2018年03月08日 09時00分

Source: Eisai

エーザイ、米メルクとエーザイ創製の抗がん剤「レンビマ」に関してがん領域における戦略的提携に合意


東京, 2018年03月08日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)と Merck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.(NYSE:MRK、Chairman and CEO:Kenneth C. Frazier、北米以外では MSD)は、このたび、エーザイ創製の経口チロシンキナーゼ阻害剤「レンビマ」(一般名:レンバチニブメシル酸塩)を全世界で共同開発・共同販促する戦略的提携について合意したことをお知らせいたします。本契約に基づき、両社は、「レンビマ」の単剤療法、ならびに Merck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.の抗 PD-1抗体「キイトルーダ(R)」(一般名:ペムブロリズマブ)との併用療法における、共同開発と共同販促を行います。

「レンビマ」に関する単剤療法ならびに併用療法に関するグローバルの売上収益はエーザイが計上し、両社は粗利益を折半します。「レンビマ」は、甲状腺がんに対する単剤療法および腎細胞がん(二次治療)に対するエベロリムスとの併用療法に係る適応で承認を取得しており、さらに肝細胞がんに対する単剤療法について、日本、米国、欧州、中国などにおいて承認申請を行っています。

腎細胞がんを対象とした、「レンビマ」と「キイトルーダ」あるいはエベロリムスとの併用療法に関する臨床第III相試験(307 試験)をエーザイが実施中です。さらに、進行性または転移性腎細胞がんの適応に対する「レンビマ」と「キイトルーダ」の併用療法について、2017年12月に米国食品医薬品局(FDA)より、ブレイクスルーセラピーの指定を受けています。本指定は両社が共同で実施中の複数の固形がんを対象とした臨床第Ⅰb/II相試験(111試験/KEYNOTE-146試験)の中間結果に基づくものです。子宮内膜がんと腎細胞がんを対象とする中間結果では、治療歴や PD-L1 発現の有無など患者様背景に関わらず奏効率における顕著な相乗効果が示唆されています。

本提携により、エーザイと Merck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.は、「レンビマ」と「キイトルーダ」との併用療法に関して、6 がん種(子宮内膜がん、非小細胞肺がん、肝細胞がん、頭頸部がん、膀胱がん、メラノーマ)における治療歴に応じた 11 の適応取得を目的とした臨床試験に加え、複数のがん種に対す
るバスケット型試験を共同して速やかに開始します。

エーザイ株式会社の代表執行役 CEO の内藤晴夫は、「“Cancer Evolution”の時代において、「レンビマ」のポテンシャルを最大化し、革新的治療法の創出を一日も早くもたらすため、抗 PD-1 抗体「キイトルーダ」を有するメルクとこのたび提携しました。これまで治癒が見込めなかった難治性がんに対しても、新たな選択肢を提供することで、患者様とそのご家族のベネフィット向上により貢献してまいります。」と述べています。

Merck Research Laboratories の President である Dr. Roger M. Perlmutter は、「当社はエーザイと共に、現在の適応症に対する「レンビマ」の価値を最大限に引き出すとともに、「キイトルーダ」との併用により、さらに幅広い種類のがんに対する追加承認をめざします。「キイトルーダ」と「レンビマ」との併用療法における相乗効果は、強固な科学的根拠に裏付けられています。また、私たちは、すでに腎細胞がんに対するブレークスルーセラピー指定を米国 FDA より受領しています。私たちは、今回の提携を通じて、がん領域のポートフォリオを拡大することにより、全世界でより多くのがん患者様を支援できる機会が得られる事をうれしく思います。」と述べています。

「レンビマ」に関する売上収益はエーザイが計上し、開発およびマーケティング費用ならびに粗利益を、両社で折半します。

本提携により、Merck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.はエーザイに対し、契約一時金として 3 億米ドル(約 320 億円、1 ドル=106 円換算)、特定のライセンスオプション権行使に対して 2020 年度までに最大 6.5 億米ドル(約 690 億円)を支払います。また、Merck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.はエーザイに対し、研究開発費の償還として 4.5 億米ドル(約 480 億円)を支払います。さらに、Merck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.は、開発マイルストンとして最大 3.85 億米ドル(約 410 億円)および販売マイルストンとして最大 39.7 億米ドル(約 4,210 億円)を支払います。すべての開発・販売マイルストンを達成した場合には、契約一時金、ライセンスオプション権行使に対する一時金を含め、最大で総額 57.6 億米ドル(約 6,110 億円)が、Merck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.からエーザイに支払われる予定です。

なお、本提携に伴うエーザイの業績への影響は、エーザイが本日公表の平成 30 年 3 月期(平成 29年 4 月 1 日~平成 30 年 3 月 31 日)の通期業績予想(IFRS)の修正に関するお知らせに反映しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201818.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


GARDP、エーザイおよび武田薬品による新たな抗菌薬の探索に関するパートナーシップ契約について
2018年12月12日 14時00分
 
エーザイとユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとの共同研究から見出された新規抗タウ抗体E2814についてアルツハイマー病を対象とした臨床第I相試験に向けて準備を開始
2018年12月06日 12時00分
 
EAファーマとエーザイ、「モビコール(R)配合内用剤」を新発売
2018年11月29日 14時30分
 
エーザイ、抗てんかん剤「フィコンパ」が日本申請に向けた部分てんかん単剤療法の臨床第III相試験のトップラインにおいて主要評価項目を達成
2018年11月28日 12時00分
 
エーザイ、第41回サンアントニオ乳がんシンポジウムにおいてエリブリン(ハラヴェン)に関する演題を発表
2018年11月27日 18時00分
 
エーザイ、第72回米国てんかん学会にてペランパネルに関する最新データを発表
2018年11月22日 13時00分
 
エーザイ、「IR優良企業大賞」を受賞
2018年11月14日 13時00分
 
エーザイ、中国において「レンビマ」(レンバチニブ)を新発売
2018年11月12日 12時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ」(レンバチニブ)と「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)との併用療法について3がん腫に対する最新の研究成果を第33回がん免疫学会年次総会にて発表
2018年11月09日 09時00分
 
エーザイとEAファーマ、抗フラクタルカイン抗体E6011のクローン病治療薬開発で産学官連携の契約を締結し、研究開発を開始
2018年11月08日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>