2018年02月13日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通と富士通フロンテック、オールインワン型の手のひら静脈認証装置「PalmSecure Connect」を発売

業務システムやオフィス機器に手のひら静脈認証を容易に適用でき、セキュリティ強化や利便性向上を実現

東京, 2018年02月13日 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(以下 富士通、注1)と富士通フロンテック株式会社(注2)は、業務システムやオフィス機器の本人認証などへの適用が容易な、オールインワン型の手のひら静脈認証装置「FUJITSU 生体認証 PalmSecure Connect(パームセキュア コネクト)」(以下、PalmSecure Connect)を新たに開発し、2月13日より販売開始します。

「PalmSecure Connect」は、手のひら静脈センサーだけでなく、OSやミドルウェア、タッチパネルディスプレイなどを一つの筐体に搭載した手のひら静脈認証装置です。本製品は、手のひら静脈データを統合的に管理・運用する富士通の認証サーバとの連携や認証処理を行う機能などを実装しています。これにより、業務システムやオフィス機器に容易に手のひら静脈認証機能を付与することが可能となり、セキュリティ強化や利便性の向上を実現します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/02/13-2.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通など、AIで外国人旅行者の潜在ニーズを探り、最適なプランをレコメンドする実証実験を開始
2019年01月16日 11時00分
 
富士通とTC3、次世代アーキテクチャー「デジタルアニーラ」普及に向け「Topcoder」を活用した技術者コンテストを開催
2019年01月15日 11時00分
 
富士通、手のひら静脈認証をNTTドコモ様がセキュリティ強化に向け採用
2018年12月26日 10時00分
 
富士通研究所、役員人事について
2018年12月21日 15時00分
 
富士通、執行役員および理事人事について
2018年12月21日 12時00分
 
富士通、8,192ビット規模に拡張した組合せ最適化問題を高速に解く「デジタルアニーラ」サービスを提供開始
2018年12月21日 11時00分
 
富士通研究所と早大、人間行動シミュレーションから混雑原因を短時間で発見する技術を開発
2018年12月07日 10時00分
 
富士通、アフラック様の「即時支払いサービス」にセキュアなオンライン認証サービスを導入
2018年12月06日 10時00分
 
富士通、「高知県園芸品生産予測システム」を開発し、AIで生産量を予測する共同実証を開始
2018年12月03日 10時00分
 
富士通研究所、世界初 5Gの同時複数通信を1枚のアンテナパネルで実現
2018年11月29日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>