2018年04月13日 10時00分

Source: Hitachi

日立、低被ばくと高画質を両立した64列マルチスライスCTシステム「SCENARIA View」を発売

従来機より5cm広い80cmの開口径を実現

東京, 2018年04月13日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、64列マルチスライスCTシステムの新製品「SCENARIA View」(シナリア ビュー)を4月13日から販売開始します。

本製品は、画像の再構成方法に次世代の逐次近似応用再構成*1機能として、日立が独自に開発したIPV*2を搭載し、胸部レントゲン撮影と同程度の被ばく線量と画質向上の両立をめざしました。また、ガントリデザインを刷新し、開口径を従来機の「SCENARIA」*3より5cm広い80cmとしたことで、被検者に快適な検査環境を提供します。さらに、X線高電圧装置をガントリと一体化したデザインとしたほか、ガントリ、寝台、操作卓の3ユニット構成とすることでスペースの限られた施設でも導入が容易となります。循環器領域を含めた大規模医療施設からクリニックまでさまざまな医療施設を対象とし、被検者と操作者双方に快適な検査環境の実現とスループット向上による病院経営の効率化に貢献します。

CT検査は、身体の断層像が得られ、また複数の断層像から3D画像などを作成することで、さまざまな方向から身体構造を詳細に調べることができます。短時間で全身を検査できるため、診断、治療、救急時など幅広い場面で利用され、今日の医療現場では欠かすことができない検査となっています。

日立は、2010年7月に、全身のどの部位においても一回転0.35秒で撮影可能な64列マルチスライスCTシステム「SCENARIA」を発売しました。「SCENARIA」は心臓だけでなく、胸腹部など撮影範囲が大きい部位でも、一回転0.35秒の高速撮影が可能であり、検査時間を短縮することで、被検者の息止めの負担を軽減するとともに、操作者の作業効率向上を支援してきました。

日立はこれまでも、操作者のニーズに応えるとともに患者に優しい製品開発を行っており、今後、AIを活用した読影支援やさらなるワークフローの改善、画質向上などの技術開発を進めていき、疾病の早期発見、医師不足の解消など医療現場が抱える課題の解決をめざしていきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/04/0413a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立製作所が、働き方改革運動「テレワーク・デイズ2018」に参加
2018年07月13日 11時00分
 
日立、人それぞれに合わせた働き方改革を支援するクラウドサービス「ハピネスプラネット」(ベータ版)を開発
2018年07月11日 12時30分
 
日立など、「スマート治療室」のスタンダードモデルが臨床研究開始
2018年07月10日 10時00分
 
日立プラントコンストラクションとベステラが原子力発電設備解体事業に関する業務提携に合意
2018年07月06日 15時00分
 
HIROTSUバイオサイエンスと日立が、共同実験室を開設
2018年07月04日 13時00分
 
カブドットコム証券の売買審査業務に日立の人工知能「Hitachi AI Technology/H」採用
2018年06月29日 14時00分
 
日立、人事異動を発表
2018年06月27日 15時00分
 
日立、AIを活用した学習機能により効率的な運用を可能にする「チャットボットサービス」を販売開始
2018年06月27日 14時00分
 
日立、デジタルソリューションのさらなる拡大に向けデータサイエンティスト育成を加速
2018年06月22日 09時00分
 
日立、MathWorks MATLABとMicrosoft Dynamics 365をIoTプラットフォーム「Lumada」により連携させる技術を開発
2018年06月20日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>