2018年02月13日 11時00分

Source: Sony

ソニー、グローバルシャッター機能を実現する画素並列A/D変換器搭載 裏面照射型CMOSイメージセンサーを開発


東京, 2018年02月13日 - (JCN Newswire) - ソニーは、新開発のA/D変換器を画素毎に配置し、全画素同時に露光したアナログ信号を各々即座にデジタル変換(画素並列A/D変換)することで、グローバルシャッター機能※1を実現した、有効画素数146万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーを開発しました。本成果は、2018年2月11日(日)から米国サンフランシスコで開催されているISSCC(国際固体素子回路会議)において発表しました。

現在のカラムA/D変換方式※2のCMOSイメージセンサーは、画素で光電変換したアナログ信号を行毎にA/D変換して読み出す為、行毎の読み出し時間のずれによる画像の歪み(フォーカルプレーン歪み)が発生していました。

本開発品は、新開発の低電流動作可能で小型のA/D変換器を全ての画素の下に配置し、全画素同時に露光したアナログ信号を各々即座にデジタル変換(画素並列A/D変換)した後に、デジタルメモリーで信号を一時保持します。これにより、行毎の読み出し時間のずれによるフォーカルプレーン歪みを解消し、100万画素以上の高感度な裏面照射型CMOSイメージセンサーでは、業界で初めて※3画素並列A/D変換器によるグローバルシャッター機能※1を実現しました。

また、従来のカラムA/D変換方式※2に比べて、およそ1,000倍もの数のA/D変換器の搭載により増大する電流の課題に対しては、業界最高性能※4の低電流動作可能な小型の14ビットA/D変換器を開発することで克服しました。

さらに、A/D変換器およびデジタルメモリーは、積層型構造として下部のチップに配置することで、搭載スペースを確保しました。上部チップの各々の画素との接続には、ソニーが2016年1月に世界に先駆けて量産出荷した、「Cu-Cu(カッパー・カッパー)接続※5」の技術を採用しています。

加えて、A/D変換の為の大量データの読み書きに対しては、新開発のデータ転送機構を搭載することで高速化を実現しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201802/18-018/index.html

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: メディア, ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニーと日立、国内家電市場における販売・カスタマーサービス領域などでの連携強化に合意
2018年09月25日 12時00分
 
ソニー、世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina2018」出展
2018年09月21日 13時00分
 
ソニー、大口径広角単焦点レンズ Gマスター『FE 24mm F1.4 GM』発売
2018年09月21日 13時00分
 
ソニー、初心者でも手軽に本格的な音楽録音ができる、ハイレゾ対応リニアPCMレコーダー発売
2018年09月19日 14時00分
 
ソニー、EXTRA BASSシリーズのGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー『SRS-XB501G』発売
2018年09月19日 14時00分
 
ソニー、人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境「Neural Network Console スターターパック」を提供開始
2018年09月18日 13時00分
 
ソニー、100%再生可能エネルギー利用を目指す国際的なイニシアチブ「RE100」に加盟
2018年09月10日 13時00分
 
ソニー、子どもの「教育格差」の縮小に向けた取り組みとして、創造性や好奇心を育む「感動体験プログラム」の提供開始
2018年09月10日 13時00分
 
ソニー、ハイレゾ相当の高音質も楽しめる『WH-1000XM3』などヘッドホン4機種発売
2018年09月05日 14時00分
 
ソニー、こだわりの高音質化設計により、様々な音源を表現力豊かに再生するウォークマン新発売
2018年09月05日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>