2018年04月17日 14時00分

Source: Bombardier Aerospace

ボンバルディアがグローバル 7000航空機で航続距離が7,700海里に延長したことを発表、ビジネストラベルの新たな可能性を開く

- グローバル 7000は過去に製造されたビジネスジェットの中で最大かつ航続距離も最長で、当初の計画より300海里も飛行距離を伸ばしています
- 大きな期待が寄せられている同機は、2018年下半期の最初の納入に向けて、モントリオールにあるボンバルディアの最新式施設で予定通り作業が進められており、1,800時間以上の飛行試験も終えて、内装の仕上げも順調に進んでいます
- 画期的なグローバル 7000はビジネスジェットでの旅を一新させます。4区画のリビングスペース、フル完備のキッチン、フルサイズの乗員スイートを特色とし、滑らかな乗り心地を実現します

MONTREAL, 2018年04月17日 - (JCN Newswire) - ボンバルディアは、主力のビジネスジェットのグローバル 7000が世界各地で複数回の長距離飛行を終えて、7,700海里という顕著な航続距離を達成し、他のビジネス航空機よりもはるかに多くの組み合わせで都市間を結べるようになったことを発表します。

ボンバルディア・ビジネス・エアクラフトのデビッド・コリール社長は、次のように述べています。「当社をご愛顧いただいているお客様に対し、航続距離が延長したジェット機を提供できることを大変うれしく思っています。こうしたお客様は当社が工学技術上の快挙を達成する原動力であり、まもなく他に並ぶもののない航空機を所有していただけます。現時点で、今年、グローバル 7000の納入を開始するという約束を果たす準備が整っているだけでなく、これまでの期待を上回ろうとしています。」

グローバル 7000の飛行試験機は、シドニー、ドバイ、ハワイなどの目的地への長距離飛行を複数回にわたり完了しました。この厳しい飛行試験プログラムにおいては、信じられないほどの飛行距離を達成し、約束を上回ることができるボンバルディアの能力を証明しました。

新しい7,700海里という基本航続距離は、既存および将来のすべてのお客様のグローバル 7000の特徴となります。この性能強化は、お客様の追加費用負担なしで装備されます。

これまでに製造されたビジネスジェットの中で最も広く長距離を飛行するグローバル 7000は、2018年下半期にサービスを開始する予定です。飛行試験プログラムは5機の試験機がすべて飛行中で、計画通りに進行しています。2016年11月に開始された飛行試験プログラムは、1,800時間以上の飛行試験を終えて、現在、航空機の認証の最終段階にあります。

最大航続距離7,700海里のグローバル 7000は、他のどのビジネスジェット機よりも遠くまで飛行できます。 同機は、ニューヨーク-上海間やシンガポール-シアトル間を結ぶ路線など、世界中の様々な都市を結ぶ組み合わせが可能なことが広く報じられています。航続距離が拡大した現在、ボンバルディアは、グローバル 7000がニューヨーク-香港間、シンガポール-サンフランシスコ間を結ぶ能力を備えた唯一のビジネス航空機であると裏付けることができます*。

距離の長短にかかわらず、グローバル 7000の高性能の翼は、あらゆるフライトで速度・距離・コントロールを最適化し、非常に滑らかな乗り心地を確保します。

グローバル 7000の飛行試験プログラムの成功は、ボンバルディアにおける技術革新の精神と、同機のサービス開始に至る過程で重要な偉業をもたらした懸命な努力の表れです。

この高速航空機は、試験期間に入ってわずか5カ月でマッハ0.995という画期的な最高速度を達成し、音の壁に非常に近い速度で飛行する最大のビジネスジェットとして記録を樹立しました。

また、グローバル 7000の飛行試験機が期待を上回る飛行を行う一方で、モントリオールにあるボンバルディアの最新式施設では、お客様の航空機の内装の仕上げ工事が順調に進んでいます。

本物のリビングのような空間を4つ備えたグローバル 7000は、広々とした贅沢な快適性とデザインの柔軟性を備えており、ビジネスジェット機の中でも独自性があります。最先端のキャビンエンターテインメントシステムとKaバンドの超高速接続の組み合わせにより、乗客は、高精細コンテンツをストリーミングして信頼性の高い娯楽体験を堪能することができます。グローバル 7000の最新式多機能キッチンには、これまでにないストックスペースがあり、素晴らしい食事を楽しむことができます。

ボンバルディアのグローバル 7000は、2018年度レッドドット賞のプロダクトデザイン部門で受賞しました。

ボンバルディアについて

4つの事業セグメントに69,500人以上の従業員を擁するボンバルディアは、輸送業界の世界的リーダーであり、業界を一変させる革新的な航空機と列車を生み出しています。当社の製品とサービスは、乗客の快適さ、エネルギー効率、信頼性、安全性において、新基準となる世界的な輸送体験を提供します。

カナダのモントリオールに本社があるボンバルディアは、28カ国に生産拠点とエンジニアリング拠点を置き、輸送、ビジネス航空機、民間航空機、航空機構造およびエンジニアリングサービスの各部門を展開しています。ボンバルディアの株式は、トロント証券取引所(BBD)で取引されています。2017年12月31日を締日とする会計年度には、162億ドルの収益を計上しました。ニュースと情報は、 bombardier.com をご覧になるか、Twitterで @Bombardier をフォローしてください。

編集者への注記
- 当社のプレスリリースを受信するには、RSSフィードセクションにお進みください。
- Bombardier(ボンバルディア)とGlobal 7000(グローバル 7000)は、Bombardier Inc.またはその子会社の商標です。
*特定の操縦条件の下でのことです。

編集者注:本プレスリリースには写真があります。
本プレスリリースには写真があります。写真は次のリンクをクリックしてご覧ください:
http://media3.marketwire.com/docs/Global_7000-full2.jpg

お問い合わせ先
Bombardier Business Aircraft
Anna Cristofaro
Manager, Public Relations and Communications
+ 1 514-855-8678
[email protected]

Source: Bombardier Aerospace
セクター: 航空

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

マルチメディア


 

関連プレスリリース


ボンバルディア、アジア太平洋地域で2036年までに航空機2,050機の新規納品を予測
2018年02月08日 09時30分
 
シンガポール航空ショーでボンバルディアが、アジア太平洋地域における強い存在感を示す
2018年02月02日 09時00分
 
顧客が最大12機のボンバルディアCRJ900航空機を発注
2018年01月02日 18時00分
 
エジプト航空がボンバルディアC Series航空機に関する仮契約を確定注文に変更
2018年01月02日 17時30分
 
ボンバルディアが大韓航空で初となるCS300航空機を納品
2017年12月26日 09時00分
 
ボンバルディアがフィリピン航空のQ400航空機にコンポーネント管理サポートを提供
2017年12月15日 10時00分
 
ボンバルディアがエジプト航空とCS300航空機最大24機に関する基本合意書に署名
2017年11月16日 12時00分
 
2017年ドバイ航空ショーのairBalticのリバリーでCS300を披露
2017年11月10日 14時00分
 
Bombardier Unveils the Largest Purpose-Built Business Jet in the Industry at NBAA BACE 2017
2017年10月09日 10時30分
 
ボンバルディア、Cシリーズ航空機について2つ目の環境製品宣言を受領、他の追随を許さない環境性能を確認
2017年10月05日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>