2017年12月06日 11時00分

Source: Eisai

エーザイ、抗がん剤「レンビマ(R)」が台湾において肝細胞がんに係る適応拡大を申請


東京, 2017年12月06日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、自社創製の抗がん剤レンバチニブメシル酸塩(一般名、製品名:「レンビマ(R)」 「Kisplyx(R)」 、台湾製品名:「樂衛瑪(R)」、以下「レンビマ」)について、台湾において肝細胞がんに係る適応で効能・効果追加の申請を行ったことをお知らせします。今回の「レンビマ」の肝細胞がんに係る適応の申請は、アジアにおいて日本・中国に続く申請となります。

肝がんはがん関連死亡原因の第 2 位であり、世界で年間約 75 万人が肝がんのために亡くなっています。また、年間新規患者数78万人のうち、約80%がアジア地域に集中しており、台湾においては、年間新規患者数は約 1 万人、年間死亡者数は約 8 千人となっています。肝細胞がんは、肝がん全体の 85~90%を占めており、切除不能な肝細胞がんは、治療方法が限られた極めて難治性の疾患であり、新しい治療法が期待されています。

当社は、「レンビマ」の肝細胞がんに係る適応について、日本(2017年6月)、米国・欧州 (同年7月)、中国(同年 10 月)において承認申請中です。台湾においては、「レンビマ」について、2016 年 9 月に放射性ヨウ素治療抵抗性分化型甲状腺がんに係る承認、および 2017 年 7 月に腎細胞がん(二次治療)に対するエベロリムスとの併用療法に係る承認を取得しています。

当社は、がん領域を重点領域の一つと位置づけており、がんの「治癒」に向けた革新的な新薬創出をめざしています。当社は、「レンビマ」によるがん治療の可能性を引き続き追求し、世界のがん患者様とそのご家族、さらには医療従事者の多様なニーズの充足とベネフィット向上により一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201769pdf.pdf

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、米国神経学会年次総会にてペランパネルおよびルフィナミドに関する最新データを発表
2018年04月20日 11時00分
 
エーザイ・EAファーマ・持田製薬、世界初の胆汁酸トランスポーター阻害剤「グーフィス錠5mg」を新発売
2018年04月19日 12時00分
 
エーザイ、新規結核治療薬の開発に向けてブロード研究所・コロラド州立大学・シカゴ大学と共同研究契約を締結
2018年04月13日 14時20分
 
エーザイ、抗てんかん剤「Fycompa(R)」について米国で小児てんかんに係る適応で承認申請を提出
2018年04月02日 13時00分
 
エーザイ、B型ボツリヌス毒素製剤「Neurobloc(R)」の欧州における権利をSloan Pharma社に譲渡
2018年03月30日 15時00分
 
エーザイ株式会社と日医工株式会社の戦略提携に関するお知らせ
2018年03月28日 15時30分
 
エーザイと米メルク、マルチキナーゼ阻害剤「レンビマ」が日本で「切除不能な肝細胞癌」の効能・効果追加の承認を取得
2018年03月23日 14時00分
 
アッヴィとエーザイ、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」について更なる適応追加として既存治療で効果不十分な膿疱性乾癬に係る承認を取得
2018年03月23日 14時00分
 
エーザイ、中国で上部消化管機能改善剤「Cidine(R)」(一般名:cinitapride hydrogen tartrate)を新発売
2018年03月14日 10時30分
 
エーザイ、平成30年3月期業績予想(IFRS)の修正に関するお知らせ
2018年03月08日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>