2018年04月13日 10時00分

Source: Hitachi

日立、低被ばくと高画質を両立した64列マルチスライスCTシステム「SCENARIA View」を発売

従来機より5cm広い80cmの開口径を実現

東京, 2018年04月13日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、64列マルチスライスCTシステムの新製品「SCENARIA View」(シナリア ビュー)を4月13日から販売開始します。

本製品は、画像の再構成方法に次世代の逐次近似応用再構成*1機能として、日立が独自に開発したIPV*2を搭載し、胸部レントゲン撮影と同程度の被ばく線量と画質向上の両立をめざしました。また、ガントリデザインを刷新し、開口径を従来機の「SCENARIA」*3より5cm広い80cmとしたことで、被検者に快適な検査環境を提供します。さらに、X線高電圧装置をガントリと一体化したデザインとしたほか、ガントリ、寝台、操作卓の3ユニット構成とすることでスペースの限られた施設でも導入が容易となります。循環器領域を含めた大規模医療施設からクリニックまでさまざまな医療施設を対象とし、被検者と操作者双方に快適な検査環境の実現とスループット向上による病院経営の効率化に貢献します。

CT検査は、身体の断層像が得られ、また複数の断層像から3D画像などを作成することで、さまざまな方向から身体構造を詳細に調べることができます。短時間で全身を検査できるため、診断、治療、救急時など幅広い場面で利用され、今日の医療現場では欠かすことができない検査となっています。

日立は、2010年7月に、全身のどの部位においても一回転0.35秒で撮影可能な64列マルチスライスCTシステム「SCENARIA」を発売しました。「SCENARIA」は心臓だけでなく、胸腹部など撮影範囲が大きい部位でも、一回転0.35秒の高速撮影が可能であり、検査時間を短縮することで、被検者の息止めの負担を軽減するとともに、操作者の作業効率向上を支援してきました。

日立はこれまでも、操作者のニーズに応えるとともに患者に優しい製品開発を行っており、今後、AIを活用した読影支援やさらなるワークフローの改善、画質向上などの技術開発を進めていき、疾病の早期発見、医師不足の解消など医療現場が抱える課題の解決をめざしていきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/04/0413a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、社会インフラの効率的な保守管理を実現するデジタルプラットフォームを構築
2019年04月25日 16時00分
 
日立が米国のロボットシステムインテグレーターJRオートメーション社の買収契約を締結
2019年04月24日 11時00分
 
日立が中部電力東清水変電所向け自励式周波数変換装置2基を受注
2019年04月23日 11時00分
 
日立、お客さまやパートナーとのオープンな協創により、イノベーションの創出を加速する研究開発拠点「協創の森」を開設
2019年04月11日 12時00分
 
アマダホールディングスが日立との協創を通じて、IoTを活用したヒトに優しい次世代製造モデルを国内の主要拠点に構築
2019年04月10日 13時00分
 
大阪市水道局と日立が、水需要予測におけるビッグデータの活用技術に関する調査研究を開始
2019年04月10日 10時00分
 
日立オートモティブシステムズ、「2019(第18回)上海国際汽車展覧会(上海モーターショー)」において幅広い自動車機器テクノロジーを紹介
2019年04月08日 13時00分
 
日立の放射線治療システムを導入した永守記念最先端がん治療研究センターが治療開始
2019年04月02日 10時00分
 
日立製作所2019年度4月入社式 社長メッセージ(抜粋)
2019年04月01日 13時00分
 
日立、2020年度採用計画について
2019年03月29日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>