2018年02月23日 17時00分

Source: Honda

Honda、「FC EXPO 2018」出展概要を発表

「つくる・つかう・つながる」技術を通じたHondaの水素社会への取り組みを展示

東京, 2018年02月23日 - (JCN Newswire) - Hondaは、2月28日(水)から3月2日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される「FC EXPO 2018〜第14回[国際]水素・燃料電池展〜」※1にて、「つくる・つかう・つながる」をコンセプトに、Hondaが考える近未来の身近な水素社会をご紹介します。

水素を「つくる」技術としては、実用化を目指し開発中の「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」を展示します。「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」は、高圧水素を製造・貯蔵し燃料電池自動車(以下、FCV)に充填する高圧水電解型水素製造ステーションとして世界初※2となる、製造圧力82MPa(メガパスカル)、充填圧力70MPa※3を実現しています。

また、水素を「つかう」技術には、FCV「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」を、「つながる」技術としては、V2L(Vehicle to Load)対応可搬型外部給電器「Power Exporter 9000」、V2H(Vehicle to Home)対応DC普通充電器「Power Manager」といった、FCVなどの電動モビリティーから外部給電を可能にする製品を展示します。

さらに、「一般社団法人水素供給利用技術協会(HySUT)」のブースにおける、FCVと水素ステーションに対する理解を促進する展示に、クラリティ フューエル セルと、Power Exporter 9000を出展します。さらにクラリティ フューエル セルの静かで力強く滑らかなドライブフィールを体験できる試乗会も実施します。

これからもHondaは、「クリーンで安全・安心な社会」の実現に向けて、「つくる・つかう・つながる」技術の組み合わせによって、エネルギーの地産地消と、低炭素社会を可能にする取り組みを拡大させていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.hondanews.info/news/ja/corporate/c180223

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda
セクター: 自動車全般, ビジネス, 自動車

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Honda、1.5L VTEC TURBOエンジン搭載の「VEZEL TOURING・Honda SENSING」をホームページで先行公開
2018年12月14日 10時30分
 
Honda、新型「INSIGHT」を発売
2018年12月13日 11時00分
 
Honda、「GRACE」に特別仕様車「BLACK STYLE」を設定し発売
2018年12月13日 11時00分
 
Honda、「CES 2019」出展概要を発表
2018年12月12日 09時00分
 
Honda、「N-VAN」がオートカラーアウォード2018「グランプリ」を受賞
2018年12月10日 10時30分
 
Honda、2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、「CLARITY PHEV」が「イノベーション部門賞」を、「N-VAN」が「実行委員会特別賞」を受賞
2018年12月07日 18時00分
 
ホンダ エアクラフト カンパニー、HondaJet Eliteの型式証明を国土交通省航空局から取得
2018年12月07日 12時30分
 
Honda、ベンチャーキャピタルとの協業を通じ、グローバルでのオープンイノベーションを加速
2018年12月05日 16時00分
 
Honda、4ストローク船外機BF250/BF225/BF200を一部改良し発売
2018年12月04日 10時30分
 
Honda、「VFR800F」「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともにETC2.0車載器を標準装備し発売
2018年11月30日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>