2018年01月10日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

NEDOと富士通、ネットワークの通信データを欠損なく収集・蓄積する技術を開発

2018年度上期に富士通が本技術を実装した製品の提供を目指す

東京, 2018年01月10日 - (JCN Newswire) - NEDOが管理法人を務める内閣府事業において、富士通(株)は、仮想ネットワークから従来技術の約7倍となる10Gbpsの速さで通信データを欠損なく収集する技術を世界で初めて開発しました。さらに、仮想・物理ネットワークを含む大規模かつ広範囲なネットワークの通信データを合わせて分析可能にするため、仮想・物理ネットワーク双方から合計100Gbpsまでの通信データを欠損なく汎用PCサーバー上に蓄積する技術も開発しました。

これらの技術を活用することで、仮想・物理ネットワークの双方で構成される組織内部のネットワークを正確かつ俯瞰的に監視することが可能になります。

富士通(株)は、これらの技術を実装した製品を2018年度上期(4月~9月)に提供することを目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/01/10.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


伊達市と富士通、遊休車両を有効活用した乗合送迎サービスの実証実験を開始
2018年01月17日 11時00分
 
富士通、法人向けタブレット・パソコンなど8シリーズ20機種を新発売
2018年01月16日 10時00分
 
信濃毎日新聞社と富士通、多様なメディア配信に活用可能なAIによる自動記事要約システムを実現
2018年01月15日 13時00分
 
富士通、遠隔見守りで迅速な対応と介護スタッフの業務効率化を実現する「リモートモニタリングサービス」を提供開始
2018年01月09日 11時00分
 
KDDI・ゼンリン・富士通、自動運転向け「ダイナミックマップ」の生成・配信技術の実証実験を開始
2017年12月26日 11時00分
 
富士通、AIアシスタント機能を搭載した個人向けデスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」2機種を新発売
2017年12月26日 11時00分
 
サンスターと富士通、IoTスマートハブラシと歯科医院向けクラウドサービスを連携させた先進予防歯科サービスを販売開始
2017年12月25日 11時00分
 
富士通とマイクロソフト、AI分野で戦略協業
2017年12月22日 11時30分
 
富士通、IoTを活用したなわとび運動により、児童の運動能力育成を支援する「なわとびセンシングサービス」を販売開始
2017年12月21日 16時00分
 
富士通、ジャパンラグビー トップリーグの試合会場にて、MECを活用したライブ映像配信システムの技術検証を実施
2017年12月21日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>