2018年01月10日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

NEDOと富士通、ネットワークの通信データを欠損なく収集・蓄積する技術を開発

2018年度上期に富士通が本技術を実装した製品の提供を目指す

東京, 2018年01月10日 - (JCN Newswire) - NEDOが管理法人を務める内閣府事業において、富士通(株)は、仮想ネットワークから従来技術の約7倍となる10Gbpsの速さで通信データを欠損なく収集する技術を世界で初めて開発しました。さらに、仮想・物理ネットワークを含む大規模かつ広範囲なネットワークの通信データを合わせて分析可能にするため、仮想・物理ネットワーク双方から合計100Gbpsまでの通信データを欠損なく汎用PCサーバー上に蓄積する技術も開発しました。

これらの技術を活用することで、仮想・物理ネットワークの双方で構成される組織内部のネットワークを正確かつ俯瞰的に監視することが可能になります。

富士通(株)は、これらの技術を実装した製品を2018年度上期(4月~9月)に提供することを目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/01/10.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通研究所と早大、人間行動シミュレーションから混雑原因を短時間で発見する技術を開発
2018年12月07日 10時00分
 
富士通、アフラック様の「即時支払いサービス」にセキュアなオンライン認証サービスを導入
2018年12月06日 10時00分
 
富士通、「高知県園芸品生産予測システム」を開発し、AIで生産量を予測する共同実証を開始
2018年12月03日 10時00分
 
富士通研究所、世界初 5Gの同時複数通信を1枚のアンテナパネルで実現
2018年11月29日 11時00分
 
富士通、法人向けモバイル型ワークステーションHシリーズ2機種を新発売
2018年11月27日 10時00分
 
富士通、ゆうちょ銀行様の投資信託口座開設業務の効率化をRPAなどにより実現
2018年11月26日 12時00分
 
NTT・富士通・日立・NEC・OKIなど、通信装置のソフトエラー対策のITU-T国際標準を制定
2018年11月22日 12時00分
 
国際体操連盟、富士通の採点支援システムの採用を決定
2018年11月20日 12時00分
 
香川大学と富士通、障がい理解の促進や特別支援教育の専門性向上にVRやテレプレゼンスなどを活用する実証研究を開始
2018年11月19日 11時00分
 
富士通、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の取得結果に関するお知らせ
2018年11月16日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>