準備時間を短縮することができるなどの利点があります。

三菱重工グループは、エネルギーおよびオイル&ガス事業を通じて市場ニーズに応える多様な製品・技術のラインアップを統合・拡充していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.co.jp/news/story/171120.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工サーマルシステムズが循環加温ヒートポンプ「Q-ton Circulation」を中部電力と共同開発
2018年02月21日 15時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、ビーバーエアコンの2018年モデル全19機種を発売
2018年02月19日 11時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、省エネ・環境負荷抑制技術の表彰で3件を受賞
2018年02月09日 13時00分
 
三菱重工エンジニアリング、米国タンパ国際空港で全自動無人運転車両システム建設工事が完成
2018年02月08日 16時00分
 
三菱重工、次世代大型旅客機「777X」向け後部胴体パネルの初号機を出荷
2018年02月07日 16時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、エアコンのグローバル展開強化へ増産体制
2018年02月07日 12時00分
 
三菱重工、役員人事を発表
2018年02月06日 15時00分
 
三菱重工、平成29年度 第3四半期決算を発表
2018年02月06日 14時30分
 
三菱重工、人事異動を発表
2018年02月02日 16時00分
 
三菱みなとみらい技術館が「バーチャルツアーステーション」をオープン
2018年01月31日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>