2018年01月11日 11時00分

Source: Eisai

エーザイ、中国の新蘇州工場において固体剤生産棟が竣工


東京, 2018年01月11日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、中国子会社である衛材(中国)薬業有限公司(Eisai China Inc.)が、蘇州工業園区内の新蘇州工場において、固体剤生産棟と管理棟を竣工しましたのでお知らせします。

当社は、中国における患者様貢献拡大に向けた製品のさらなる安定供給体制の強化および生産効率の向上を企図し、現蘇州工場(固体剤生産工場)の 5 倍以上の敷地面積を擁する新たな工場用地にて、新蘇州工場の整備を進めています。2014 年 11 月には、注射剤生産棟を竣工し、「メチコバール(R)」注射剤の生産を行っています。今回、新たに竣工した固体剤生産棟は、地上 3 階建て、延べ床面積20,240m2 となり、現蘇州工場の約 2 倍の生産能力(製剤約 30 億錠・包装約 50 億錠/年)を有します。2018 年度下期の稼動を予定しており、「メチコバール」、「アリセプト(R)」、「パリエット(R)」など中国国内向けの固体剤の製剤、包装を行います。新蘇州工場での固体剤生産の本格稼働後、現工場は閉鎖します。

当社における中国事業は、日本・米国に次ぐ規模を有する中核事業であり、このたびの新蘇州工場固体剤生産棟の竣工により、中国国内での自社生産機能の強化および高品質な医薬品の安定供給体制の拡充をはかり、中国市場における患者様とそのご家族のベネフィット向上に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201803pdf.pdf

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイとユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとの共同研究から見出された新規抗タウ抗体E2814についてアルツハイマー病を対象とした臨床第I相試験に向けて準備を開始
2018年12月06日 12時00分
 
EAファーマとエーザイ、「モビコール(R)配合内用剤」を新発売
2018年11月29日 14時30分
 
エーザイ、抗てんかん剤「フィコンパ」が日本申請に向けた部分てんかん単剤療法の臨床第III相試験のトップラインにおいて主要評価項目を達成
2018年11月28日 12時00分
 
エーザイ、第41回サンアントニオ乳がんシンポジウムにおいてエリブリン(ハラヴェン)に関する演題を発表
2018年11月27日 18時00分
 
エーザイ、第72回米国てんかん学会にてペランパネルに関する最新データを発表
2018年11月22日 13時00分
 
エーザイ、「IR優良企業大賞」を受賞
2018年11月14日 13時00分
 
エーザイ、中国において「レンビマ」(レンバチニブ)を新発売
2018年11月12日 12時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ」(レンバチニブ)と「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)との併用療法について3がん腫に対する最新の研究成果を第33回がん免疫学会年次総会にて発表
2018年11月09日 09時00分
 
エーザイとEAファーマ、抗フラクタルカイン抗体E6011のクローン病治療薬開発で産学官連携の契約を締結し、研究開発を開始
2018年11月08日 14時00分
 
エーザイ、中国の新蘇州工場が本格稼働
2018年11月08日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>