2017年12月05日 13時00分

Source: Mitsubishi Motors

日本政府が三菱自動車の電動車をフィリピンのエネルギー省に寄贈


東京, 2017年12月05日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、日本政府によりフィリピン共和国のエネルギー省(DOE)に対して、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』4台、及びEV『i-MiEV(アイ・ミーブ)』4台の計8台が寄贈され、4日にDOE本部で記念式典が開催されたことをお知らせいたします。式典には、羽田浩二駐フィリピン大使、DOEアルフォンソ・クシ大臣らが出席しました。

『アウトランダーPHEV』と『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は、一般財団法人日本国際協力システムが、双日株式会社を通じて購入・寄贈しました。この取組みは、エネルギー効率が良く環境負荷が低い日本の次世代自動車を、フィリピン国内に普及・促進することを目的としたノン・プロジェクト無償資金協力「次世代自動車パッケージ」に基づいたものです。

また、今回の無償資金協力により、電動車用の急速充電器3台が同国の大統領府、DOE及び科学技術省に寄贈され、既に設置されております。

電動車の寄贈を受けて、三菱自動車の現地生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(MMPC)の押切武津洋社長兼CEOは「三菱自動車とMMPCは、PHEVとEVの大手メーカーとして、フィリピンの環境汚染の削減のため、DOEと協力したいと考えております」と述べました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5149.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自、オートキャンプイベント「スターキャンプ2018 in 吹上高原」の参加者を本日より募集開始
2018年06月18日 13時00分
 
三菱自動車、人事異動を発表
2018年06月14日 13時00分
 
三菱自、軽商用車『ミニキャブトラック』を一部改良
2018年06月07日 13時30分
 
三菱自など7社、電気自動車をバーチャルパワープラントのリソースとして活用するV2G実証事業を開始
2018年06月06日 14時00分
 
三菱自、タイで販売・サービスのトレーニングセンターを開設
2018年06月05日 14時00分
 
ミツビシ・モーターズ・タイランド、累計生産台数500万台を達成
2018年06月04日 16時30分
 
三菱自など5社、電気自動車を電力の需給バランス調整に活用するための実証試験を開始
2018年05月31日 11時00分
 
三菱自、人事異動を発表
2018年05月30日 14時00分
 
三菱自、2018年4月単月生産・販売・輸出実績を発表
2018年05月30日 13時00分
 
三菱自、軽自動車eKシリーズを一部改良 「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」に該当、同時に『eKスペース』に特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定して発売
2018年05月28日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>