2018年04月11日 14時30分

Source: Honda

Honda、米国での「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載車の累計販売台数が100万台を突破


東京, 2018年04月11日 - (JCN Newswire) - Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2018年4月10日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載車の、米国における累計販売台数が100万台を超えました。Hondaは2022年までに米国で販売する全てのHonda四輪車へのHonda SENSINGの標準装備化を目指しています。

Honda SENSINGは、ミリ波レーダーと単眼カメラによるクルマ前方の状況認識とブレーキ、ステアリングの制御技術が協調することで、安心・快適な運転や事故回避を支援する先進のシステムです。米国では2014年10月発売の「CR-V」から順次搭載を始め、日本では、2015年1月に発売した「ODYSSEY(オデッセイ)」よりHonda SENSINGの搭載を開始しました。

米国において、Honda SENSING搭載車の販売台数は、2017年には月間平均5万台以上と、前年同期に比べて倍増しており、2018年モデルにおける搭載率は69%に達しています。2016年に、米国運輸省(USDOT)※1、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)※2、米国道路安全保険協会(IIHS)※3、そしてHondaを含む自動車メーカー20社は、2022年までに、米国で販売するほぼ全ての新車に自動緊急ブレーキ(AEB)※4を標準装備化することに合意しています。Hondaはこの合意目標より2年早い時期に、米国で販売するHonda車の95%以上で標準装備化を達成する予定です。

Hondaは、「事故に遭わない社会」の実現に向けて、これからもHonda SENSINGをはじめとした安全技術、商品の研究開発、普及に取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.hondanews.info/news/ja/auto/4180411

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda
セクター: 自動車全般, ビジネス, 自動車

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Honda、新型プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を発売
2018年07月19日 10時30分
 
ホンダとパナソニック、インドネシアで着脱式可搬バッテリーと電動二輪車を用いたバッテリーシェアリングの実証研究を開始
2018年07月13日 13時00分
 
Honda、新型「N-VAN」を発売
2018年07月12日 10時00分
 
Honda、二輪車用ハイブリッドシステムを採用し、さらなる走りの楽しさを追求した 原付二種スクーター「PCX HYBRID」を発売
2018年07月06日 11時00分
 
Honda、「N」シリーズの累計販売台数が200万台を突破
2018年07月05日 14時00分
 
Honda、「N-BOX」シリーズが2018年上半期 新車販売台数 第1位を獲得
2018年07月05日 13時00分
 
Honda、「N-BOX SLASH」に特別仕様車「INDIE ROCK STYLE」を設定し発売
2018年07月05日 10時30分
 
Honda、「N-WGN/N-WGN Custom」に特別仕様車を設定して発売
2018年07月05日 10時30分
 
Honda、新大洲ホンダの新工場を江蘇省太倉市に竣工
2018年07月02日 16時00分
 
Honda、新コンプリートカー「FIT Modulo style」をホームページで先行公開
2018年06月29日 10時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>