2018年06月11日 15時00分

Source: Eisai

アッヴィ・エーザイ・EAファーマ、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」とオート・インジェクター製剤「ヒュミラ(R)皮下注ペン」を新発売


東京, 2018年06月11日 - (JCN Newswire) - アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長 : ジェームス・フェリシアーノ、以下アッヴィ)とエーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)およびその消化器事業子会社であるEAファーマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松江裕二、以下EAファーマ)は、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」(一般名:アダリムマブ<遺伝子組換え>、以下「ヒュミラ」)のオート・インジェクター製剤「ヒュミラ(R)皮下注40mgペン0.4mL」、および「ヒュミラ(R)皮下注80mgペン0.8mL」について、5月30日に薬価基準に収載されたことを受け、本日、発売したことをお知らせいたします。

本製剤は、自己注射時の患者さんによる操作の手間と負担の軽減を目的に開発されました。握力が弱い患者さんの手にもフィットしやすいように膨らみをもたせたペン型ボディーで、投与前に針が出ないようにするロック機能を備えるとともに、針先を見ることなく投与できる設計となっています。また、注射部位に押し当てて作動ボタンを押すだけで、約10秒で全薬液が自動的に注入されるオート・インジェクト・システムに加えて、注射の開始と終了を音で知らせる機能と確認窓を搭載しています。なお、本製剤は、既存のプレフィルドシリンジ製剤1)と同じ薬液が充填されています。

ヒュミラ は、世界初のヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤であり、関節リウマチをはじめとする自己免疫疾患の炎症反応に関わる中心的なタンパク質であるTNFα(腫瘍壊死因子α)を中和することで作用を発揮し、すでに100 カ国以上で 100 万人の患者さんに使用されています。

アッヴィとエーザイおよびEAファーマは、本製剤を含むヒュミラの適正使用の推進と情報提供に努めることで、患者さんのQOL向上に一層貢献してまいります。

ヒュミラについて

ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」は、日本において「関節リウマチ (関節の構造的損傷の防止を含む)、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬・関節症性乾癬・膿疱性乾癬・強直性脊椎炎・多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎*・腸管型ベーチェット病・非感染性の中間部、後部又は汎ぶどう膜炎・中等症又は重症の活動期にあるクローン病の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)・中等症又は重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)」に係る効能・効果の承認を取得しています。

アッヴィについて

アッヴィは、世界で最も複雑かつ深刻な疾患に対する革新的な先進治療薬の開発に努める研究開発型のグローバルなバイオ医薬品企業です。その専門知識、献身的な社員、イノベーション実現に向けた独自の手法を通じて、自己免疫疾患、オンコロジー、ウイルス感染症およびニューロサイエンスの4つの主要治療領域での治療を大きく向上させることをミッションに掲げています。世界中の人々が持つ健康上の課題への解決策を進歩させるため、75カ国以上の国でアッヴィ社員が日々取り組んでいます。アッヴィの詳細については、www.abbvie.com をご覧ください。よろしければTwitterアカウント@abbvieもフォローください。また、人財情報はFacebookやLinkedInページもご参照ください。

日本においては、アッヴィ合同会社の約1,000人の社員が、医療用医薬品の開発や販売に従事しています。自己免疫疾患、新生児、肝疾患、ニューロサイエンスの各領域を中心に、患者さんの生活に大きく貢献できることを願っています。詳しくは、www.abbvie.co.jpをご覧ください。

エーザイについて

エーザイ株式会社は、本社を日本に置く研究開発型グローバル製薬企業です。患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献する「ヒューマン・ヘルスケア(hhc)」を企業理念としています。グローバルな研究開発・生産・販売拠点ネットワークを持ち、戦略的重要領域と位置づける「神経領域」「がん」を中心とするアンメット・メディカル・ニーズの高い疾患領域において、世界で約1万人の社員が革新的な新薬の創出と提供に取り組んでいます。エーザイ株式会社の詳細情報は、www.eisai.co.jp をご覧ください。

EAファーマについて

エーザイ株式会社の消化器事業子会社であるEAファーマ株式会社は、エーザイグループが60年以上取り組んでいる消化器事業と、アミノ酸をコアとする味の素グループの消化器事業が、2016年4月に統合して設立された、研究開発、生産物流、営業・マーケティングのフルバリューチェーンを有する消化器のスペシャリティ・ファーマです。EAファーマ株式会社の詳細情報は、www.eapharma.co.jpをご覧ください。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2018/news201846.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、新規の核酸合成とデリバリー技術を用いた核酸創薬研究に関する産学官共同研究開発契約を締結し、研究活動を開始
2018年06月13日 14時00分
 
エーザイ、米国マサチューセッツ州ケンブリッジに新たな研究所Eisai Center for Genetics Guided Dementia Discoveryを設立
2018年06月13日 10時00分
 
エーザイとPurdue Pharma、レンボレキサントの最新データを第32回米国睡眠学会年次総会にて発表
2018年06月06日 12時00分
 
エーザイとバイオジェン・インク、Elenbecestatの軽度認知障害および軽度から中等度のアルツハイマー病を対象とした臨床第II相試験の18カ月トップラインにおいて安全性と忍容性を確認
2018年06月05日 10時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ(R)」と「キイトルーダ(R)」との併用療法について4がん腫に対する最新の研究成果を米国臨床腫瘍学会年次総会において発表
2018年06月04日 09時00分
 
エーザイ、抗てんかん剤「Fycompa(R)」小児てんかんに係る適応追加申請が米国FDAより優先審査に指定
2018年05月31日 11時00分
 
筑波大・EAファーマ・エーザイ、炎症性腸疾患の治療に有用な新規抗炎症メカニズムを解明
2018年05月25日 14時00分
 
エーザイ、MSDとの「レンバチニブ」の切除不能な肝細胞がんに係る承認申請の米国FDAによる審査終了目標日延長について
2018年05月25日 10時00分
 
エーザイとPurdue Pharma、「レンボレキサント」に関する最新の臨床第Ⅰ相試験結果を第32回米国睡眠学会年次総会において発表
2018年05月23日 11時00分
 
エーザイ、非オピオイド系重度慢性疼痛治療薬「Prialt(R)」に関する権利をRiemser社に譲渡
2018年04月23日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>