2018年03月14日 10時30分

Source: Eisai

エーザイ、中国で上部消化管機能改善剤「Cidine(R)」(一般名:cinitapride hydrogen tartrate)を新発売


東京, 2018年03月14日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、当社の中国子会社である衛材(中国)薬業有限公司(江蘇省・蘇州市)が、上部消化管機能改善剤「Cidine(R)」(中国語表記「希笛尼(R)」、一般名:cinitapride hydrogen tartrate)を中国で新発売したことをお知らせします。

「Cidine」は、Almirall, S.A.(本社:スペイン、バルセロナ市、CEO:Peter Guenter、以下 アルミラル社)が創製した上部消化管機能改善剤です。2010 年 3 月に、アルミラル社と締結したライセンス契約に基づき、当社が本剤の中国における独占的開発、生産および販売権を獲得しています。本剤は、中国において「軽度から中等度の機能性消化不良による早期膨満感、食後の胃もたれおよび膨満症状の改善」の適応で販売されます。

本剤は、消化管神経叢に存在するセロトニン 4(5-HT4)受容体を刺激することに加えて、軽度の抗ドーパミン作用により、アセチルコリンの分泌を促します。アセチルコリンは、消化管運動の促進と分泌活性の増強により、消化管機能を改善します。

中国の医薬品市場の規模は、米国に次ぐ世界 2 位の市場規模を有し、2015 年の市場規模は 1152億ドル(約 12.2 兆円)、現地通貨ベースの成長率は+7%であり、高い成長を維持しています。当社は、中国をグローバルビジネスをけん引する重要なリージョンと位置づけ、当社のグローバル重点治療領域だけではなく、中国の疾病構造に合致したフランチャイズの拡充をはかっています。その 1 つである消化器領域において、すでに現地で当社が販売しているプロトンポンプ阻害剤「パリエット(R)」、胃炎・胃潰瘍治療剤「セルベックス(R)」や肝臓疾患用剤・アレルギー用薬「強力ネオミノファーゲンシー(R)」「グリチロン(R)錠」に、新発売の「Cidine」が加わることにより、中国における消化器領域の製品ラインアップがさらに拡充します。

当社は、本剤の新発売を通じて、中国における消化器領域の患者様とそのご家族の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201821.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


GARDP、エーザイおよび武田薬品による新たな抗菌薬の探索に関するパートナーシップ契約について
2018年12月12日 14時00分
 
エーザイとユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとの共同研究から見出された新規抗タウ抗体E2814についてアルツハイマー病を対象とした臨床第I相試験に向けて準備を開始
2018年12月06日 12時00分
 
EAファーマとエーザイ、「モビコール(R)配合内用剤」を新発売
2018年11月29日 14時30分
 
エーザイ、抗てんかん剤「フィコンパ」が日本申請に向けた部分てんかん単剤療法の臨床第III相試験のトップラインにおいて主要評価項目を達成
2018年11月28日 12時00分
 
エーザイ、第41回サンアントニオ乳がんシンポジウムにおいてエリブリン(ハラヴェン)に関する演題を発表
2018年11月27日 18時00分
 
エーザイ、第72回米国てんかん学会にてペランパネルに関する最新データを発表
2018年11月22日 13時00分
 
エーザイ、「IR優良企業大賞」を受賞
2018年11月14日 13時00分
 
エーザイ、中国において「レンビマ」(レンバチニブ)を新発売
2018年11月12日 12時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ」(レンバチニブ)と「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)との併用療法について3がん腫に対する最新の研究成果を第33回がん免疫学会年次総会にて発表
2018年11月09日 09時00分
 
エーザイとEAファーマ、抗フラクタルカイン抗体E6011のクローン病治療薬開発で産学官連携の契約を締結し、研究開発を開始
2018年11月08日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>