2018年03月13日 13時00分

Source: Fujitsu Ltd

東京大学と富士通、アクティブラーニングにおける生徒の活動過程を見える化し、授業の活性化につなげる共同実証実験を開始


東京, 2018年03月13日 - (JCN Newswire) - 国立大学法人東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化・効果検証センター(以下 東京大学、注1)と東京大学教育学部附属中等教育学校(以下 東大附属、注2)、富士通株式会社(以下 富士通、注3)、株式会社富士通研究所(以下 富士通研究所、注4)は、富士通研究所が開発した部屋全体をデジタル化する空間UI(注5)技術を用いて、アクティブラーニングにおける生徒の活動の見える化を行う共同実証実験を、東大附属の授業において、2018年4月10日から2019年3月20日まで実施します。

空間UI技術は、壁や机などの共有スペースを丸ごとインタラクションスペースとして構成し、スマートデバイスからの持ち込み資料や、デジタル付箋に書いたメモを大画面で共有することで、参加者が顔をあげて議論することができる技術です。本実証実験では、空間UI技術のスペースの中で行われた活動データを可視化する技術を新たに開発し、グループ活動におけるコミュニケーションの流れを、スマートデバイスからの情報共有やデジタル付箋紙の作成、操作、その際の人の動きなどから時系列に取得します。これにより、教員は、生徒一人ひとりの活動状況から、最終結果に至ったプロセスまでを把握することができ、授業の振り返りを行うことができます。

東京大学と東大附属は、本実証実験を通じ、協働学習の新たな手法を開発し、教育の質向上を推進していきます。富士通グループは、取得した活動データなどを分析することで、コミュニケーションを活性化させる現場改善技術を開発し、教育現場や業務シーンなどに広く使えるサービスを提供していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/03/13.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通:朝日生命がアフターサービス手続きの電子化を開始
2018年09月25日 15時00分
 
富士通、RPAの実証事業に関する連携協定を神奈川県と締結
2018年09月21日 10時00分
 
富士通研究所、業種業界を超えたデータ流通の信頼性を向上する技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、分散ストレージ上で大量データを高速処理する基盤技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、正解が少ないデータでも高精度に学習するAIの新技術「Wide Learning」を開発
2018年09月19日 12時00分
 
富士通と富士通研究所、ものづくり分野で設計データからシミュレーション結果をリアルタイムに予測する技術を開発
2018年09月19日 12時00分
 
富士通研究所と富士通、物理メモリを追加せずインメモリ処理性能を向上させるメモリ拡張技術の実証実験に成功
2018年09月19日 12時00分
 
富士通研究所と早稲田大学、「デジタルアニーラ」に関する包括的連携活動協定を締結
2018年09月19日 11時00分
 
理研・富士通・昭和大、AIを用いた胎児心臓超音波スクリーニングを実現
2018年09月18日 14時00分
 
富士通研究所、中分子創薬へ適用可能な組合せ最適化問題を解く技術を開発
2018年09月18日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>