2018年04月17日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、次世代の基幹業務システムを支える「GS21」の新モデルを販売開始


東京, 2018年04月17日 - (JCN Newswire) - 当社は、メインフレーム製品の「GS21」シリーズを刷新し、超大型機「FUJITSU Server GS21(フジツウ サーバ ジーエス21) 3600モデルグループ(以下、GS21 3600)」および中・大型機「FUJITSU Server GS21 3400モデルグループ(以下、GS21 3400)」を、2018年4月17日より販売開始します。あわせて、新モデルに対応したソフトウェア「FUJITSU Software GSS21sx V20(フジツウ ソフトウェア ジーエスエス21エスエックス バージョン20、以下、GSS21sx)」の販売も開始し、オープンシステムとの連携をさらに強化します。

新モデルは、従来モデルに比べCPU性能が最大約20%向上し、設置面積が最大約40%縮小します。これにより、システムの集約・拡張性が向上し、デジタル化の進展に伴うデータ量の増大に対応できます。また、基幹業務システム管理における不正操作を防止するなどセキュリティをさらに強化し、データセンターなどにおける次世代の基幹業務システムを支えます。

また、お客様のメインフレーム継続のニーズに対応するため、中長期ロードマップを刷新し、2030年以降もメインフレームの継続提供と強化を保証します。

本製品は、5月17日(木曜日)~18日(金曜日)に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催する「富士通フォーラム2018」に出展します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/04/17.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、理化学研究所様に導入したAI研究用計算機システム「RAIDEN」を国内最大規模に大幅に増強
2018年04月20日 11時00分
 
旭酒造と富士通、予測AIを活用した日本酒醸造の実証実験を開始
2018年04月19日 11時00分
 
富士通、千葉大学と共同で、薬用植物・機能性植物の栽培技術を確立するための実証研究を開始
2018年04月18日 12時00分
 
富士通、「Fujitsu Technology and Service Vision 2018」を策定
2018年04月18日 11時00分
 
富士通、採用計画を発表
2018年04月17日 11時00分
 
富士通・SMU・A*STAR、シンガポール海事港湾庁と海上交通マネジメント技術を活用した実証実験を開始
2018年04月16日 11時00分
 
富士通研究所、少ないデータでも学習可能なディープラーニングによる物体検出技術を開発
2018年04月16日 11時00分
 
富士通、PCサーバ 「PRIMERGY」 のデータセンター事業者向けモデルを販売開始
2018年04月12日 11時00分
 
九州大学と富士通、AIを活用した農業生産の共同研究を開始
2018年04月12日 11時00分
 
富士通、心臓の挙動を学習できる「Heart Explorer」を販売開始
2018年04月11日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>