2018年05月18日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、RPAを中核にデジタルテクノロジーを活用し、次世代のワークスタイルを実現する「ACTIBRIDGE」を提供開始


東京, 2018年05月18日 - (JCN Newswire) - 当社は、オフィスワーク領域から現場フロント領域にわたり、次世代のワークスタイルであるFuture of Workの実現に向け、オフィスや現場フロントの業務を変革するサービスを新たに「ACTIBRIDGE(アクティブリッジ)」(以下、「ACTIBRIDGE」)として体系化し、5月18日より提供を開始します。

「ACTIBRIDGE」は、デジタルコンサルティングによりお客様の業務課題を可視化し、検証を行いながら最適なテクノロジーやナレッジをインテグレーションすることで、オフィスや現場における作業の効率化や自動化、人の能力を超えた生産性や品質向上を実現し、働き方を大きく変革します。RPA(注1)をはじめ、AI、BRMS(注2)、BPMS(注3)、IoT、AR/MRなどの最先端技術を的確に組み合わせることで、これまでのRPAだけでは変革できなかった業務も含め、自動化やデジタル化を加速させます。

当社は、「ACTIBRIDGE」の提供を通じて、より高い生産性とビジネス価値を生み出す次世代の働き方の実現に貢献していきます。

Future of Work を実現するサービス
企業では、新たな働き方に向けた取り組みが検討されていますが、実際の業務の現場では、定型作業などで多くの時間が費やされています。このような背景を受けて、当社は、時間や場所に捉われない柔軟な働き方に対応した環境を整備するソリューション群に加え、業務そのものを変革するサービスを体系化した「ACTIBRIDGE」を追加し、お客様のFuture of Workを強力に推進します。「ACTIBRIDGE」は、オフィスワークのみならず、様々な現場フロント業務を含めて、次世代の働き方を実現します。

「ACTIBRIDGE」の概要
「ACTIBRIDGE」は、お客様の業務課題を可視化し検証を行いながら先進技術を活用して業務課題を解決するデジタルコンサルティング、多様な最先端技術をラインナップしたデジタルテクノロジー、当社のノウハウや経験を提供するナレッジサービスを最適にインテグレーションし、お客様の業務を効果的かつ効率的に変革します。

1. 検証から運用まで一気通貫でプロフェッショナルが支援
デジタル技術に精通し、お客様とともに変革に取り組む当社のデジタルイノベーターが、上流のコンサルティングからPoC(実証実験)・導入・構築・運用までをトータルに支援します。

これまでのフィールド・イノベーション活動で培った独自の手法で、お客様の現状の業務を可視化し、根本的な課題を深堀りすることで、ICT活用を超えた業務プロセス改革にまで踏み込んだ提案を行います。業務プロセス変革やICT適用の効果を評価するPoCを通じて、最適なテクノロジーやノウハウを提供し、高い生産性とビジネス価値を生み出すお客様の業務改革を実現します。

2. RPAなどの最先端技術を組み合わせ最適運用を実現
お客様の業務・運用を最適化するために、RPAツールは当社グループの「FUJITSU Software Interdevelop Axelute(インターデベロップ アクセリュート)」「FUJITSU Software EntreQue(エントリーク)」「FUJITSU Embedded System QualityPartner GENEST(ジェネスト)」をはじめ、グローバルで高い利用実績を誇る他社のRPAツールも活用します。RPA適用の際に課題となるRPAロボットのガバナンスや運用ルール、セキュリティ対策においては、当社独自のRPA標準運用テンプレートを活用し、適切に設計します。また、構築したRPAロボット自体の運用・管理・メンテナンスを当社が請負うBPOサービスも提供します。

なお、「ACTIBRIDGE」は、RPA以外にAI、BRMS、BPMS、IoT、AR/MRなどの最先端技術を豊富に用意し、それぞれを最適に組み合わせることで、RPAだけでは変革できなかった業務も含め、自動化やデジタル化を加速させます。

3. オフィスワークのみならず現場フロントワークにも展開することで業務の全体最適を実現
オフィスワークの自動化・効率化を、保守保全、製造、サービスなどの現場フロント業務にも応用・展開します。また、デジタル化により生み出される現場のリアルな情報やビッグデータの分析から、業務効率化や生産性向上のみならず、お客様のサービスや製品の品質向上、製造リスクの低減なども支援します。

販売価格、および提供時期
「ACTIBRIDGE」
- デジタルコンサルティングサービス 個別見積 2018年5月18日
- BPOサービス 個別見積 2018年7月
- トレーニングサービス 個別見積 2018年5月より順次拡充

販売目標
2020年度末までに売上40億円(当社の決算期は3月末日です)

今後の展開
現在進めているお客様との実践や共創事例、当社グループ内での実践例をベースに、人の判断や意思決定を支援する高度なナレッジワークの領域への適用を進め、あらゆる業種や業務への展開を順次計っていきます。

詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/05/18.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


インテックと富士通、地域金融機関のビジネス変革支援に向けて協業を開始
2018年10月19日 11時00分
 
富士通・Blue Lab・Personetics、AIを活用したパーソナライズドバンキングサービス提供に向けた共同実証実験を開始
2018年10月17日 16時00分
 
富士通、業界初 公共工事の設計・積算業務支援ソフト「ESTIMA」にAIを搭載
2018年10月11日 11時00分
 
富士通研究所とマサチューセッツ工科大学 Center for Brains, Minds and Machines、知能研究の分野で共創関係を強化
2018年10月05日 12時00分
 
富士通、20言語に対応した「LiveTalk」をキッコーマンの体験型レストランに導入
2018年10月01日 13時00分
 
富士通、「平成30年北海道胆振東部地震」被害への支援について
2018年09月28日 14時00分
 
富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に通算19回目の選定
2018年09月27日 13時00分
 
富士通:朝日生命がアフターサービス手続きの電子化を開始
2018年09月25日 15時00分
 
富士通、RPAの実証事業に関する連携協定を神奈川県と締結
2018年09月21日 10時00分
 
富士通研究所、業種業界を超えたデータ流通の信頼性を向上する技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>