2018年05月16日 15時00分

Source: Hitachi

日立、気象庁の新スーパーコンピュータシステムを構築し、稼働を開始

天気予報や台風、局地的大雨など防災気象情報の予測精度の向上を支援

東京, 2018年05月16日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、気象庁の新しいスーパーコンピュータシステム(以下、新システム)を構築し、6月5日から稼働を開始します。新システムは衛星観測データをはじめ、世界中から収集される気圧、気温、風などの観測データをもとにコンピュータを用いた数値計算によって、大気の状態を予測する「数値予報」に活用されるものです。

日立は従来システム比約21倍となる世界トップクラスの総理論演算性能*1約18PFLOPS(ペタフロップス*2)を有する大規模システムを設計・構築し、気象観測の技術発展にともない飛躍的に増加している観測データを、気象庁が開発した「数値予報モデル」で高速かつ最適に計算できるシステム環境を提供します。

新システムにより天気予報や季節予報の精度向上のほか、中心気圧や最大風速といった台風の強度予報の予報期間が現在の3日先から5日先まで延長が予定される*3など、防災気象情報の高度化へ寄与します。

気象庁では、スーパーコンピュータシステムを用いた数値予報モデルの計算結果をもとに、実況の経過を加味して、最適な天気予報や台風、局地的大雨の予測を発表しています。この数値予報は世界トップレベルの技術を誇り、数値予報のデータは国内の防災機関や民間気象事業者に留まらず、世界各国の気象予報センターにも配信され、各国の天気予報に活用されています。また、今後も発生が懸念される自然災害を踏まえ、防災分野においても観測データをより一層活用し、国民の安全・安心を確保することが求められています。中でも、最新の気象学の研究成果や新しい観測データを活用した防災気象情報の高度化が期待されており、さらなる数値予報の精度向上を実現するシステムが必要とされています。

日立はこれまで、数値予報をはじめとする気象庁の業務を支援し培ってきた知見を有し、予報などに用いるシステムの稼働を24時間365日体制で支えてきました。また、大学や研究機関、企業などのさまざまなお客さまへのスーパーコンピュータシステムの導入実績を有しており、これらのシステム設計・構築や科学技術計算プログラムの最適化といったノウハウを活用し、今回の新システムを構築しました。システムの中核を担うスーパーコンピュータには、米国Cray Inc.のCray XC シリーズ最新モデル「XC50モデル」を選定し、総理論演算性能は従来システム比の約21倍となるなど、数値予報の精度向上を実現しています。

観測データは、IoTやAIといった最新技術を適用し、天気予報、防災気象情報のみならず、他分野におけるさらなる利活用の可能性を有しています。今後、日立はスーパーコンピュータシステムの構築で培った大規模データの処理技術などを活用して、気象データを用いた新たなデータソリューションや、社会インフラシステムと掛け合わせた新規ビジネスの創出を幅広く検討していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/05/0516.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立アプライアンス、強力パワーのコードレス スティッククリーナー「ラクかるスティック」を発売
2019年01月18日 11時00分
 
日立、英国原子力発電所建設プロジェクトの凍結に伴う連結決算における減損損失等の計上等に関するお知らせ
2019年01月17日 17時00分
 
日立、台湾の昇降機事業会社 永大機電の株式に対する公開買付けの開始について
2019年01月16日 15時00分
 
東京海上日動と日立、製造現場のデジタル化を推進する新サービスの提供に向け協創開始
2019年01月16日 15時00分
 
日立建機と日立、IoT技術を活用した電力の見える化とエネルギー生産性向上の取り組みが平成30年度「省エネ大賞」を受賞
2019年01月16日 10時00分
 
日立が交通部台湾鉄路管理局より都市間特急車両600両を受注
2019年01月15日 13時00分
 
日立インフォメーションエンジニアリングと日立テクニカルコミュニケーションズが合併
2019年01月11日 16時00分
 
日立、鉄道車両向けにAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発し、さらなる製造効率の向上を実現
2019年01月11日 12時00分
 
日立、2019年 社長年頭の挨拶(抜粋)
2019年01月07日 10時00分
 
日立オートモティブシステムズメジャメントの株式譲渡に関するお知らせ
2018年12月26日 18時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>