2018年04月23日 10時00分

Source: Eisai

エーザイ、非オピオイド系重度慢性疼痛治療薬「Prialt(R)」に関する権利をRiemser社に譲渡


東京, 2018年04月23日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、非オピオイド系重度慢性疼痛治療薬「Prialt(R)」(一般名:ziconotide acetate、以下 「Prialt」)の欧州における独占的開発権および販売権を Riemser Pharma GmbH (本社:ドイツ ベルリン、CEO: Konstantin von Alvensleben、以下 Riemser 社)に対して譲渡する契約を締結しましたのでお知らせします。

本契約に基づき、当社は Riemser 社に対し、「Prialt」の欧州における独占的開発権および販売権を譲渡するとともに、契約一時金を受領します。

当社は、2006 年 2 月に、Elan Corporation PLC(当時)と締結した契約に基づき、本剤の欧州における開発・製造・販売の独占的権利を獲得し、非オピオイド系の髄腔内投与による重度慢性疼痛治療剤として、欧州で販売してきました。

Riemser 社は、欧州全域に拠点を持ち、がん、神経、感染症などのニッチ領域における医療用医薬品の販売、流通に強みを有するスペシャリティー・ファーマです。欧州市場に強い基盤を持つ Riemser社への権利譲渡は、欧州の重度慢性疼痛の患者様へのさらなる貢献を可能とするものです。

当社グループは、神経領域とがん領域を重点領域と位置づけており、これら領域の画新的新薬の開発の加速と地域特性に合致した最適なビジネスモデルの追求により、世界中の患者様とそのご家族の多様なニーズの充足とベネフィット向上により一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2018/news201835.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


慶應大とエーザイ、iPS細胞を用いたパーキンソン病に対する治療薬候補物質を発見
2018年10月19日 09時00分
 
エーザイ、第11回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)においてアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表
2018年10月18日 13時00分
 
エーザイとPurdue Pharma、「レンボレキサント」の不眠障害を対象とした2つめのピボタル臨床第III相試験(SUNRISE 2試験)において良好なトップライン結果を取得
2018年10月17日 12時00分
 
エーザイ、肥満症治療剤lorcaserin Eurofarmaとラテンアメリカにおける提携契約を締結
2018年10月16日 18時30分
 
エーザイ、抗てんかん剤ペランパネルの中国における部分てんかん併用療法に係る適応の新薬承認申請が受理
2018年10月12日 13時00分
 
欧州臨床腫瘍学会年次総会におけるエーザイのがん領域の開発品・製品に関する演題について
2018年10月10日 12時00分
 
エーザイ、肥満症治療剤「BELVIQ」の長期心血管疾患アウトカム試験における2型糖尿病の予防と寛解に関する新しいデータを発表
2018年10月05日 13時00分
 
エーザイ、抗てんかん剤「Fycompa」が米国FDAより小児てんかんの部分発作に係る承認を新たに取得
2018年10月01日 12時00分
 
エーザイ、「レンビマ」(レンバチニブ)について、全身化学治療歴のない切除不能な肝細胞がんに対する治療薬として中国当局より承認を取得
2018年09月05日 15時00分
 
エーザイ、中心循環系血管内塞栓促進用補綴材「ディーシー ビーズ」使用目的又は効果の一部削除の承認について
2018年09月03日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>