2018年02月14日 16時00分

Source: Mitsubishi Electric

三菱電機、モデルベースAIを用いた機器制御技術を開発

機器が制御方法を自動学習

東京, 2018年02月14日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、試行錯誤を繰り返しながら自動的にモデルを構築して制御方法を学習するAI技術であるモデルベースAIを用いた機器制御技術を開発しました。円形迷路でボールを中心のゴールまで誘導する制御機器にて実証した結果、専門家による制御プログラムの開発なしで機器が自ら学習してゴールまで誘導することに成功しました。本技術により、システム開発の時間・コストの削減に貢献できます。

開発の特長

1. モデルベースAIにより制御方法を自動学習し、システム開発の時間・コストを削減
- 当社AI技術「Maisart」※により、試行錯誤を繰り返しながら自動的に制御対象機器モデルをシステム内部に構築し、あらかじめ設定した目標達成に必要な制御方法を、強化学習を用いて学習する機器制御技術を開発
- 専門家が機器に適切な動作を設定する制御プログラムの開発が不要となり、システム開発の時間・コストの削減に貢献

2. 円形迷路に適用し、目標を達成する実証実験に成功
- 円形迷路でボールを中心のゴールまで誘導する目標を与えるだけで、専門家による制御プログラムの開発なしで自ら制御方法を学習し、目標を達成する実証実験に成功

今後の展開

今回開発した技術をベースに、制御機器を模擬する3次元シミュレータ技術を活用することで学習時間を大幅に削減するなど、自動学習のさらなる高度化・高速化を目指したAI研究開発を推進します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2018/0214-b.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Electric
セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱電機、世界で初めてSiCを適用したMMC型HVDC変換器セルの技術検証を実施
2018年02月14日 16時00分
 
三菱電機、対象物の状況の変化を瞬時に把握してリアルタイムに対応できる「器用に制御する AI」を開発
2018年02月08日 11時00分
 
三菱電機、自動車向け「安心・安全ライティング」を進化
2018年02月08日 11時00分
 
三菱電機、鉄道向け「三菱JH形直流高速度遮断器」が本格運用開始
2018年02月07日 11時00分
 
三菱電機、電機メーカー初のZEBプランナーとしてZEBに貢献する設備・システムを納入
2018年02月07日 11時00分
 
三菱電機、多数のアンテナ素子を個別にモーターで回転させて高精度にビーム走査できるアレーアンテナ「REESA」を開発
2018年02月06日 11時00分
 
三菱電機、「SECURITY SHOW 2018」に出展
2018年02月06日 11時00分
 
三菱電機、非常用エレベーター「非常用機械室レス・エレベーター」を発売
2018年02月05日 11時00分
 
三菱電機、寒冷地向けパッケージエアコン「ズバ暖スリム」シリーズ新商品を発売
2018年02月05日 11時00分
 
三菱電機、6.5kV耐圧フルSiCパワー半導体モジュールを開発
2018年01月31日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>