2018年05月17日 16時00分

Source: STeX Exchange

STeX、仮想通貨の選択とHFTアルゴリズムによる流通性問題解決


東京, 2018年05月17日 - (JCN Newswire) - 仮想通貨取引所は近年仮想通貨取引拡大の要因とも言えます。現在、仮想通貨の取引量が増加して、取引所の新しい利用者も毎日増えています。仮想通貨取引の中心である取引所を通して、ユーザーは、あちこちのネットフォーラムで取引相手を探して成功と安全の保証がない取引をする手間を省けて、安全かつ簡単にトレードできるようになりました。

取引所は、流動性を市場に提供するために作られたものです。ここでは、HFTアルゴリズムがどうやって評価して、最良の取引を探すことに役に立つかということについて議論していきたいと思います。流動性は、仮想通貨業界の大きい問題点の1つで、規制と仮想通貨市場の投機的性格に強く影響されています。

多くの人が同じタイミングで大口仮想通貨売買を行う事で、ボラティリティーが生じます。仮想通貨価格変動の度合いを知らない状態で、市場は10,000 BITものすごい取引量に対応することができません。それは、仮想通貨市場には、伝統的な金融市場と流動性の高い現金のような流動性が欠けているからです。

取引のほか、個々の取引所は、売るコインがなくなったときにどのぐらい資本準備金に頼れるのかで流動性が評価されます。日取引量が1,000 BTCぐらいの小さい取引所は、需要と供給問題、あるいは、ローカルなスリッページ問題を抱えて、多くの場合は買手にカバーしてもらっています。そして、1−10%の手数料も買い手に負担してもらっています。

仮想通貨を選ぶ際には、流通性は重要な注意点です。以下はその2つの理由:

- 安全性と評判:最近は、仮想通貨取引所はサイバー犯罪者の大きなターゲットとなってきました。Gox、Bitfinex、Coincheckなどの大きい取引所の有名なハッキングでは何十億ドルものお金を失いました。情報セキュリティーのほか、取引所はポンプ・アンド・ダンプなどの詐欺行為の検出と防止の役割を担わなければなりません。この2つの役割を果たすには、何百万ドル以上もかかる高度なセキュリティプロトコルとハイエンドのインフラが必要となってきます。これらの設備投資は会社の評判向上と資金流入につながります。

- 取引量とトレーディングペア:大手仮想通貨取引所は、10億ドル以上の日取引量があって、メジャーなBTCとETHなどのトレーディングペアも提供しています。仮想通貨のみの取引所は銘柄が豊富ですから、取引量が多い傾向があります。それに対して、フィアットマネーを利用可能な取引所は、厳しい規制、ややこしい認証手続き、限られているトレーディングペアなどの理由で取引量が少なくて流動性も低いです。

HFTアルゴリズムはどうやって上記の問題を解決するのか

「フラッシュ・ボーイズ」が出版されたこととともに、高頻度取引(HFT)はマスコミに疑われて、市場における不正行為と関連づけて考えられるようになりました。常にシステムから利益を得ると思われるHFTトレーダーは、実際は流動性問題のスケープゴートです。別の面を見ると、これは、もともと株式取引のために作られたHFTの非中央集権型仮想通貨市場における成功だと言えるのではないでしょうか。

STeX.Exchangeは自動化集約空間のパイオニアです。このプロジェクトは、市場に影響を与えずに、多くの仮想通貨取引所からオファーを1か所に集約することによって流動性問題を解決します。そこで、HFTアルゴリズムは機能を発揮して、何千以上の取引所からの情報をリアルタイム分析して、ユーザーに市場で最も良い取引を提供します。また、非中央集権型システムであるSTeXは、カスタムビルドのA2A (Any-to-Any)テクノロジーを導入することによって、最大10,000仮想通過のクロスレート取引と、全ての銘柄の間の取引を可能にします。

これで、STeXは究極の取引プラットホームになって、仮想通貨市場のさらなる成長を制限してきた問題を解決します。実際、STeXは世界一仮想通貨流動性の高い供給者になることを目標として、先物取引やオプションなどの伝統的な金融商品と、ストップロスオーダーや利食い注文などのトレーディング機能も導入します。さらに、高性能のHTFマーケットメーキングアルゴリズムも採用します。

STeXプロジェクトは、8月・9月のクラウドファンディングキャンペーンで15,000 ETHを調達できて、MVPもリリースしています。さらに資金調達するため、STeX A2A ファンドレージングは2018年5月1日に始まり、1-2ヶ月後に終わる予定です。A2AトークンはETH、BTC、LTC、DASH、TRX、BTG、BCHで購入できます。トークン保有者は、トークンをお得な手数料の決済方法として利用できて、ボーナスも得られます。

SteX.取引所について
SteX.取引所は、世界初自動化流動性集約機能を持つ、革新的なA2A (Any2Any)テクノロジーが導入された取引所です。SteXプラットホームには、1) トップ100の仮想通貨の中で、あらゆる2つのコインの間のクロスレートへのダイレクトアクセス、2) 仮想通貨をコールドウォレットに保存できる、3) 他の取引所の流動性を集約する自動化システム、の3つの特徴があります。STeXプロジェクトは2017年9月までクラウドファンディングで15,000 ETHを調達できました。STeX Alpha版は2018年3月27日にリリース済みで、Beta版は第2四半期にリリース予定です。

Source: STeX Exchange
セクター: ファイナンシャル, ビジネス, 外国為替, フィンテック, ベンチャーキャピタル

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>