2018年06月11日 11時30分

Source: Showa Denko

昭和アルミニウム缶、ベトナム第二製造拠点の竣工式を挙行

年間20億缶生産体制を確立

東京, 2018年06月11日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)の連結子会社である昭和アルミニウム缶株式会社(社長:田代 泰、東京都品川区、以下、昭和アルミニウム缶)は、ベトナム中部のダナン市近郊(クアンナム省)において建設を進めていた新工場をこのたび完成させ、6月8日に竣工式を執り行いました。

同工場は、昭和アルミニウム缶のベトナム現地法人であるハナキャン・ジョイント・ストック・カンパニー(以下、ハナキャン社)の同国2番目となる生産拠点で、年産7億缶の缶体生産ラインを有します*。また、同工場建設とあわせてハノイ市近郊(バクニン省)の工場で缶蓋の能力増強を進めており、同増強が完了する本年10月にはハナキャン社の2拠点合計の缶体・缶蓋の生産体制は年産20億缶となります。昭和アルミニウム缶は、ハナキャン社を2014年5月に子会社化して以降、同社の持つ生産技術力と品質管理体制をハナキャン社に導入し、ベトナム北部を中心に同国での販売を順調に拡大してきました。中部地域においても、最高品質のアルミ飲料缶メーカーを目指し、市場要求に応えられる製品を迅速に提供することで、販売を拡大していきます。

*ご参考:2017年2月14日当社プレスリリース「アルミ缶、ベトナム第二製造拠点設立を決定」

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sdk.co.jp/news/2018/26980.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

マルチメディア


ハナキャン社第二工場(ハナキャン社第二工場)
 
竣工式(竣工式 写真中央 昭和電工株式会社会長 市川秀夫)
 

関連プレスリリース


昭和電工、新中期経営計画「The TOP 2021」を策定
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、配当予想の修正に関するお知らせ
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、タイのアルミ缶新会社が竣工式を実施
2018年12月07日 11時30分
 
昭和電工、役員の異動に関するお知らせ
2018年12月03日 15時00分
 
昭和電工、TDKとレアアース磁石合金研究開発事業の譲渡契約締結
2018年11月27日 15時00分
 
昭和電工・産総研・ADMAT、人工知能(AI)を用いてポリマー設計・検証サイクルの試行回数を大幅低減
2018年11月27日 11時30分
 
昭和電工、大分県とネーミングライツに関する基本合意書を締結
2018年11月22日 11時00分
 
昭和電工、超微粒子酸化チタン「スーパータイタニア」生産設備の増強を完了
2018年11月09日 13時30分
 
昭和電工、平成30年12月期第3四半期決算を発表
2018年11月08日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>